見出し画像

競歩王|プロローグ

 酷く矛盾した競技だった。

 誰よりも速く、速く前へ進みたい。
 一番にゴールテープを切りたい。
 でも、走ってはいけない。

 肩で風を切って、
 日に焼けた細い体をくねらせるようにして、
 彼等は歩く。
 
 歩く。
 どこまでも、歩く。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。
3
小説家。最新刊『風に恋う』発売中。2015年松本清張賞・小学館文庫小説賞受賞。既刊『屋上のウインドノーツ』『ヒトリコ』『タスキメシ』『さよならクリームソーダ』『拝啓、本が売れません』など。詳しくは>>>http://nukaga-mio.work/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。