見出し画像

コナンは1日あたりどれくらいの死体を見てるのか?

はい、初のnote投稿です。よろしくお願いします。普段野球の話ばっかりしてるくせに初のnote投稿がコナンの話かよ…って思ってる方もいらっしゃるかもしれませんがご容赦下さい。MLBやNPBの関連で書けそうなネタも知識もないもので、、、

早速ですが、皆さんは『名探偵コナン』ご存知でしょうか?多くの方は詳しくは知らないけど、アニメや映画を見たことはあるって感じだと思います。実は僕(昔の)コナンがかなり好きでして、50巻位までなら表紙と各巻の始まりと終わりが分かるくらい好きなので、初のnote投稿の題材として扱うことにしました。

というわけで今回のテーマに移りたいんですが、コナンを一度でも見た方なら、「こいつらどんだけ死体に遭遇するんや」と思う方多いんじゃないでしょうか。実際、コナン好きの僕は何度も思ったことがあります。しかし、コナンはいわゆる「サザエさん時空」なため、なかなか日付をはっきりさせることが出来ず、正確に一日あたりどれくらい死体に遭遇しているかの数字が出しにくいのです。

しかし33巻と69巻にこの疑問を解決する鍵がありました。33巻のFILE6「血のバレンタイン4」でバレンタインデーである2月14日を迎えて、69巻FILE9の「ハッピーホワイトデー」でホワイトデーである3月14日を迎えている(この二つの話は同じ年の話であることは作品内でも言及されている)ことから、コナンが時系列順で掲載されていると仮定すれば、一日当たりに見た死体の数も、この33巻~69巻までの約37巻分に集約される一か月間に起きた事件を全て見ていけば、導き出せるというわけです。

それでは早速数えていきます(ちなみに今回カウントするにあたり、過去の殺人事件や事故死などはカウントしないものとします。)

33巻 撲殺×1 刺殺×1 *ここではFILE6の最後にバレンタインデーになったのでそれ以前は含めません。 

34巻 転落死(未必の故意)×1 刺殺×1 毒殺×1 

35巻 絞殺×1 *過去の殺人事件やそれに関連する回が中心なので比較的穏やかな結果に(作中では何故か夏を迎えてる)

36巻 撲殺×1 *警視庁に喧嘩を売った爆弾魔がメインの巻なので死人の数はいまいち伸び悩んだ

37巻 斬殺×1 病死×1 *病死に関しては、持病持ちの人間を薬が飲めない状況にしたため殺人とカウント

38巻 刺殺×1 *ジンの爪の甘さが出てしまう巻です

39巻 焼殺×1 撲殺×1 絞殺×1  

40巻 絞殺×1 *なぜか季節は再び夏に

41巻 銃殺×1 刺殺×1 絞殺×1 毒殺×1 

42巻 射殺×1 自殺×1  *ここにきて集計を開始して初の自殺者(自殺したのはカルバドスっていう黒の組織の人間です)

43巻 撲殺×1 この巻は夏の甲子園決勝での爆弾魔騒ぎが始まる巻(3度目の夏到来)

44巻 刺殺×1

45巻 刺殺×1 転落死×1 

46巻 焼殺×1 転落死×1 絞殺×1 撲殺×1 

47巻 転落死×1 撲殺×1  

48巻 撲殺×1 絞殺×1 ショック死×1  *とりたてて書くことが時候の報告程度しかない状況(4度目の夏)

49巻 毒殺×1 *一酸化炭素中毒にさせる殺人。毒殺という言い方であってるかな。ジンのマヌケっぷりが目立つ巻です。

50巻 撲殺×1 

大体中間の50巻終了時点の死者数は35人!!!これでこの巻以降死者0でも1日1人以上のペースです。ここからのスパートはあるのか!!怒涛の後半戦です!!

51巻 絞殺×1 毒殺×1 *小五郎がガラケーのギャル文字を解読する回が…初版を見たら2005年なんですね…

52巻 撲殺×1 刺殺×1 *この巻の最後では武装したヤクザ50人相手に京極が無双します。そういうのじゃあないんだよそういのじゃあ

53巻 刺殺×1 撲殺×1

54巻 撲殺×1 溺死×1 

55巻 *なんと集計を開始してから初めての殺人0!(前の巻から続いてる奴はありますが、この巻での殺人はなし)。ただ、僕クラスに言わせれば、コナンがぬるくなってきた証左だと思ってます

56巻 毒殺×1 斬殺×1 *コナンの死体に対してのリアクションからノルマ感が感じられる。

57巻 絞殺×1 刺殺×1

58巻 自殺×1 銃殺×1 *巻のほぼ全部が黒の組織(笑)とFBIの対決で、ひどくつまらない

59巻 斬殺×1 絞殺×1 焼殺×1 撲殺×1 *賭けを面白くするために人を殺す超極悪ババアの2キルで久しぶりに伸びる。(ちなみにこのババアは作中時間外にも3人殺ってます)

60巻 自殺×1 毒殺×1

61巻 爆殺×1 *張作霖以外にこのワードを使う時がくるとは…

62巻 絞殺×2

63巻 毒殺×1 墜殺×1

64巻 脱水死×1 斬殺×1 *連続殺人犯が「Let it be」を口ずさむ癖があるって設定はなんか好きです

65巻 絞殺×1 *高明(孔明)とか出しちゃうあたり完全に作品性なんか知ったことかって意気を感じますね。

66巻 撲殺×1 絞殺×1

67巻 刺殺×1 

68巻 撲殺×1 *蘭がおみくじに書かれたことを信じて、殺されそうなのに空手を出し渋るカルト展開あり。

69巻 溺死×1 撲殺×1 毒殺×1 *この毒殺の事件で3月14日のホワイトデーを迎えるために集計終了。

33巻から69巻までの1か月間にコナンが目撃した死体の数はなんと70人!!!

これを33巻の発売された2001年の暦と照らし合わせると、コナンは1日当たり2.41人の死体を見ていることになります。

これを多いと見るか少ないとみるか、難しいところですが、僕としては私生活で死体を見るのは1度たりともごめんこうむりますね。

みなさんいかがでしたでしょうか?楽しんで頂けましたでしょうか?初めてのnoteだったので、まま至らぬところもあったかもしれませんが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。次はドラフトについての感想上げます…多分…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

54