#小説 記事まとめ

4
記事

申し訳ないのはこっちです

1. どんなに超絶急いでいても、駅の改札は開かない時は開かない。特にsuicaにお金が入っていない時はなおさらだ。でも人は焦れば焦るほど、当たり前の...

第2回開催しますの御連絡いただいたっす記念:第1回NovelJam生還記、あるいは如何にし...

【00】ちなみに以下の文章は、半分ほどは実際に生還直後にしたためたものですが、今回めでたく第2回があるとの御連絡をいただき、「あ、そういえばアレ...

212

「シリコンの季節」(小説)

全裸の女だ。  投棄場所としてもう何度目かの利用となる山道の路肩谷側に、白い肌が見える。  数多の不法投棄ゴミや土にまぎれた全裸の女の肌は月明か...

700

魔法がとけた夜のこと

22歳になるまで、わたしは自分のことを特別な子だって思いこんでいた。  でも、絵が上手かったり、足が速かったり、これと言って才能があったわけじゃ...