インターネットでの人格形成に失敗したオタクはどこへ向かうのか

 一度、どうしてもTwitter上で他人を叩いたり皮肉めいたツイートしかできなくて困っているという元フォロワーと、気分転換にサウナへ行ったことがあります。
 現実世界での彼は、特別オタクに見えるわけでもなく、まっとうな職についているなりの身なりをしており、こっそり鍛えている筋肉が自慢の至って普通の男性に見えました。なぜ、現実世界で順調な彼が、ここまでネットで他人を晒したり異性を攻撃するのかと疑問が残る。

 文字通りお互い裸の状態で話を聞いていくと、現実はともかくインターネット上の人格がどんどん暴走してしまうとのが怖くて、インターネットから距離をおいている状態だそう。とりあえず対策としてネットから離れる選択肢を自己治療として選んだのであれば、そのまま依存度を薄めていけば大丈夫ではないかと話が落ち着いたのですが……。

この続きをみるには

この続き:1,089文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
マガジンを購入すると、Twitterや無料分のnote以上に個人的な思考に近い部分やイラスト日記の補足などを読むことができます

Twitterや無料分の記事以上に、自身の思考や実体験など、個人に近い部分を書いていきます。本の紹介多いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされるとうれしい。

29
快楽天で毎月コラムを連載しています https://twitter.com/nyalra
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。