見出し画像

「〇〇したいと思います」をやめて人生が好転した話

授業する側やワークショップする側の方の語尾が気になることないですか。とても気になる言葉があるのです。それは

「〇〇したいと思います」

この言葉、言わなくなって10年以上経つんです。そのことについて書いておこうかと。

いまの私

疑われるかもしれないですが、教員をやっています。ワークショップのファシリテータの依頼を受けて実施もしていますし、ありがたいことにイベントの登壇の依頼もいただいています。

そのときに、とても些細なことかもしれないですが、気をつけていることがあります。それが『「〇〇したいと思います」を言わない』ということ。なぜなら、したいとか思うという願望ではなく、「〇〇をする」と進行上決めているから。なので言い切ることにしています。

ある日のこと

企業の実験教室で若手だったころに、そのルーツがあります。入りたての新人のとき、実習が上手く進行できずに、苦しんでいた時期がありました。今では想像できないんですが、とても苦しんでいたんです。時間通りに進行できない、子どもの発言を引き出せない、指示の言葉が長くて伝わらない…など。「どん底まで落ちる」というのは、こういうことなんだと今でも思い出せるほど、ひどい状態でした。

その部署には、監修の先生がいらっしゃて、実習に対して助言をくださっていました。当時、どん底だったボクに、監修の先生が何度も見学に来てくださり、アドバイスしてくれてたんです。

あるとき、実習後に言われたのが『「〇〇したいと思います」を言わないように』ということでした。理由は単純で「あなたが、進行をするのだし、『したい』でも『思う』でもないでしょ?実際にそれをやるんだから、言わなくていい」だったのです。

それは、どん底だったボクに投げられた、救命胴衣でした。なるほど、それぐらいはできる。と、必死に「〇〇したいと思います」を言わないと心に誓ったのです。

実際にやってみた

最初は、意識をしないと、すぐに口から「〇〇したいと思います」飛び出てくる日々でした。何度も意識をして、言わないと心に誓い、実習に臨む日々。あるときから、自然と口にしなくなりました。

口にしなくなったとき、「〇〇をする」という意志を表明できている感覚がありました。ふわっとしたやわらかな感覚ではない「これを進行しますよ」という自分の意志が乗った言葉を発している実感があったんです。すると、進行がスムーズになるし、意見を引き出せるし、こちらの伝えたいことも明白になる。

いいことしかない!

その1つの歯車が噛み合うことで、多くの困っていたことが解消されていったのです。それ以来、「〇〇したいと思います」を意識して言わないようにしています。

そして、これからも

言わなくなってから、企業でも立場あるところまで成長することができました。いまも教員として楽しく授業進行ができていますし、おかげさまで、学校外からも依頼をいただき、ファシリテータの機会をいただけています。このように、話す役割、進行する役割といった点での評価をいただけているのも、「〇〇したいと思います」を言わないことがきっかけなのかもしれません。

「〇〇したいと思います」を言わないと意識することで、発言する言葉を慎重に選ぶようになっている感覚があります。ボクの授業やファシリテートする場面、登壇するところを見た方は、途中で言葉を選ぶシーンがあることに気づかれてるかもしれません。

この『「〇〇したいと思います」を言わない』というのを完璧に実行できているのかは怪しいのですが、これからも、言わないように意識して、意志を明確に表現して授業や、ワークショップや、ファシリテートの進行をしていこうとワクワクしています。

悩める授業者や進行する方へ

初めて教壇に立って、授業が上手くいかないと悩んでいる先生方がいる時期でもあります。ひょっとすると、ワークショップを請け負って、上手くいかないと悩まれている方がいるかもしれません。

そんな方に、1つだけ、やってみて欲しいのが『「〇〇したいと思います」を言わない』です。ボクは、これをするだけで、意識が変わりました。困っている方、に届けば幸いですし、たったこれだけのことなので、すぐに実施できますよ。いかがですか?

最後に

こんなことを思い出したのには理由があります。

こちらのイベントに参加し、宮本さんのお話の中に「思います」を言わないということが出てきました。そして、たくみさんから「思います禁止令」を出されました。その瞬間に思い出したのです。そういえば思いますを言わなくなった。書かなくなったと。

毎回、首がもげるほどありがたいお話が飛び出てくる『SENSE-自分らしさ探究室-』が主催する人気セミナー、自分らしさ探究会。次回も楽しみにしながら、今回の提案にあったイベントレポートをアウトプットして、今日という素敵な一日を終わるのでした。

今日もいい一日でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
のざたん

いただいたサポートは、誰でも教員と会って話せる『会いに行けるセンセイ』の活動に利用させていただきます。

わーい (/・ω・)/
8
HeroMakers2期生。LEGO®SERIOUS PLAY®メソッドと教材活用トレーニング修了認定ファシリテータ。教育コミュニティの運営。GEG Kochi共同リーダー。こうち起業部"Swich"のアンバサダー。最近では『会いに行けるセンセイ』を実施中。