春が旬の食材で作るおむすび〜『ぬま田海苔のおむすび手帖』より〜
見出し画像

春が旬の食材で作るおむすび〜『ぬま田海苔のおむすび手帖』より〜

沼田 晶一朗 / ぬま田海苔 合羽橋本店

「やっぱり、おむすびに巻いて食べるのがいちばんですね!」
海苔をどうやって食べるのが好きですか?とぬま田海苔へやって来るお客様に質問すると、多くの方がそう答えます。

年齢層も、小さいお子様からご年配の方まで本当に幅広い!
合羽橋商店街で働くフランス人の店員さんまでそう言います笑
この人気からも、おむすびはまさに日本を代表する伝統食と言えますね。

そして、食べ方の好みもバラバラ!!
「柔らかい海苔を直前に巻いてパリッと食べたいんだよね」
「あまり具を入れないで塩むすびが多いかな」
「厚手の海苔をしっとりさせるのが好き」
これ以外にもまだまだ出てくる...それだけ拘りが強い食べ物でもあるんですね。

店舗ではそういったニーズ1つ1つに応じた海苔をご提案させていただいております。
特に最近は家食が増えているようで「いつも同じようなおむすびが多いので新しいネタありませんか?」と良く質問されます。
そこで今回は、ぬま田海苔のWEBサイトに掲載中の”ちょっと特別な”おむすびレシピをご紹介するコンテンツ『ぬま田海苔のおむすび手帖』の中から、春が旬の食材を使っていくつかご紹介。
気になるおむすびのレシピはサイト内をご参照ください。
(コンテンツ内でご紹介している海苔は現在売り切れとなっておりますが、今回は販売中のものから好相性の海苔でご提案しています。)

フードデザイナーの蓮池陽子さんにレシピ監修していただいた『ぬま田海苔のおむすび手帖』の世界。
どうぞ、ゆるりとご堪能ください。

【グリーンピースとチーズ入りスクランブルエッグ】

画像9

いつもとはひと味違うおむすびを楽しみたい日に。新緑を思わせるグリーンピースと、たまごの黄色が目にも鮮やか。具材の香りを引き立てる穏やかな風味のぬま田海苔は、洋風のレシピとも合います。少量加えたパルメザンチーズも、ほどよいアクセントに。

画像6

旬の食材:グリーンピース(4~6月)
オススメの海苔:大和南◯特①

【たけのこ寿司】

画像7

春から初夏にかけて旬を迎えるたけのこ。油揚げと一緒に甘じょっぱくジューシーに煮付け、寿司飯へ混ぜ込みました。鮮やかな磯の香りが際立つぬま田海苔に、たけのこ独特の歯ごたえと香りがマッチ。食べやすく、お子さまから大人まで愛される味です。

画像8

旬の食材:たけのこ(3~6月)
オススメの海苔:鹿島第三壱重1

【ホタルイカとブラックオリーブ】

画像1

ホタルイカとぬま田海苔の、磯の香りが引き立て合うおむすびです。オリーブオイルとブラックペッパーを混ぜ込むことで、イタリアンな風味に。オリーブオイルは香りの高いエクストラバージンがおすすめです。仕上げに大葉で彩れば、おもてなしの席にも似合います。

画像9

旬の食材:ホタルイカ(3~5月)
オススメの海苔:網田混1

【牡蠣ごはん】

画像9

クリーミーな牡蠣の旨味と、サクットロッとしたぬま田海苔の口どけは好相性。一緒に混ぜ込んだごぼう、青ねぎ、しょうがの風味も加わり、豊かな味わいが楽しめるおむすびです。ひと品で満足感があり、温かい汁物を添えれば十分な食卓の完成です。

画像4

旬の食材:牡蠣(11~4月)
オススメの海苔:諸富町壱◯1

他にも色々なおむすびにご興味がある方は「Kitchen Love the Earth」さんの第4号がおすすめです。こちらの冊子はぬま田海苔店舗でもご覧いただけます!私も「美味しい仕掛け人たち」というコーナーでご紹介していただきました!


そして、『ぬま田海苔のおむすび手帖』でレシピ監修してくださった蓮池さんのご紹介。食材への溢れる想いを料理に込める、素敵な料理家さんです。

はすいけさん

蓮池 陽子(料理家、フードデザイナー)
https://www.atelierstory.jp/
東京・雑司が谷出身。ビストロ勤務の後、料理教室で講師を務める。アウトドアで山菜や貝などの山や海の恵みを採取する中で、美味しい物の背景には“美しい自然”や“沢山の物語”があることに開眼。現在は”食の物語を紡ぐしごと”をコンセプトにケータリング、料理教室、フードコーディネート、メニュー開発、執筆などを行う。

また、Instagramから「#ぬま田海苔のおむすび手帖」で検索すると、たくさんの方々が趣向を凝らしたレシピで美味しそうなおむすびを紹介してくださっています。ご自宅で真似できそうなものもいっぱいあり、我々もとても勉強になります!

今が旬の食材で、いつもと違う"ちょっと特別な"おむすびの提案を楽しんでみてはいかがでしょうか?
そして良ければぜひ、感想を聞かせてくださいね。

以上、本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

--------

画像10

《ぬま田海苔 合羽橋本店 店舗情報》
〒111-0035 東京都台東区西浅草3-7-2
05017459617
[営業日]
月〜日(11:00〜17:00)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
沼田 晶一朗 / ぬま田海苔 合羽橋本店

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。これからも皆様に海苔の魅力や合羽橋の楽しさをお伝えしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

青海苔の混じった混等級は磯辺餅に!
沼田 晶一朗 / ぬま田海苔 合羽橋本店
株式会社NUMATA HARUO SHOTEN、ぬま田海苔 4代目当主。前職はGap Japan、17年勤務したのち実家の海苔屋へ転職。海苔のこと、かっぱ橋のこと、お伝えしていきます。https://numatanori.com/ Twitterは@numatanori1937