見出し画像

米国Pubconで語られた「インフルエンサーマーケティングの始め方」

世界最大のSEOイベント、Pubconに来ています。ここではPubconで語られた講座内容を書き起こしつつ日本語に翻訳する形で記事にしています。日本人参加者はかなり少ないようなので、日本語で閲覧できる記事としては、最新情報と言い切っても過言ではないでしょう。

ウェブ解析士協会の江尻代表のお陰で参加できたので、改めて感謝させていただきます。では、見ていきましょう。

講師のTwitterは@brentcsutorasです。
https://twitter.com/brentcsutoras

------

インフルエンサーマーケティングとは?

そもそもインフルエンサーマーケティングとは何でしょう。新しくはありませんね。テレビでも昔からあった概念です。でも、今日のインフルエンサーマーケティングはまるで違うものです。子供はYoutubeを見て育っています。このあたりは完全に全く新しい領域なのです。

トップインフルエンサーは今やセレブですが、普通の感覚を持っており、多くの人の生き方を肯定してくれます。

画像1

なぜ、インフルエンサーマーケティングは成長しているのでしょうか。+1500%も3年で成長しており、2017年は3Bドル、2018年は4.6Bドルの市場規模です。なぜなら、多くの人々はいまやADBlockerをつかっていて、他の広告が効きづらくなっているというのも理由の1つです。

インフルエンサーと仕事をすれば、彼ら自身が新しいコンテンツを作ってくれます。そのコンテンツは多くのユーザーが参加しやすいフォーマットになっています。インフルエンサーは友達みたいにユーザーから見られていて、パーソナルなものとして受け止められています。そのため、ADBlockerにはひっかからないのです。

これ買ったほうがいいよ、というものも広告に見えないのです。友達のおすすめに聞こえると、買いたくなったりするからです。

インフルエンサーを探せ

探すことをしているマーケターは多いですが、ほとんどが間違ったインフルエンサーを見つけてしまいます。YoutubeとInstagramから見つけるといいでしょう。ビデオは常に人を惹きつけてきました。多くの感情を示すことがしやすいからです。私の子供なんてTVは見ずに、Youtubeだけを見たりします。

そして、大事なのは、全てのインフルエンサーは影響力があるわけではない、ということです。例えば、以下の画像を見てください。

画像2

この人は気難しそうな顔で商品を紹介して、全く売れませんでした。実際に欲しがりそうな人に商品を提供しないといけません。ただブロードキャストになってしまっても商品は買ってくれないのです。これだとただの宣伝です。宣伝になってしまうと、本来持っていたはずの影響力まで失ってしまいます。人々が正しく見てくれるようなインフルエンサーにリーチしないといけません。

インフルエンサーマーケティングのコスト相場

画像3

だいたいこの2500万円くらいがインフルエンサーマーケティングの相場だと思ってください。これによって、以下のような効果が見込めます。

画像4

1ユーザーのエンゲージメントあたり62セントなら非常に安いですよね。

やるならこう考えてください。お金を払うことによって相手の影響力を増やすことに貢献しよう、と考えるのです。そこで、何かを払いつつ、影響力やオーディエンスが増えたら、支払いを増やすと良い関係が結べます。

ですが、ユーザーはすぐにコンバージョンまではしてくれません。それでも、関係を強固にしてください。関係性を失ってしまってはいけません。NIKEは毎月毎月インフルエンサーマーケティングを実施しています。あらゆる別の人から実施しているというのがポイントですね。Microもマクロインフルエンサーもどちらも活用しましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされた費用は、また別のカンファレンス参加費などに当てようと思います。

感謝!
2
ウェブ解析レポートをたった1分間で作るKOBITを運営してます。世界15カ国4500社に使われており、サイト制作会社・広告代理店・ウェブ解析士の売上アップ、顧客体験と従業員体験の向上に貢献しています。このnoteでは主に僕が参加した勉強会の書き起こしをしていきます!