見出し画像

呼吸器疾患での血ガスの見かた Part②

本日も臨床BATONにお越しいただきありがとうございます。

160日目を担当します、佐賀で急性期病院に勤務しています『小徹』です!

今回は、『呼吸器疾患での血ガスの見かた Part②』についてお話ししていきたいと思います!

血ガスって難しいイメージが強いですよね?

数値や難しそうな単語も多いので、理解しようとしても参考書も難しく書いてあるので中々理解出来ない方が多いのではないでしょうか?

この記事を読むことで、きっと他の参考書よりも分かりやすく血ガスに関して理解を深めることが出来ると思いますよ(^^♪


🔳簡単に復習

画像1

Part①では以下についてお話しさせていただきました(^^♪

✅『pH』『PaCO₂』『HCO₃-』の関係性
✅「アシデミア」と「アシドーシス」の違い

上記内容に関して、より理解を深めたい方は是非『呼吸器疾患での血ガスの見かたPart①』の記事もチェックしてくださいね(^^♪


🔳正常値に関して

画像4

本日の内容では、血ガスからアセスメントを行っていくため、正常値の理解が必要です!

教科書的ですが、復習も兼ねて記載しておきます

◉㏗:7.35~7.45
◉PaCO₂(動脈血二酸化炭素分圧):35~45Torr
◉PaO₂(動脈血酸素分圧):80~100Torr
◉HCO₃-(重炭酸イオン):22~26ⅿEq/L

以下に異常値が出てきますので、これらは是非覚えておいてください!



🔳「呼吸性アシドーシス」の起こり方

・pH<7.35   ・PaCO₂>45

このような状態にあったとき、あなたならどのように考えますか?

画像2

pH<7.35は、血液が酸性の状態にあると言えます
つまり『アシデミア』ということになります!

では、「アシデミア」になっている原因は何かを次に考えます

そこでPaCO₂を見てみると「PaCO₂>45」という結果であった場合、「体の中にCO₂が溜っている状態である」ということが考えられます!

つまり「肺の換気量が落ちている」ということです!

このような状態にあることを『呼吸性アシドーシス』といいます!

原因としては

◉COPDなどの閉塞性疾患
◉神経筋疾患や側弯症など胸郭運動が制限される疾患
◉薬剤の影響

などが考えられます!



🔳「呼吸性アルカローシス」の起こり方

・pH>7.45   ・PaCO₂<35

では、次にこのような状態であった場合はどうでしょうか?

この続きをみるには

この続き: 1,357文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
このマガジンでは月10本以上の記事を皆さんにお届けしています。 このblogは、臨床BATONと言って脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている臨床の悩みや発見を読者の皆様と共有し、さらに全国のセラピスト達とバトンを繋いで、一緒に学ぶ成長していくことを目指したblogです。そんな想いをもったメンバーが集まってblogを書いています。

全国展開している脳外臨床研究会に所属するメンバー達が、『臨床で起こる悩み』『臨床での気づき』を読者の皆様と共有し、また知識を繋げていきたい…

または、記事単体で購入する

呼吸器疾患での血ガスの見かた Part②

脳外ブログ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!メンバーがHAPPYになります
10
脳外臨床研究会メンバーが日頃から思っている『臨床の悩みや発見』を『臨床BATON』というテーマで、読者の皆様と共有し、全国のセラピスト達と毎日バトンを繋いで、一緒に学び、成長していくことを目指しています。 そんな熱い想いを持ったメンバーが集まっています😊!