naotolemさんインタビュー

creator's interview ~第7回・naotolemさん(後編)~


前編ではnaotolemさんの学生時代のお話や楽曲制作に関するアプローチ、主にミュージシャンとして活動するまでの道のりについてお話を伺いました!!

後編ではnoteでの活動に焦点をあてて、一緒に振り返っていきたいと思います!!



それでは少し話をnoteに戻して、naotolemさんの今までの活動を振り返っていただきたいと思います!

開始当初は「あなただけの曲作ります」という形で、みなさんからのリクエストに応えて曲を作るという活動からスタートされてますが…これをやろうと思ったきっかけは何だったのですか?

また、初めて依頼があった時は投げ銭をいただけた事も含めて、喜びの投稿をされてましたね!その時の心境を、あらためて教えてください!



きっかけは「他でやってない事をやりたいな」という事ですかね。

カバーなど弾き語りをあげるのは他のSNSでやってるので、自分も周りもあまりやってないことを気楽にやれる範囲でやりたいなと。

で、せっかく曲が作れるけど、今まで自分が歌うための曲しか作ってなかったので、誰かのために作るのもやってみたいなと思いまして。

歌をちょっとした贈り物として届ける感じですね。だから、長さも割と1分以内とかで終わるようなシンプルな曲にしてたと思います。

やはり自分の好きな事で、やれる事をその人のためにやって、良い反応が返ってきたことがまず嬉しいのと、その対価として目に見える金額としていただいた時に、すごく感動した覚えがあります。

ちょうど路上ライブで投げ銭を貰った時とすごく似ていますね。



本当に文字通り「ネット路上ミュージシャン」ですね!!

そして「投げ銭」については、歌も作っていらっしゃいましたね!!

noteでの「投げ銭の意義」について、ぜひnaotolemさんの見解を伺いたいです!!



『nagesen(ナゲセン)』ですね!

タイトルそのまんまで短い曲ですけど、あの曲が1番PVが多いです。

※『nagesen』はこちら

https://note.mu/naotolem/n/n97f61f8bfc16


投げ銭は、客観的な自分のコンテンツの価値を知る事のできるモノサシになる事でしょうか。

自分で値段を決めちゃうとそれが分かりにくい気がします。

実際、僕はほとんど無料で「依頼を受けて気に入ったら投げ銭を!」というスタンスですが、自分では「こんくらいかな?」って思ってた価格とはかけ離れているケースが多くてびっくりしましたね。



「コンテンツの価値を知る事ができるモノサシ」……すごいしっくりくる表現、さすがです!!

そしてお気持ちの投げ銭がそれだけもらえるのは、やはりnaotolemさんからの‟世界に一つしかない特別な贈り物”だからですかね!!

そんなnaotolemさんですが、時には料理番組やバラエティ番組を見ながら弾き語りをされていますが、あれ、ものすごくゆるくて和む企画ですよね!!あれをやろう!と思ったのは?



おお!めっちゃ嬉しいです!!

自分と贈る相手だけの曲ってスゴく伝わるような気がしてます。

あれは確かあるフォロワーの人と雑談してる時にそういう話題になって、思いついた気がしますね。

初めは英会話の番組観ながら弾き語るって案だったんですけど、何故かNHKの「きょうの料理」でやろうという事に(笑)

『かぶと鶏のグラタン』とかの料理の様子を見ながら、その調理法に感心したりとか、美味しそうとか、その時感じた事をメロディにしてつぶやいたり、突っ込み入れたりしている感じです。

…なんですかね、これは(笑)

自分でもジャンルがわかりません(笑)



※『かぶと鶏のグラタン』はこちら(爆笑必至ですのでご注意を‼)

https://note.mu/naotolem/n/n3bf92b742ffc



よくメロディが浮かびますよね…(笑)

僕が知る限りでは今までにない新しいジャンルだと思うので、もしかしたらnaotolemさんの新たな代名詞になるかもしれませんね!

そしてその後はフォロワーさんの作った詩や朗読作品などを基に曲作りをされ、コラボも積極的に行われていましたね!

その中で誕生した、特に印象に残っている作品はありますか?また、あれは反響がすごかったなぁ!と思うコラボ作品などがあれば教えてください!



代名詞!そこまでですか!(笑)

最近やってないのでまたやってみようかな?(笑)

そうですね!詩に曲をつけさせていただくのはやりがいありますね。

そして自分が歌うというのがスゴく面白いなぁと。

自分が絶対書けない歌詞で歌う訳なので幅が広がる気がするというか。

反響が良く、印象に残っているのは『キミを思うあたしの歌。』『距離』ですね。

前者はフォロワーさんの実体験の有料記事を読んで歌詞を組み立てた曲で、後者は別のフォロワーさんの詩を元に自分が歌いやすいように歌詞を作った曲です。

作り方のアプローチが違って、曲調も全く違うのですが両方ともお気に入りですね!

※『キミを思うあたしの歌。』はこちら(ぜひLIVE映像で!!)

https://www.youtube.com/watch?v=UG_24cQtJCM


※『距離』はこちら(これもぜひLIVE映像で!!)

https://www.youtube.com/watch?v=ya6XfhtGjUQ



あああ!!その2曲、聴きました!!

『キミを思うあたしの歌。』はもう涙なしでは聴けませんよ…

そして『距離』はエッジの効いたギターサウンドで「…かっけぇ~」って思っちゃう曲です!

基としてる詩などは、やはりそれぞれ作者の思いが詰まっている分、難しさがあると思います。人の作品をベースにするとき、特にどういう点に注意しているというか、意識している事、こだわっていることなどはありますか?



聴いてくださってありがとうございます!嬉しいなぁ。

まずは相手のそのストーリーや詩の立場に立って見て、そこから自分なりに見えたものとか感じたものを率直に歌にしますね。

役者をやったことは無いですけど、役を演じる感覚でしょうか?

当然、役柄だから自分では無いんだけど、自分でしか演じられないような歌にする、というイメージですね。



おおおっ!!面白いですね!!そしてわかりやすい…ありがとうございます!!

今後もコラボは積極的にやっていきたいと思われますか?

また、リクエストをする際のベースとなる題材は詩などのほかにも対応していただけるのでしょうか?

今後naotolemさんに曲を作ってほしい!という方に向けて、コラボ依頼の方法や流れなど、紹介していただければ!

…ちなみに披露宴などでも曲を披露されていますが、そういうお願いもまさか聞いてくれたり…?



コラボは依頼があればもちろん自分でやれる範囲で受けさせていただいています!

詩はもちろんですが、写真1枚とか、テーマとか…何でもやってます(笑)

サウンドノート用のジングルをギターだけで作らせていただいたこともあります。今も使ってくださってて本当嬉しいですね!

依頼については普通にnoteのコメントやメッセージで送ってくだされば検討します。

披露宴での余興は基本、友人が結婚する時はかなり高確率で頼まれるので許可を取ってyoutubeでアップしてます。

実は、今も会ったことはないけどフォロワーさんで、自分が結婚する時は是非弾き語りお願いしたい!と言ってくれてる方もいまして(笑)

そういう需要があるならお応えしていきたいな、とは思っています。

‟結婚式余興ミュージシャン”みたいな感じでしょうか!?

もちろん、こればっかりは無料ではキツイと思いますが、やりたいですね!!




わお!!

naotolemさんの‟生弾き語り”付きでの式なんて、本当に一生の思い出になりそうですね!!素敵です!!

そんなnaotolemさんの、今後のnote内外においての活動について、挑戦したいことなども含めて展望や目標などがあればお聞かせください!!



そういうフットワークは軽くいきたいので、是非お声かけて欲しいところですね!

今後は、noteも含めSNS動画でもっと弾き語りしてフォロワーをもっと獲得して、いずれは日本中でLIVE出来たらいいな!というのが目標ですね。

日本中どこに行っても、最低1人くらいは聴いてくれる人がいるっていうのが出来たら素敵です。

自分が歌を歌うことで色んな人に喜んでもらいたいし、繋がりたいし、仲良くなりたい。

その中で自分みたいに音楽をやりたいという人が出てきてくれたらこんな嬉しいことないですね^ ^



いいですね~!!そしてnaotolemさんならきっと実現できます!

今後の益々のご活躍、楽しみにしております!!

では、最後にお尋ねします…

naotolemさんがnoteをやってて良かったと思う事、そしてnaotolemさんにとってnoteとはどういう場所ですか?


ありがとうございます!

良かったことは、‟ここでしか出会えなかった出会いがあった”こと。‟ここでしか生まれなかった曲が出来た”ことですね。

noteは「才能豊かでポジティブな人達の遊び場」って感じですね!


今後も素敵な曲、たくさん聴かせてくださいね!!

お話しできて本当に楽しかったです!!お時間を割いていただき、ありがとうございました!!!


こちらこそ!!ありがとうございました!





<収録後談>

インタビューを受けてみてどうでしたか?


非常に話がしやすかったですね!慣れてない自分でも、割と話せたかな?と思うくらいでした( ´ ▽ ` )ノ

あとテキストでのインタビューなので、直接会話で話すよりも割と内容を整理できるので効率的と思いました。

ありがとうございました!




ー 「誰かのために曲をつくろう」

自分だからできる事、他ではやっていない事をしようと動きだし

リクエストや作品を基に心を込めて作る‟贈り物”。

喜んでもらえる事だけでも嬉しいのに、対価という形での反応があった時は

不安の中で挑戦した路上ライブで投げ銭をもらえたときと似た感覚で、喜びもひとしおだった。


「もっとたくさんの人と出会い、そして曲と共に喜びを届けていきたい」


‟ネット路上ミュージシャン・naotolemさん”はSNSにとどまらず、これからも多くの場所で人々に素敵な歌声を届け続ける…。



……え?もっと楽曲を記事に載せてほしかった?

ライブに行きなさい!ライブに!!





~おまけコーナー~


『naotolemさん自身が選ぶ!マイ note ベスト3!』



第3位『かぶと鶏のグラタン』

https://note.mu/naotolem/n/n3bf92b742ffc

(本人からのコメント)

NHK「今日の料理」との勝手にコラボしました。料理についてツッコミや感想入れながら歌うという、いかんせん初の試みでしたが、聴いたらじわじわくると思います。ポイントはリアルタイムならではの僕の壮大な勘違いがオチとして出てくるところです(笑)



第2位『距離』

https://note.mu/naotolem/n/nbd7396baa47f

(本人からのコメント)

こちらはnoteクリエイターさんの詩に曲をつけた初めてのフルでのコラボ曲。詩の内容とはあえて違う印象の曲調にしようと思って作りましたが、結果的にかなりハマったと思います。



第1位『キミを思うあたしの歌。』

https://note.mu/naotolem/n/n46ff84a619ac

(本人からのコメント)

note初めてのフルでのコラボ曲。自分では経験出来ないクリエイターさんの実際のストーリーを歌に出来た初めての曲です。

切なくも優しく次の一歩の背中を押したいというぼくの気持ちも込めているので思い入れがあります。



☆「naotolemさんの曲、もっと聴いてみたいなぁ~♪」と思った方は、上記の記事や、前編で紹介した各種SNSをLet's クリック!!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

編集・インタビュー:ODK

衣装・メイク:そんな予算はないっ!!


「n's farm」のコンテンツは共同運営機能により皆で作り上げています。今後のメンバーの活動費や新規クリエイターへのサポートなどに活用させていただきますので「面白い!」と思った方は、宜しければサポートという名のおひねりをお願いいたします!



【n's farm 情報】

○note

https://note.mu/ns_farm

○Twitter

https://twitter.com/nsfarm_2016

⇒「ハイパーマイペースメディア」の名に恥じぬよう、マジで不定期更新なので、気になる方はぜひフォローを!!随時、更新情報やコラボ募集などのお知らせをお届けします♬ 面白い記事だと思ったら、シェアもぜひよろしくお願いします☆

この続きをみるには

この続き:0文字

creator's interview ~第7回・naotolemさん(後編)~

n's farm

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11
noteで出会った仲間達によるハイパーマイペースメディア!!気軽にフォローしてね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。