見出し画像

君の文章レボリューション:『みんなのユニバーサル文章術』

ぬるら

安田さんの新書は何冊か読んだ。彼の文章はいつもスッと、読み始めることができる。なんというか、行き届いているのだ。近所へ、フラっと買い物へ行くように、肩肘張らずに読みはじめられる。

『みんなのユニバーサル文章術』では、副題に”今すぐ役に立つ”とあるように明日を生き抜くための技術(と、滋賀県情報)を教えてくれる。雲をつかむようなぼんやりとした教えではない。根気さえあれば実践可能なロジックで貫かれた技術だ。
直前の文章と矛盾するが、ロジックだけでは説明しきれない感覚的な部分にもコメントしているのは、文章への勘を育てる効果を生んでいる。

基本ルールのレクチャーが終わった後は、実践的な用例を利用して、自学自習ができる親切テキストとなっている。 もちろん、パワーワードの作り方など読み物としても面白い。

そして、今すぐ使える文章術を学ぶなかで、ずっと使える古びない普遍的なヒントも混じっている。
今すぐ役に立ち、未来でも役に立つ本だ。

『中国の大盗賊・完全版』(高島俊男)という安田さんオススメ本のなかに、<九字の計>という戦略構想が紹介されている。
ユニバーサル文章術にあてはめて勝手に超訳するなら「炎上対策などの防御をかため、ライティングの基礎を強化し、持続可能性を考えて上達をムリにいそがない」くらいだろうか?

すぐに使えて、基礎から応用まで1冊に入っている。タイトルどおり「みんな」のための本だ。これで1,210円は安すぎる。文書術界の価格革命だ。ファンタスティック!!

この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!