#小説 記事まとめ

3
記事

掃き溜めにて(小説)

小窓と押し入れのちょうど真ん中、“溝”や“透き間”という響きがよく似合うその三角形に座りながら、狭い台所に立つ先輩の背中を見ているのが好きだっ...

100

100円ショップで働く男の値段

こんにちは! フルカワカイです。普段は京都を舞台にした小説をアップしていますが、今日は番外編として、前職で人材派遣会社につとめていた時のエピソ...

ある男|23−1|平野啓一郎

弁護士の城戸章良と面会した日の三日後、里枝は、このところますます部屋に籠もって本ばかり読んでいる悠人に、お風呂から上がったら、話があるからと伝...