新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

NY Times 記事 日本語訳 Life and Death in the ‘Hot Zone’ 生と死のホットゾーン

画像1

ビデオリンク https://nyti.ms/2JW7PnZ

以下は、NYタイムズに掲載された記事の日本語訳(非公式)です。DeepL翻訳サービスと人間による多少の修正を加え、スピードを重視して、完璧を目指さない翻訳版を作りました。これを読んで、本当に正しい行動はなにか、考え、自分と周りの大切な人、そして社会全体を守ってください!

.......................................................

https://www.nytimes.com/2020/04/11/opinion/sunday/coronavirus-hospitals-bronx.html

“If people saw this, they would stay home.” What the war against the coronavirus looks like inside two Bronx hospitals.
Japanese is translated by DeepL, a translation AI service.
生と死のホットゾーン
「人々がこれを見たら家にいるだろう」
ブロンクスの2つの病院だでの、コロナウイルスとの戦いの現場を追う。


This is not a time to die.
Terror, pain and loneliness mingle in the air with the coronavirus in the “hot zone” of the emergency department at Jack D. Weiler Hospital in the Bronx. The room is jammed with patients whose frightened eyes peer above their oxygen masks as they struggle to breathe, feel that they are drowning, wonder if they will ever again see loved ones.

今は死ぬ時ではありません。
ブロンクスにあるジャック・D・ワイラー病院の救急治療チームの「ホットゾーン」では、恐怖、痛み、孤独感が空気中に漂い、コロナウイルスと混ざり合っている。酸素マスクの上から怯えた目で息苦しさを感じ、溺れそうになり、愛する人たちにもう会えないのではないかと不安になっている患者たちで、部屋は埋め尽くされています。

No family members are allowed here, yet the space is more than twice as crowded as normal. About 80 coronavirus patients, ranging in age from 31 to 97, are squeezed into the room, bed-to-bed, some near death. A group of newly arrived patients sit in chairs in a corner to await stretchers, and they look around in alarm. Doctors and nurses hurry about so sheathed in protective garb — some of it makeshift, such as welding helmets over ski goggles — that even co-workers cannot recognize them.
家族の立ち入りは禁止されているにもかかわらず、通常の2倍以上の混雑ぶりである。31歳から97歳までのコロナウイルス患者が約80人、ベッドが敷き詰められ、中には瀕死の状態の患者もいる。新たに到着した患者の集団は、担架を待つために隅の椅子に座り、警戒して周囲を見回す。医師や看護師は、スキー用ゴーグルの上に溶接用ヘルメットをかぶるなど、その場しのぎの防護服に身を包んで、目まぐるしく動いている。同僚でさえ、その身なりが誰かわからない。

The truth is that the doctors too are frightened and exhausted, overwhelmed by death and their own helplessness. Dr. Nicole Del Valle, 29, told me that what shattered her was treating a 30-year-old woman with Covid-19 whose 23-year-old sister had just died of it; Dr. Del Valle called her own younger sister and ordered her not to leave her home.
本当のことを言えば、医師たちもまた、次から次へと起きる「死」と自分の無力さに圧倒され、怯え、疲れ果てている。ニコル・デル・ヴァレ医師(29)は、彼女の心を打ち砕いたのは、23歳の妹をコロナウイルスで失ったばかりの30歳の女性を治療していたことだった。ヴァレ医師は、自分の妹に電話をかけ、絶対に家を出るなと命じたという。

All day in the hospital, Dr. Del Valle maintains her reassuring manner as she intubates patients, holds their hands, fights for their lives — and then, she acknowledged, she goes home and cries.
デル・ヴァレ医師は病院では一日中、患者に(気道を確保するために)挿管し、手を握り、生命を救うために戦う。そして家に帰って泣いている。

To spend time in New York City hospitals today is to see how wrenching the practice of medicine becomes in a time of plague. Two hard-hit Bronx hospitals, Weiler and Montefiore Medical Center Moses Division, each allowed me and a video journalist into their emergency departments for a day, into the hot zones where contagious patients are treated. We also produced the short video above: The hope is that the more Americans understand Covid-19, the more committed they will be to maintain social distancing, thus saving doctors’ lives and their own as well.
ニューヨーク市の病院で1日過ごせば、疫病が蔓延している現在、医療の現場がいかに苦しくなっているか、思い知らされるだろう。私とビデオ・ジャーナリストに対して、ブロンクスの2つの病院は救急部門での一日の取材許可を与えてくれました。この記事の冒頭のショートビデオも私たちが制作しました。私達の希望は、より多くのアメリカ人がコロナウイルス(Covid-19)を理解することで、ソーシャルディスタンシング(社会的な距離)をより真剣に続けてくれ、それが医師の命と自分自身の命を救うことになるということです。


Journalists have rarely been allowed into hospitals in this crisis; reporters and photographers found it much easier to be embedded in Army units in Iraq or Afghanistan than to embed with doctors fighting Covid-19. Hospitals worry about HIPAA privacy rules, the dangers of infection and the possibility of embarrassing stories. Unfortunately, the shortage of gritty on-the-ground coverage means that to many Americans, the coronavirus remains distant and unreal — so they plan a large Easter dinner or gather friends for a game in the park.
ジャーナリストがこの危機の中で病院に入ることはほとんど許可されていません。取材を通して、取材チームはコロナウイルス(Covid-19)と戦っている医師と一緒にいるよりも、イラクやアフガニスタンの陸軍部隊に配属される方がはるかに簡単だということがわかりました。

病院は、HIPAAプライバシー規則(Health Insurance Portability and Accountability Act of 1996;医療保険の携行性 と責任に関する法律)、感染の危険性、病院側の汚点となるようなケースが漏れる可能性について心配しています。

残念なことに、逼迫(ひっぱく)した状況が、十分に報道されないので、多くのアメリカ人には、コロナウイルスは遠く、非現実的なものとして捉えられており、彼らは今でも大規模なイースターディナーを計画したり、公園で大きな娯楽目的のために友人たちを集めたりしているわけです。
The best way to understand the coronavirus is not by tuning into White House briefings but by tuning into the distress on the front line. The Bronx is one of the most diverse places in the country, and the patients I saw this past week were of all races and backgrounds but tended disproportionately to be black and brown. They were mostly feverish, drained — too sick to be interviewed. But there was no mistaking their anguish.

コロナウイルスを理解する最良の方法は、ホワイトハウスのブリーフィングではなく、最前線での苦悩を理解することです。
マンハッタンの北部にあるブロンクスは国内で最も多様性に富んだ場所の一つであり、私が先週、病院で見た患者たちは、あらゆる人種がいたものの、黒人と褐色の患者の率が異様に高かった。ほとんどの患者が、熱を出し、体力を消耗していて、インタビューを受けるにはあまりにも具合が悪すぎました。しかし、間違いなく、彼らは苦しんでいます。
“I hate it,” said Chelsea Gifford, 29, a physician assistant at Montefiore Moses. “You have this horrible feeling in the pit of your stomach when patients say they’re scared and you don’t have any treatment.”
モンテフィオーレ・モーゼスの医師助手チェルシー・ギフォードさん(29歳)は次のように言っていました。「患者が怖いと言ってくるのに、何も治療もしてあげられない。それが最悪です。」

Ms. Gifford recalled a patient who had come from an assisted-living center. “I’m really scared,” he told her. “I don’t want to have Covid. I’m in a facility and there are people dying there.”
ギフォードさんは、介護付有料老人ホームから来た患者のことを思い出した。「本当に怖いです。私はコロナウイルスに感染したくありません。私の施設では、人が死んできている。」
She looked into his eyes and held his hands. “We’re going to do our best to make you comfortable,” she told him. “We understand it’s scary. But we’re here with you. We’re going to help you.”
彼女は彼の目を見て、彼の手を握った。「私たちはあなたが楽になるように最善を尽くします」と彼女は彼に言った。「私たちはそれが怖いことを理解しています。でも、私たちはあなたと一緒にいる。私たちはあなたを助けます。」

Ms. Gifford struggles to sleep at night and has nightmares — not of catching the coronavirus herself, but of infecting her parents. She lives with them but stays in her room and uses her own plate and silverware; she talks to them only through a closed door. She washes her hands so much that angry red sores have broken out on her palms and wrists.


ギフォードさんは夜も眠れず、悪夢を見ることがある。それは、自分が感染してしまうことではない。自分の両親に移してしまわないか心配しているのだ。
彼女は両親と一緒に暮らしているが、部屋にこもり、自分専用の皿や食器を使います。彼女は手を洗いすぎて、手のひらと手首に赤いただれができてしまった。

Then she drives to work and sees New Yorkers mingling in the parks, treating the pandemic lightly — and she seethes. “If people saw this,” she said, gesturing to the frightened people gasping for breath around us, “they would stay home.”
彼女は車で出勤すると、パンデミックを軽く思う人たちが公園などで集まっているニューヨーカーたちを見て、彼女は胸が締め付けられる。「私たちの周りで息を切らして息を切らしている怯えた人々の現状を見たら、彼らは家に留まるだろう。」と言っていた。

II.

The emblematic procedure of this pandemic is intubation, a last-ditch effort to connect a patient who cannot breathe to a ventilator. It is both lifesaving and terrifying — and unfortunately, for most Covid-19 patients, it doesn’t succeed. There’s no large-scale data, but in New York City as many as four out of five Covid-19 patients who are intubated may not survive.
このパンデミック下での象徴的な医療手順は(気道確保のための)挿管である。呼吸ができない患者を人工呼吸器に接続するための最後の努力である。これは命を救うと同時に恐ろしいことでもあります。ビッグデータはありませんが、ニューヨーク市では、挿管されたコロナウイルス(Covid-19)患者の5人に4人もの患者が助からない可能性があります。


For that reason, doctors and nurses try to give Covid-19 patients a chance to telephone loved ones before intubation, knowing that this may be their last chance to speak. But sometimes there isn’t time. At Weiler hospital, I saw a 68-year-old woman deteriorate rapidly, her oxygen level plummeting. A team of a doctor, a nurse-anesthetist, an emergency nurse and a respiratory therapist urgently gathered in full protective gear.
そのため、医師や看護師は、挿管前にコロナウイルス(Covid-19)患者に電話をする機会を与えようとしている。これが最後のチャンスかもしれないことを知っている。しかし、時には時間がないこともあります。ヴァイラー病院では 68歳の女性が 急速に悪化して 酸素濃度が急落していることが発覚し、完全な防護服を着た医師、看護師、麻酔科医、救急看護師、呼吸療法士のチームが緊急招集されました。


For health workers, intubation is nerve-racking because it causes the virus to spray out from the lungs into the air. In this case, the procedure was performed in a room on the edge of the hot zone with negative air pressure, so that the virus would remain in the room. A plastic box was placed over the patient’s head, and the nurse-anesthetist put her arms through holes in the box to perform the intubation.
医療従事者にとって挿管は、肺から空気中にウイルスが飛び散ってしまうため、神経をすり減らす作業なのです。
この68歳の患者の場合、ホットゾーンの端にある空気が負圧になっている部屋で処置を行うことで、ウイルスが部屋の中に残るようにしています。患者の頭上にプラスチック製の箱を被せ、看護師麻酔科医が箱の穴に腕を通して挿管を行った。


The patient was put to sleep and paralyzed, and a device was inserted into her mouth to lift the epiglottis and make way for a tube that was passed through her vocal cords about 10 inches down to her lungs. The outside end was then connected to a ventilator, which pumped oxygen in.
患者は麻酔で眠らされ、装置が彼女の口の中に挿入された喉頭蓋を持ち上げ、彼女の声帯を介して彼女の肺に約 25cmの管(くだ)を通す。管の端は、酸素を送る人工呼吸器に接続されていた。


Because it would be ghastly to wake up unable to speak with a tube down one’s throat, patients are sedated so that they do not rip out the tube; doctors say that for some reason, Covid-19 patients seem to require more sedation than other patients. To be safe, their hands are also tied down.
喉にチューブを入れたまま話すことができずに目を覚ますのは恐ろしいことなので、患者はチューブを引き裂かないように鎮静剤を投与されている。安全のために、手も縛られている。

Next to the woman was an elderly man who had been intubated earlier in the day, and he was declining quickly. For Covid-19 patients, ventilators are sometimes the only hope — but they aren’t much hope.
女性の隣には、その日のうちに挿管された高齢の男性がいたが、彼は急速に衰弱していた。Covid-19の患者にとって、人工呼吸器は時に唯一の希望である—しかし、それはあまり頼りになる希望ではない。

Neither, perhaps, is hydroxychloroquine, the anti-malaria medication that President Trump has hailed as a possible “game changer.” Most patients at both hospitals I visited have been receiving hydroxychloroquine, sometimes combined with the drug azithromycin, but people are still dying in large numbers. Some doctors think that these drugs help if administered early, but I spoke to no one on the front lines who believed they were a game changer.
トランプ大統領が「ゲームチェンジャー」 の可能性を示した抗マラリア薬も、ヒドロキシクロロキンも、効きめがないかもしれない。私が訪れた両病院では、ほとんどの患者がヒドロキシクロロキンを投与されており、時にはアジスロマイシンと併用されているが、未だに大量に人が死んでいる。

医師の中には、これらの薬を早期に投与すれば効果があると考えている人もいるが、私は、これらの薬がゲームチェンジャーであると信じている最前線の人は誰もいなかった。


III.

What is most impressive in the hospitals is not the ventilators, CT scanners or other high-tech wizardry. It’s the compassion and courage of health workers, and the intervention that struck me the most was decidedly low-tech — the hand-holding.
病院で最も印象的なのは、人工呼吸器やCTスキャナーなどのハイテク機器ではない。医療従事者の思いやりと勇気であり、私が最も感銘を受けたのは、手を握るという明らかにローテクな介入であった。

Katherine Chavez, a nurse at Montefiore Moses, recalled a man in his early 40s with no medical history. He was intubated, and she spent 12 hours by his bedside as he struggled for life. “He would grab my hand, and I just kept telling him that everything is going to be OK,” she said.
モンテフィオーレ・モーゼスの看護師キャサリン・チャベスは、病歴のない40代前半の男性のことを思い出した。彼は気管挿管されていて、彼女は12時間もベッドサイドで彼が命をかけて闘っていた。「彼は私の手をつかんでくる度に、私は、”きっと大丈夫になりますよ”と彼に言い続けた 」と彼女は言った。

Dr. Michael P. Jones, who runs the physician resident program for the emergency departments at both hospitals I visited, sent his young doctors an email last month asking them to go out of their way to comfort the Covid-19 patients:
マイケル・P・ジョーンズ医師(私が訪問した2つ病院の救急部門の医師研修プログラムを運営している)は、先月、彼の若い医師たちに、自分なりの最善の方法で、コロナウイルス(Covid-19)の患者を慰めて欲しいとメールした。

Take a few moments if you can to talk about patient’s families, their lives, their dreams. Ask if there is a loved one you can call. And lastly, two very difficult things: Hold your patient’s hand for a minute as they near death or pass, and ask your entire team to stop for five or 10 seconds, bow your heads, state the patient’s name, and ask for silence.
患者さんの家族や人生、夢などの話をしてください。電話したい、大切な人がいるかどうか聞いてみてください。そして最後に、非常に難しいことを2つ。患者が死期が近づいたり、過ぎ去ったりしている間、1分間患者の手を握り、チーム全員に5~10秒間立ち止まってもらい、頭を下げ、患者の名前を述べ、沈黙を求めます。

This helps us retain our humanity in times of such crisis and gives our patients’ families some solace that they were treated with dignity.
Doctors and nurses are supposed to have a confident bedside manner, but that’s hard to maintain when they themselves are afraid.
このような危機的な状況下でも人間性を保ち、患者さんのご家族に「尊厳を持って治療を受けた」という安心感を与えることができるのです。医師や看護師は自信を持って患者に向き合うべきだが、彼ら自身が恐れを抱いているときには、自信満々の態度を示すことは難しい。


“I could see the fear in his eyes,” Ms. Chavez told me about the patient whose hand she held. But there was also fear in her own eyes. “I don’t know whether the virus is airborne, and I was in the room 12 hours straight,” she said. “What did it do to me?”
チャベスさんは、彼女は手を握っていた患者について語ってくれた。「彼の目を見れば、彼が怖がっていることがわかりました」しかし、彼女自身も恐怖を感じていた。"ウィルスが空気感染しているかどうかは分からないし、12時間も部屋にいた。"そのことで、私の体に何か起きたのだろう?

Health workers are particularly at risk of infection and death, perhaps because they absorb such large quantities of the virus. Several of the young physicians at the hospitals I visited have Covid-19, and one is in the intensive-care unit.
医療従事者は、大量のウイルスを吸い込んでいるので、過度な感染と死亡の危険にさらされている。私が訪問した病院の若い医師の何人かはコロナウイルス(Covid-19)を持っており、そのうちの一人は集中治療室にいます。
Dr. Michael Tarr, 29, was particularly shaken after he treated a 27-year-old woman who came in severely ill with Covid-19. “We ran every test on her,” he said. “There had to be something underlying that would make her so vulnerable. And we found nothing.” The patient is still alive on a ventilator in the I.C.U., he said, but doing poorly.


マイケル・ター医師(29)は、コロナウイルス(Covid-19)で重症化した27歳の女性を治療した後、特に心を揺さぶられました。"「私たちは彼女にあらゆる検査をした」と彼は言った。「彼女を弱体化させる何かがあるはずだった 。でも何も見つからなかった」 患者はまだI.C.U.の人工呼吸器で生きているが、状態は良くないと彼は言った。

“It oftentimes feels like a roll of the dice,” he said. “Every day you’re thinking, ‘Am I going to get really sick? Am I going to be able to recover? Am I going to be one of those young people that, for whatever reason, dies?’”
「時に、サイコロを振っているように感じることがあります」と彼は言った。「毎日、『私は本当に病気になるのだろうか?私は回復することができるだろうか?私はどんな理由であれ、死んでしまう若者の一人になるのだろうか』と毎日考えています。


Dr. Tarr said he has nightmares because of the coronavirus. His fiancée, Dr. Sara Rezai, who is also doing intubations, told me that she understands entirely because she has similar nightmares.
ター医師は、コロナウイルスのせいで悪夢を見る。彼の婚約者サラ・レザイ医師も、彼の気持ちをよく理解できる。なぜなら、彼女も挿管手術を日々する中で、彼女も同じような悪夢を見るからだ。

Courage is not fearlessness; courage is what soldiers exhibit when they charge into battle despite their fears. And it’s what apprehensive physicians like Dr. Tarr, or worried nurses like Ms. Chavez, display when they walk into the hot zone each day. The same is true of physician assistants, technicians, respiratory therapists and cleaners (who face similar peril but get less credit and pay). These front-line workers take great risk, yet we’ve let them down.
勇気とは恐れを知らないことではない。勇気とは、兵士が恐怖にもかかわらず戦いに突入したときに見せるものである。タール医師のような不安を抱えた医師や、チャベスさんのような不安を抱えた看護師が、毎日ホットゾーンに足を踏み入れたときに見せるものである。
同じことが、医師助手、技師、呼吸療法士、清掃員(同様の危険に直面しているが、信用と給与は低い)にも当てはまる。
これらの第一線で働く労働者は大きなリスクを背負っているにもかかわらず、私たちは彼らを失望させてきました。


“There’s a lot of frustration,” Dr. Tarr acknowledged. “You’d like a country as advanced as the U.S. to act like a first-world country. But you see the U.S. struggling to have enough ventilators, running out of supplies we never thought we could run out of.”
「多くの不満があります」とター医師は認めた。「米国のような先進国には、第一世界の国のように振る舞ってほしいと思うでしょう。しかし、米国は十分な人工呼吸器の確保に苦戦しているのを目の当たりにし、我々が不足するとは考えもしなかった物資が不足している。」

画像1

(P.P.E. = Personal Protective Equipment 個人用防護服)


President Trump squandered two months that could have been spent assembling personal protective equipment, or P.P.E., rolling out mass testing and manufacturing ventilators. Many states and cities (including New York) were also too lackadaisical at first. That’s one reason the death rate from Covid-19 has been more than 50 per million inhabitants in the United States, versus four per million in South Korea, one in Singapore and 0.2 in Taiwan. Doctors and patients have died unnecessarily.
トランプ大統領は、2ヶ月間を無駄にした。その間、個人用保護具(P.P.E.)を組み立て、大量テストと人工呼吸器の製造を展開することに費やされたかもしれない。
多くの州や都市(ニューヨークを含む)もまた、最初はあまりにも後手後手に回っていた。それが、Covid-19による死亡率が米国では住民100万人当たり50人を超えているのに対し、韓国では100万人当たり4人、シンガポールでは1人、台湾では0・2人となっている理由の一つである。医師と患者が無意味に死亡している。


“Washington failed us, and now patients and health care workers alike are getting ill and dying,” Dr. Jones said. “We could have avoided this whole situation if we had listened to the doctors and scientists and not worried about politics and ratings.”
「ワシントンは私たちを失望させ、今では患者も医療従事者も病気になって死に続けて」とジョーンズ医師は語った。「政治や支持率に気をかけるのではなく、医師や科学者の意見に耳を傾けていたら、このような事態は避けられたかもしれない」

P.P.E. is short at most hospitals, but those I visited seemed for now to be getting by and also to have enough ventilators. But while I was at Weiler, staff members suddenly realized that they were almost out of bag valve masks, which are needed for intubations, and that they would not be available from a supplier for weeks. A frantic search turned up enough for the time being, and they are now locked up and doled out only as needed.
ほとんどの病院ではP.P.E.が不足しているが、私が訪問した病院では今のところは何とかなっているようで、人工呼吸器も十分にあるようだった。しかし、私が訪ねたワイラー地域では、気管挿管に必要なバッグバルブマスクがほとんど無くなっていることに突然気がついたのです。数週間は供給元から入手できないのにも関わらず。必死になって探した結果、当分の間は十分な数が見つかり、今では保管され、必要な分だけ出すようにしています。

Weiler and Montefiore Moses hospitals, unlike some others, allow staff members to bring their own P.P.E. Dr. Tarr bought a welding mask on Amazon to put over his donated ski goggles. Some 23,000 ski goggles have been given to hospitals by skiers through a group called Goggles for Docs and are hugely appreciated because they are both very comfortable and very protective.
ウィーラー病院とモンテフィオーレ・モーゼス病院は、他の病院とは異なり、スタッフが自分のP.P.E.を持参することを許可している。ゴーグル・フォー・ドクスと呼ばれるグループを通じて、約23,000個のスキーゴーグルがスキーヤーから病院に贈られており、快適さと保護機能の両方を兼ね備えているため、非常に重宝されている。


Everyone I spoke to was grateful for the public’s donations of P.P.E., food and other assistance — but also acknowledged that the emotional toll is almost unbearable.
私が話を聞いた人は皆、一般市民からのP.P.E.や食料、その他の支援の寄付に感謝していましたが、同時に、精神的な負担はほとんど耐えられないものであることも認めていました。


“I listen to the residents,” Dr. Jones said, speaking of the 84 physician residents he supervises. “They’re fatigued, they’re emotionally drained, they’re frustrated that facts aren’t being listened to, that there’s misinformation.”
"ジョーンズ医師は、彼が監督している84人の医師の研修医の話をしながら、「研修医の話を聞いています」と語った。「彼らは疲労し、感情的に消耗し、事実に耳を傾けられず、誤った情報があることに不満を感じている。」


“Can we keep going for another two weeks?” he asked. “Yes. Then can we go for another two more weeks? Maybe. Can we do two more after that? I don’t know.”
「あと2週間は行けるかな?」と聞いてきました。「ええ、それならあと2週間は行けるかな?たぶんね。その後も2週間続けられるかな?それは、わからない。」

IV.

Hospital emergency departments are transformed in the age of Covid-19. The eeriest change is that bedside alarms chime constantly: In just one wing of the emergency department at Montefiore Moses, 20 alarms were howling simultaneously.
病院の救急部門はCovid-19の時代に変貌を遂げています。最も不気味な変化は、ベッドサイドのアラームが絶えず鳴り続けることです。モンテフィオーレ・モーゼスの救急部門のたった1つの棟で、20のアラームが同時に吠えるように鳴り響いていました。

Doctors explained that most are false alarms, and patient vital signs can be monitored through displays at the nurses’ station. To turn the alarms off requires someone putting on P.P.E. and walking to the patient’s bed.
医師は、ほとんどが誤報であることを説明し、患者のバイタルサインは、ナースステーションのモニターを介して監視することができます。アラームをオフにするには、誰かがP.P.E.を着用し、患者のベッドまで歩く必要があります。


“You want to use P.P.E. wisely,” noted Dr. David Esses, the head of the emergency department. “You can’t burn a gown every time an alarm goes off.”
So they let them ring.
「P.P.E.は賢く使いたいものです」と、救急部門の責任者であるデイビッド・エッセス医師は指摘します。"アラームが鳴るたびに保護用のガウンを無駄にすることはできない" だから、あえて鳴りつづけさせているのです。


CPR has sometimes become more perfunctory. In the past, doctors might have spent 30 minutes trying to revive an elderly patient, but today each chest compression can unleash a toxic brew of virus that could kill someone else. So when it’s unlikely to succeed, CPR may now stop after a few minutes.
心肺蘇生法は、時として、形式的なものになっています。少し前には、医師は高齢の患者を蘇生させるために30分を費やしていたかもしれない。だた、今は、胸を圧迫するたびに、他の誰かを殺す可能性のある有毒ウイルスを放出させてしまう。そのため、見込みがない患者には、心肺蘇生をたったの数分で止めるケースも有る。

There is also today a greater willingness to have blunt conversations about death, something that medical systems have never been good at. With resources scarce, health workers are thinking through what happens if they must ration ventilators: Who will get one, and who will be left to die?
また、今では、今の医療現場ではあまりうまく扱うことができなかった「死」について、オープンに話す意欲が高まっています。資源不足の中、医療従事者は、人工呼吸器を制限供給しなければならない場合を想定している。誰が人工呼吸器を手に入れ、誰が死ぬまで放置されるのか?

Dr. Jones recalled an older patient with long-term dementia who was fading from Covid-19. Normally, the team would have intubated her, but in this case he telephoned her family members: Did they really want to proceed? In the end, the family decided not to intubate, and the woman died peacefully that day.
ジョーンズ医師は、Covid-19で衰えていく長期の認知症を持つ高齢の患者のことを思い出した。通常、チームは彼女を挿管するところだが、今回、医師は、患者の家族に電話をかけ、挿管をすべきか問うた。家族は挿管しないことを決定し、女性はその日のうちに穏やかに死亡した。

An enormous change is that emergency departments are almost empty of non-coronavirus cases. People don’t seem to be breaking their legs, having strokes or shooting one another as often as normal. That’s partly because fewer people are outdoors, but it also appears that some families prefer to have an aging parent die quietly at home rather than go to a hospital at this time.
大きな変化した事の一つに、救急診療科にコロナウイルス以外の症例がほとんどなくなったことが挙げられる。足の骨を折ったり、脳卒中を起こしたり、撃ち合ったりすることは、いつもみたいに頻繁に起きてないということなのだろうか。これは、屋外に出る人が減ったこともあるが、高齢になった親が病院に行くよりも、自宅で静かに死を迎えることを望む家庭もいるということだ。

Some patients’ hospital beds are marked “D.N.R.” and “D.N.I.” — “do not resuscitate” and “do not intubate.” If you haven’t already, this is a good time to prepare those medical instructions for yourself and those you love.
患者の病床には "D.N.R. "や "D.N.I. "と書かれているものもあります。- "蘇生しないで" "挿管しないで"
もしまだならば これを読んでいるあなたにとっても、自分自身や愛する人のために上記のような医療上の希望を準備する良い機会です。


V.

With the symphony of alarms, the harried staff and the overhead announcements summoning medical teams to one emergency after another, the atmosphere is already taut. And then the red telephone rings.
鳴り響く警報のシンフォニー、慌ただしいスタッフ、そして頭上のアナウンスで医療チームが次々と緊急事態に呼び出され、雰囲気はすでに緊張感に包まれています。そして赤い電話が鳴る。


It’s the phone that gets calls from ambulances, announcing that a severely ill patient is on the way.
それは、救急車からの電話で、重症患者が到着したことを知らせる電話です。

Weiler Hospital tries to make space by transporting patients regularly to Montefiore Moses, but the ambulances bring new patients faster than others can be moved out. There are triage tents outside, but still there are sometimes traffic jams of stretchers at the entrance to the hot zone.
ワイラー病院は定期的に患者をモンテフィオーレ・モーゼス病院に転院させ、スペースを空けようとしているが、転院スピードよりも早く、救急車は新しい患者を運んでくる。外にはトリアージテント(患者の治療優先順位づけをする為のテント)がありますが、それでもホットゾーンの入り口には時々ストレッチャーの渋滞が発生します。


From the emergency department, many patients eventually migrate to the I.C.U. Weiler’s I.C.U. has more than doubled in size since the pandemic hit, and it was calm and still, so different from the emergency department. Most patients lie sedated in beds in negative-pressure rooms; the only motion was in the squiggly lines on the electronic monitors. One patient recovering after 10 days on a ventilator waved to me happily, but she was the exception; many coronavirus patients in the I.C.U. never make it home.
多くの患者は救急外来から、集中治療室(I.C.U.)に移動する。ウィーラー病院の集中治療室(I.C.U.)はパンデミックの影響で2倍以上の規模になった。それまでは、そこは落ち着いた雰囲気で、救急外来とは一線を画していた。ほとんどの患者は負圧室のベッドに鎮静剤を入れて横たわっている。動くものと言えば、電子モニターに表示されるスクイッグラインくらいだった。人工呼吸器で10日後に回復した患者の中には、喜んで手を振ってくれた人もいたが、彼女は例外で、集中治療室に移動したコロナウイルス患者の多くは死亡し、家に帰ることはなかった。

New Yorkers have been dying of Covid-19 at a rate of almost 800 per day, and that’s probably a significant undercount. Upon a death, doctors fill out paperwork for the death certificate, and nurses and technicians prepare the body and attach a toe tag. In the old days, the body would be covered with a sheet and rolled to the morgue; now it is encased first in one body bag and then in a second, and a team takes the body to the hospital morgue, and then because there is no space, to a refrigerated truck outside that is replaced every couple of days.
ニューヨーカーは1日に約800人の割合でコロナウイルス(Covid-19)で死亡しているが、これはかなりの過小に見ている数字だと考えられる。
死亡すると、医師が死亡診断書の書類に記入し、看護師や技師が遺体の準備をして足指のタグを付ける。昔は遺体をシートで覆って安置所まで転がしていましたが、今は遺体を一つの袋に入れてからもう一つの袋に入れ、チームが病院の安置所に遺体を運び、スペースがないので外の冷蔵トラックに運び2、3日ごとに交換しています。


“We are working with the funeral homes” to claim the bodies, said Linda Berger Spivack, the clinical director of nursing at Weiler. “However, the funeral homes are also extremely overwhelmed.”
ワイラーの看護の臨床責任者リンダ・ベルガー・スピヴァックは、「私たちは葬儀社と連携しています 」「しかし、葬儀場も、圧倒的な死亡者に困惑しています。」と伝えた。


Death is often an undignified and wrenching transition, but it’s particularly brutal now. We humans evolved to support one another, but viruses evolved to take advantage of our bonds — and so in a time of plague, people often die alone.
死はしばしば威厳を欠いた、苦しいものですが、今は特に残忍なものとなっています。私たち人間は互いに支え合うように進化しましたが、ウイルスは私たちの絆を利用するように進化しました。そして、人々は一人ぼっちで死んでいくのです。

The Covid-19 wave may now be passing over New York — which means it will soon hit other places that were too relaxed about social distancing. “They should learn from New York,” Dr. Esses said. “Because if they don’t learn, then the same thing will happen there. And by the time they realize this, it’s too late.”
Covid-19の波は今、ニューヨークの上を通過しているかもしれません—それは、それがすぐにソーシャルディスタンス(社会的な距離)についてあまりにも緩慢な態度をとっていた他の場所を襲うことを意味します。「彼らはニューヨークから学ぶべきだ」とエッセス医師は言う。「なぜなら、彼らが学ばなければ、同じことがそこでも起きるからです。そして、彼らがこのことに気付いた時には手遅れになっているのです。」

Let me give the last word to Nicole Del Valle, the young doctor who bravely reassures patients all day and then goes home to cry. I asked her what message she has for those who live in places not yet battered by the virus, who doubt the calls for masks and social distancing.
ニコール・デル・バレに最後の言葉を伝えよう。一日中、勇敢に患者を安心させ、泣きながら家に帰る若い医師だ。私は彼女に、マスクやソーシャルディスタンスに疑いを持っている感染がまだ広がっていない地域の人たちにどんなメッセージがあるか、聞いてみた。

“The hospitals are still very overwhelmed,” she said. “It’s really hard as an emergency physician to see people suffer without their families at the bedside. It’s been a very hard time for everyone here.
「病院はまだ非常に圧倒されている状態です」と彼女は言います。「家族が一人もお見舞いにも来れず、一人で苦しんでいる患者を見るのは、救急医として本当につらいことです。ここにいるすべての人にとって、とてもつらい時間でした。」
“We are telling people to please stay home.”
"家にいてください "と 呼びかけています

The Times is committed to publishing a diversity of letters to the editor. We’d like to hear what you think about this or any of our articles. Here are some tips. And here’s our email: letters@nytimes.com.
Nicholas Kristof has been a columnist for The Times since 2001. He has won two Pulitzer Prizes, for his coverage of China and of the genocide in Darfur. You can sign up for his free, twice-weekly email newsletter and follow him on Instagram. His latest book is "Tightrope: Americans Reaching for Hope." @NickKristof • Facebook
A version of this article appears in print on April 12, 2020, Section SR, Page 4 of the New York edition with the headline: Life and Death in the ‘Hot Zone’.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけたら、嬉しいです。 少しでも海外で(そして日本国内でも)日本語教育がスムーズに行くように、リサーチ目的に使わさせていただきます。

スキ嬉しいです!シェアもお願いします!
15
ニューヨークで、子育てをしてます。海外で、日本語も含めたバイリンガル、トリリンガルの教育や、イノベーターになるための教育コンテンツなどを、日々探索しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。