見出し画像

パラレルワールド

筋膜とはなんですか?骨格とはなんですか?サブラクセーションとはなんですか?

それは単なる概念です!

人は同じ時間に同じ場所にいたとしても、全く違う体験をしています。何を聞いて、何を見ているのか?これは例え夫婦や親子といえど同じではありません。育った環境も違うし、価値観も十人十色です。

時間的な感覚でさえそうです。長く感じる人、短く感じる人様々です。そう、パラレルワールドなんです。パラレルワールドは並行世界のことで、この現実とは別に、もう1つの現実があるという考え方です。

つまり、一人一人地球という空間を共有しているけど、全員違う世界を体験しているといえます。つまり、ひとつの地球には70億種類の世界、パラレルワールドが存在します。

各々の世界で生きている僕たちを結びつけるものが『概念』です。赤い花をチューリップと理解したり、白い毛の塊を猫と判断したり、する人類の共通事項です。しかし、私たちは概念を共有しているだけで、先ほど述べたように世界観を共有してはいません。地球という括りとて概念です。

では、ひとつひとつ自分だけの世界観はどこにあるのでしょうか?

外側はユニバース(ひとつの世界)を共有しています。そしてそれは概念です。概念とは物事を共有するために意味付けられた事です。

概念ではない、自らの世界観は内側だけにあります。チューリップや猫に触れた時、何を感じたのか?その感受性こそ私の存在そのものであり、あなたの存在を分ける世界なのです。

その感受性の違いこそが世界観の違いであり、僕はセンスだと思います。世界から何を切り取り、何を拾うのか?

外側で概念化された仕組みは誰かが作った世界です。誰かの作った世界にいては自分自身のセンス(感受性)は磨かれません。そして自分の世界を見つける事が出来ません。自分という存在が他人の作った概念的世界にセンスを奪われるのは勿体ないと私は感じます。

結局、他人の世界に生きる自分には、自分が何が必要なのか?何を切り取り、何を拾うべきかを理解することは本質的にはありません。

センスを育まない者は、感受性を支配されているため、何を学んでも、自分のものにならないのです。

センスは発信ではなく、受信であり、感受性なのです。感受性を自分の内側の世界から見つけてください。外側にあるのは他人の都合の概念です。

そんなことをもっと深掘りしたいと考えています。それが一番大切なところだから!


『一藝一切 』in 神戸 11月3日


こちらは整体の基礎講座。

今回のテーマは足首と重心の重要性

『一挙手一投足』in 名古屋 11月4日


整体のご予約、お問い合わせはホームページから



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

脳から身体の不調を整える『ブレインハック』

Thanks!良き気付きがありますように!
5
代々木上原で活動する整体師。宇宙から細胞までまるっと人間という、なんとも愚かで、それでも愛しき生物を、マニアックでニッチに書き綴ります。脳から身体の不調を整える『ブレインハック』 https://naraokahajime.wixsite.com/naraokahajime
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。