#お店 記事まとめ

113
記事

私たちは何のためにモノを買う

いつだって、どこでだって、 それなりに安く欲しいものが手に入るこの時代に、私たちは何のためにモノを買うのか。 私は「0:00(ゼロスリー)」という...

D2Cブランドと呼ばれる私たちがリアル店舗を次々に出店するただ一つの理由

あやうく本当に最初で最後のnoteになるところでした。こんにちは、DAYLILYのこばやしもえです。 さて、前回の「ただのPOPUP SHOPはもういやだ」からあ...

「喫茶ランドリー」で働くことの「10の哲学」★2号店宮崎台で働く皆さんへ贈る「喫茶ラ...

「喫茶ランドリー」は、2018年1月に誕生し、2019年5月に2つめの「喫茶ランドリー」が宮崎台に誕生しました。宮崎台のアルバイト応募は、なんと短期間...

私とあなたとの「接点」を習慣的にする理由

左ききの道具店代表の加藤さんは言った。 相手との接点を習慣的に作ることで、相手は「受け取っている」という気持ちになり、それはいつしか逆に「渡し...

私たちは、本当は接客「されたい」生き物だ

一時期、『接客不要バッジ』が話題になったことがあった。 買い物中に店員さんに話しかけられるのが嫌な人のために、『話しかけないでください』と意志...

10席の小さなお店を始めて4ヶ月がたちました

今年の8月に「Niru」をオープンしてから4ヶ月たちました。 オープン準備からここまで無我夢中で駆け抜けてきましたが(その経緯は「32歳の料理人が東京...

「消費者」という幻想

先日、代官山蔦屋書店で開催されたこちらのトークイベントに登壇しました。 雑誌『STANDART』日本版に僕が寄稿した2つのエッセイ「人工知能の時代にコ...

ウルサス時代も、賢い人はモノに恋するのをやめない。

ウルサス時代が来た。これから、SNSを通じてものが売れるようにより一層なるのだろう。 KATALOKoooの翠川です。年間100以上のブランドとやりとりしなが...

リアルとネットのはざまにて

さて、個展を終えて早1週間、失敗したとかここが良かったなど感想は言わないことにして、色々と俯瞰できたことをまとめていこうと思います。 なぜ感想...

ものがたりを語ろう

「物を買う」という行動を起こすことへの物理的ハードルは日を追うごとにどんどん低くなっています。どこにいてもネット環境さえ整備されていればどんな...