『競歩王』試し読み

5

競歩王|04|直木賞の日

1|アリア  綺麗なカバーの本になった。寒々しい青空の写真と、本のタイトルと、榛名忍の名…

競歩王|03|新年の願い事

1|初詣  お賽銭を投げてから、何を願おうか悩んでしまった。両手を合わせ、とりあえず「も…

競歩王|02|孤独のウォーカー

1|新聞部  グラウンドなんて大学一年の体育の授業で使って以来だ。単位を落としたわけでも…

競歩王|01|オリンピック号泣男

1|リオ五輪  浸るのとは違う。沈み込むのとも、違う。  強いて言うなら、海に突き落とさ…

競歩王|プロローグ

酷く矛盾した競技だった。  誰よりも速く、速く前へ進みたい。  一番にゴールテープを切り…