見出し画像

N/S高新聞実行委員2期生の 今までの自分これからの自分

取材・文=延原ルキノ(N高6期・通学コース)

こんにちは!N高2年の延原ルキノです!今年度の6月からN/S高新聞実行委員の2期生として参加させていただき、今回インタビューを初めてさせていただきました!
今回は新聞実行委員2期でN高7期生の青西さんにこれからの目標や目指す姿についてお聞きしました!

青西さん
N高7期・ネットコース
最近ハマっていること ピアノ、ギター、卓球
興味のあること 投資、経済、統計、英語


あることがきっかけで見方が変わった経験!

ーーはい!それでは早速始めさせていただきます!よろしくお願いします!
自己紹介で経済の勉強をしていると書かれていたのですが、興味をもったきっかけや投資部(※)に入部しようと決めた理由はを教えてください。

将来に対する不安というか、自分は社会に出て果たしてちゃんとやっていけるのかという不安が幼い頃から漠然とありました。だからお金のことをちゃんと知って使えるようになって、自分で増やせるようになれば、不安の種の一個は無くなるんじゃないか、小さくなるんじゃないかと思って。N高に入るきっかけになったのも投資部があったからです。

 高校生の時期から株式投資に挑戦することで、社会や経済の仕組みを実践的に学ぶ部活です。

ーーそうなんですね。やっぱりお金って大事だと思いますし、自分もあまり知識がないのですごく素晴らしいです!
ピアノをやっているとおっしゃっていましたが、それはいつ頃からやっていますか?

N高に入って今年の3月から時間があり、ある時毎日ちょっとずつ成果の見えることに挑戦しようと思いました。自分の好きな東京事変さんの曲をピアノで弾きたくてYouTubeで覚えていきました!
集中できるものが欲しかったのでピアノを触ってみました!

ーーいちばん大切にしている価値観はありますか?

私は、中学校の卒業前の1,2月ぐらいの時期に体調が悪くなってしまって、すごく学校が好きなのですが学校に行けなかったんですね。
ただなんとなく自分は何を大切にしているのだろうかと考えていました。そんな時久々に学校に登校したのですが、友人が
「あなたはいっつもシャー芯をすごく出して書くからすぐ折れてしまうのだよ」と話してくれました。
その時自分のことをわかってくれているのが涙が出るほど嬉しいと感じ、それを大切にしていきたいなと思っています。
あとは自分をあまり追い込みすぎないこと。一つ一つを気楽に。それは今絶賛勉強中なんですけど前よりはちょっとできるようになったかなって感じですね。

ーーそうですね!とてもいいことを聞きました!お友達からの一言で救われたのだと思いますが、それを励みにして今後どうつなげていこうと思っていますか?

私は元々、人との関わりを大切にしようという人間ではないと思っていました。
人が嬉しい気持ちになるようなことをしようってあまり思わなかったのですが、ふと友人の言葉を思い出した時に「言ってもらえてよかったな」と小さな幸せを感じていました。
なので今度は自分から相手に幸せになってほしいなと思いました。

ーーすごく素晴らしいです!話は変わりますが目標はありますか?

直近で言うと、今年は英語をしっかり学習しようと考えています。今年の9月30日に英検があり、それに合格するのが目標です。
他には人に対して積極的に働きかけるということをあまりうまくできないので、迷惑にならない範囲でそれに挑戦したいと思います。あと人前に出て自分のことを客観的に評価してもらう機会がなかったのでそういう機会が欲しいなって思いました。

ーー最終的になりたい姿、理想像や目標はありますか?

最終的にはそばにいて安心してもらえる人になりたいですね
この人と一緒にいると安心できるって思ってもらえるような雰囲気を作れるようになりたいと思っています。あと大学に進学できたらいいなと思っています。

ーー大学ではどんなことを学んでみたいと思っていますか?

私は日本史がすごく好きなので、とにかく日本史を研究できる大学に行きたいです。
日本史や美術史、仏教美術とか古いものが好きなのでたくさん勉強したいです!

ーーN/S高に入学されて、これから自分を変えたい目標はありますか?

同じことでも楽しめる人間になりたいと思っています。一つのことをするにも自分の姿勢や気持ちが違うだけで楽しさが違うからです。
ほかには、いろんなことを経験をしたいなって思っています。ワークショップもそうだし部活もそうだし、自分で個人的にやることもそうだし、いろんなことをやりたいなと思っています。

ーーこれでインタビューは以上とさせていただきます!ありがとうございました!


終わりに

今回取材させていただき、青西さんの温かく穏やかなところについて知ることができました。青西さんのチャレンジしていく姿勢を感じて私自身もいろんな分野にも挑戦しようと感じました!取材にご協力していただきありがとうございました!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!