note編集部お気に入りマガジン

1
ノート

「たそがれ」を書けるようになる日まで

読み終わった瞬間、「ああ、これは私には書けない」と思った。 若松英輔の『悲しみの秘儀』を読了したあと、一番はじめに持った感想だ。 「書けない」...