unimamさんインタビュー

creator's interview ~第4回 unimamさん・後編~


前編では、unimamさんのnote開始当初の運営方法やエッセイへの想いなどを伺いました!!後編では本業の「書家」のお話などを伺っていきます!!




♦書家『雲泉』の誕生秘話


それでは少し話を変えて、本業の書家について…「雲泉師匠」(※)にお話をうかがいましょう!笑

(※unimamさんの雅号です)

前編の冒頭でもおっしゃっていたようにunimamさんの本業は「書家」ですが、そもそも小さい頃の夢だったのでしょうか?始めたきっかけ等を教えてください!


小学生の頃からいつかは書道の先生になりたいって思っていましたが、今のような形で書道をするようになるとは思っていませんでした。

書道を始めたきっかけは、近所に亡くなった師匠の書道教室があって、母に通うように連れて行かれたのがキッカケでした。


おお!書道の先生は憧れていたのですね!unimamさんの投稿でも、師匠の教え(貴重なお話です!)や、ご自身が書く中での葛藤やある意味修行の日々について書かれていますが、かなり険しい道のりであるという印象です。

始めた頃から「楽しい!」「好きだ!」と思えていたのでしょうか?ここまで続けられてきた原動力とは、何なのでしょうか?


亡くなった師匠がとにかく私の字を褒めてくれたんですね。

お前はいい字を書くって(笑)

小さい頃って家族以外の人に褒めてもらうのって嬉しいですよね(笑)

そういう意味でも、亡くなった師匠は、今でも私に力を貸してくれているように感じていて、すごく心強いです。

始めた頃は私は字が下手で、それこそ、これじゃあかん!って感じで母に通うように言われて始めたので、あまり楽しい場所ではなかったですよ(笑)墨で手は汚れるし、礼儀作法は厳しいし。

続けてこれた原動力は、やっぱり私の字を褒めてくれて認めてくれた師匠のおかげですかね。


あっ…素敵なお話…

本当に幼少期に才能や個性を褒めてもらえると、人生を左右するほどの影響がありますよね。大げさではなく「生きる力」にもなります。

今のunimamさんのご活躍ぶり、きっと師匠も喜んで下さってるはずですよ!


はい、本当にそう思います。

師匠には感謝しかないですね!!



♦「スキル」を「仕事」へつなげる難しさ


現在も書家を生業として活動されていますが、仕事へのつなげ方としては、たとえばHPなどで書いて欲しい文字のリクエストを受注し、それを書くという流れなのでしょうか?

また、作品づくりにおいてunimamさんが一番意識している事(購入をしてくれた方に対しての想いなども含めて)は何でしょうか?

また、海外のお客様へも作品を提供していらっしゃいますが、日本の文化を異国の方へ贈るということで、少し意識が違うものですか?「自分の作品を通して、こういう事が相手に伝わったら嬉しいな」などがあれば教えて下さい!


私はHPは作ってないんですね。今まで人の紹介から紹介で依頼を受けてきましたが、noteを始めたことを機に、SNSから作品を発信し、受注してもらえるようになりました。

noteからでもTwitterのDMからもご依頼してくださる方はいますので感謝しています。

企業様のHPの題字や会社に飾る書なんかのご依頼を受けたり、ご結婚される方のウェディングボードを書いてもらいたいというご依頼やお子様の名前を書いてもらいたいという命名書のご依頼なんかを頂き、書かせてもらっています。

作品を作る上で大切にしているのは、最大限にお客様の好みに添えるようにすることです。

好きな言葉や字の意味を理解し、お客様の気持ちになって書くことに心を配るようにしています。

カスタムオーダーの場合は、違った書体を3点ほど提示させていただいた上で1番お好みのものを選んでいただく方法をとっています。

海外向けにはEtsyというハンドメイド作品を販売するネットショップを持っていますが、習慣が違う外国の人にも日本の美しい文化を理解してもらえるように、また書道に興味を持っていただけるように誠意を持って対応させていただいています。


素晴らしいですね!日本固有の文化が、国境を越えて人々を感動させるなんて、とても魅力的です!

そのようにご自身のスキルを生業にされているunimamさんですが、現代の人たちの中で「好きなことを仕事にする」というテーマを掲げる人は多くいると思います。

それを実現する為には、unimamさんの経験を通して、どんな事が一番重要だと思いますか?


ありがとうございます(*^^*)

好きなことを仕事にするのって魅力的な響きですけどね、現実は甘くないですよ(笑)

纏まって仕事がくることもあるし、まったく仕事がこない時もありますからね。

まずはやっぱりやれるべきことは面倒がらずに、全て自分でやることなんじゃないかと思います(笑)

SNSでの発信、コミュニケーションを大切にはかりながら、繋がるべきご縁を大切にしていくこと、その上で作品を創り続けていくのはかなりの重労働です。

だから、『いい時もあれば悪い時もある』って長い目で自分の好きなことに関わる覚悟が必要かなと思います。

一攫千金を狙って、他力本願的な、例えば『こうすれば儲かる‼︎』みたいなセミナーをいくら受けても、色んな面倒を自分が引き受ける覚悟が続く人しか頑張りきれないと思いますよ(笑)




♦夢はでっかく!! ~今後の目標と“note”への想い~


ありがたいお言葉の数々、感謝です!!実践されてきたunimamさんの言葉だからこそ、きっと多くの方に届くと思います!

さて、ご自身の生業である「書」についてもリンクしているunimamさんのnoteですが、レシピやエッセイに関するもの以外の分野に挑戦しようと思ってること、今後の目標や展望などがあれば教えて下さい!


どういたしまして(笑)

たくさん質問あってびっくりしましたが、ODKさんのお人柄に乗せられてたくさん喋りましたね〜(*^^*)(笑)

これからの目標ですか?

それはやっぱり書で大きな賞を受賞することかな(笑)

こういう仕事やる上で一番有効なのは大きな賞を受賞することです(笑)

受賞歴は水戸黄門の印籠のようなもの。

そしてその先はまだまだ遠くて今はよく見えないですが、いつの日か海の向こう側の人にも、『Oh! Unsen‼️もちろん知ってるよ‼️』って言われる書道家になっていたいです(笑)


すみません、せっかくの機会なので欲が出ちゃいまして…笑

そしてでっかい夢が出ましたねー!!たしかに賞って分かりやすい指標ですよね…unimamさんが受賞された際は是非、報告記事を楽しみにしてます!

最後に、unimamさんが「noteをやっててよかった」と思うのは、どんな所ですか?

また、unimamさんにとって「note」とはどんな場所ですか?


noteをやっててよかったことはやっぱり人との出会いですかね。

あと、私が様々なきっかけを作ってこれたのはnoteのおかげだと思います。

noteは私にとって楽しい遊び場です!そして日常の一部ですかね!


素敵です!!unimamさんのこれからの益々のご活躍、特に受賞!楽しみにしています!!

お話できて光栄でした!!そしてお忙しい所、ありがとうございました!!


頑張りまーす(*^^*)





<収録後談>

インタビューを受けてみてどうでしたか?



質問がズバリとしていてわかりやすかったです(*^^*)





ー最初はあまり字が上手じゃなかった事に加え、作法に厳しい環境などは幼少のunimamさんにはあまり楽しいとは言えなかった書道教室。

今もなお書き続けられるのは、そこで出会えた師匠の言葉があったから。


人々をつなぎ、国境をも越える……

unimamさんが想いを込めて書くその一字一字は、これからも多くの人々の心を動かしてゆく。


※そして受賞レポとお弁当の全国販売、楽しみにしております!!





~おまけコーナー~


『unimamさん自身が選ぶ!マイ note ベスト3!』



第3位『奄美大島風dub-dub飯〜uni仕立て〜』

https://note.mu/unymam/n/n0dd1f5200f3f?magazine_key=m2270e0678c6f …



第2位『良い上司とは?』

https://note.mu/unymam/n/nebea8b33a29d?magazine_key=md41fc57b8408 …



第1位『好きなことを続ける』

https://note.mu/unymam/n/nfc34b083b0e9?magazine_key=m3bd6a6a2353d …


(本人からのコメント)

自身のnoteベスト3はこの3つですかね(笑)いっぱいあって選びきれないんですが、どれか3つならこれかなってのを選びました。




☆「unimamさんのnote、読んでみたいなぁ~♪」と思った方は、上記の記事をLet's クリック!!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

編集・インタビュー:ODK

衣装・メイク:そんな予算はないっ!!



☆最後までありがとうございました!!次回のインタビュー記事もお楽しみに!!




「n's farm」のコンテンツは共同運営機能により皆で作り上げています。今後のメンバーの活動費や新規クリエイターへのサポートなどに活用させていただきますので「面白い!」と思った方は、宜しければサポートという名のおひねりをお願いいたします!


【n's farm 情報】

○note

https://note.mu/ns_farm

○Twitter

https://twitter.com/nsfarm_2016

⇒「ハイパーマイペースメディア」の名に恥じぬよう、マジで不定期更新なので、気になる方はぜひフォローを!!随時、更新情報やコラボ募集などのお知らせをお届けします♬ シェアもぜひよろしくお願いします☆

この続きをみるには

この続き:0文字

creator's interview ~第4回 unimamさん・後編~

n's farm

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

22
noteで出会った仲間達によるハイパーマイペースメディア!!気軽にフォローしてね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。