見出し画像

言葉は、時間差の魔法みたいだ。

当時言われてピンとこなかった言葉が、時間を経てじわじわ効いてくることがよくあります。よくあるというか、そんなことしかない人生な気がしています。

就活生時代から、アドバイスチックな言葉をたくさんもらってきました。社会人になってからも、マインド・スキル両面において豊かな言葉をもらってきました。

「背伸びしなくていい。目の前のことに集中して取り組むこと。」
「走りながら考える、でいいんじゃない。」
「どんなあなたもあなただよ。」

もらった当時は、あんまり腹落ちしなかったんです。
うーん、そうなのかなぁ。頭ではわかるけど。。あんまり入ってこないなぁ。相談したときスッと入ってきて力をくれる言葉と、あまり入らず置いておいてしまう言葉があります。「今の自分には合ってないのかな」と一旦処理してしまう言葉。

でも、入ってこなかった言葉がわたしの糧になっていないわけではないなぁと思うのです。

上司面談で、こんな一幕がありました。
今週の気づきや今の自分のスタンスを話したとき、「それは、誰かから言われたことのある言葉?自分で導いた言葉?」と聞かれました。

うーん、と考えたあと、わたしは「自分で導きました。」と答えました。
一瞬意外そうな顔をされたあと話が続いたのですが、途中で「あれ、いや、前誰かに言われたかもしれない。。」という気持ちに。
というか、わずか2週間前に目の前にいる上司から言われていたと思い出したのです。そう告げると、「そうだね、ずっと言っていたことだね。きっと、今ありのまま受け取れる器になったんだね。」と言ってもらいました。

これ以外にも、思い返してみるとある日ふと「あ、今の状況って前〇〇さんに言われたことだな。」となる経験がたくさんあります。今いきいきと発している言葉も、かつて誰かにもらったものかもしれません。

誰かからもらった言葉って、時間差で届くことがとても多いように思います。今の自分より少し先のフェーズで発された言葉は、そのときの自分には刺さらない。しかし、刺さらないものが「自分にまったくそぐわない」とは限らないんですよね。自分と相手のフェーズによって、今刺さるのか、未来で刺さるのかが変わるのだと思います。

誰かから言われた言葉だけでなく、自分の発する言葉もそうなのだと思います。誰かに寄り添いたくて、励ましたくて、勇気づけたくて発した言葉が、いまいち刺さらないこともあるかもしれません。「力になれなかった」としょんぼりするのではなく、「いつか時間差で届くかもなぁ」と思えると気持ちが楽になりそうです。

きっといつか誰かの糧になる言葉を、誰も彼も残しています。すぐにはタメにならない言葉は存在します。どうしても、絶対あると思います。でも、いつか花開く。言葉は、そんな時間差の魔法なのだと思います。

刺さらないから、と諦めるのではなく、言葉をもらうこと、言葉をかけることを恐れずに生きていきたいなと思います。時間差の魔法が発動するかもしれないから。

魔法が発動したら、人生がもっと豊かになるかもしれないから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまで読んでいただきありがとうございます! いただいたサポートで、自分へご褒美あげたいなと思います。

Thank you♡
255
新卒1年目。GCストーリー株式会社/GC編集部/racisaプロジェクト。 人間の不完全さにきゅんとする。毎日ていねいに暮らせなくても、自分が素敵と思える日常を送ろう。心のバスルームだと思っていただければ。 編集話や日々の淡い気付きをそぞろに書いています。

この記事が入っているマガジン

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 15672本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (5)
言葉と出会うとき「はっ!」とする時と「ふーん」とする時確かにあります😌意外とその「ふーん」って出会った言葉が色々経験し、繋げていく中でふいにストンと腑に落ちたとき痺れるくらいの感動を味わいました🎵もう今すぐこの感動を誰かに伝えたかったです😆
走りながら考える、でいいんじゃない。という言葉が、今の私にすごくピッタリで心が和らぎました。

ありがとうございます💕
「言葉は時間差の魔法」って良いですね!
若い時って、経験値も上司より少ないから その時ピンとこないことは
私も会社員時代ありました。でも、言われた言葉を何年も経ってから
思い出すのは、自分に必要だから心に残っていた気がします。
文章上手いですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。