見出し画像

p.8   帆船 「みらいへ」 に乗る!! (前編)

みなさま、こんにちは!ロゴデザイナーの まつうら です。今日も見に来てくださって、ありがとうございます♪

2017年9月10日、お天気は運良く快晴!待ちに待った、帆船に乗る日がやってきました。中型帆船「みらいへ」の横浜港半日クルーズです!帆船「みらいへ」については、こちらをご覧ください↓

まつうらにシンボルマークをご依頼くださった スピリットオブセイラーズのメンバーの方々は、この頃「みらいへ」のインストラクターも務めていらっしゃいました。

みらいへ-1

瑠璃色の船体に、お日様色のマスト!なんてカッコいい!!この姿を見て、ワクワクが止まりません。

みらいへ船首像

船に近づくと、あら、これは何かしら? 帆船「みらいへ」の船首像(フィギュアヘッド)です。この像は、「ヤマトタケルノミコト」とのこと。航海の安全を願って舳(へさき)に取り付けられた彫刻のことを、船首像といいます。古代ギリシャ・ローマの商船やバイキング船の頃からあったそうです。モチーフは、妖精から、女神、男神、騎士、鷲など幅広い。皆さまも、帆船をご覧になる機会がありましたら、ぜひ船首象に注目してみてくださいね。

当日のスケジュール-2

当日のスケジュールは、このような感じ。「みらいへ」初の、ミュージシャン(ミヤ・タケヒロさん)とのコラボ航海だったようです。受付を済ませ、お客様を乗せた「みらいへ」は横浜港を出港!スタッフの方の明るくキビキビとしたオリエンテーションの後、クイズ形式での「船内探検」を各自すすめます。

船内探検

船内の探検は、船の中に降りていき、各部屋を見ることができました。ここは宿泊用二段ベッドの部屋。日本丸の時とは、また違って面白い。

横須賀港からのたtpng

「みらいへ」に飾ってあった盾の数々。帆船の世界は、入港するごとにこのような記念品の贈り物があるようです。すごいですね!他にもいくつかご紹介。

これは「神戸帆船まつり」の記念品と思われます。神戸市港湾局の紋章でしょうか?紋章作っちゃうなんて、本格的すぎる!!「PROGRESSIVE SPIRIT(「進歩的な魂)」とは、紋章につく「自身の座右の銘」です。デザインもユニーク!

神戸帆船祭りの盾

門司港の盾

長崎帆船祭りの盾

さあ、ベイブリッジ

そうこうしているうちに、ベイブリッジのすぐそばまで進んできました!

これからベイブリッジをくぐる

これからベイブリッジをくぐります!!(ドキドキ)

ベイブリッジをくぐる

ベイブリッジを下から見上げる!!!・・・マストも見上げつつ、すごい構図!

東京湾内では、法律で帆を広げて船を走らせる「帆走」ができません。ですので、このクルーズでは、船首にはる三角形の帆「ジブ」だけ、掛け声をかけながら体験でみんなであげました。掛け声は、2-6Heave(ツーシックスヒーブ)と言って、ロープを引くタイミングを合わせます。「ツー、シックス、ヒーブ!ツー、シックス、ヒーブ!!」ですね。

バウ渡り

さて、船の上では、体験アクティビティの「バウスプリット渡り」が始まりました!バウスプリットとは、帆船の船首から前方へ伸びている棒のこと。この下に、ロープで編んだ丈夫なネットが取り付けられていて、そのネットの上を歩きながら、棒の先端まで行って帰ってくるという、スリル満点のアクティビティ(ネットの下は海)・・・。ここでは、まつうらも体験してみました。もちろん命綱付き。(どの体験も、お客様の安全には最大限の配慮がなされていました。)帆船ならではの体験で、良いですね!

タンカー

ブリッジ(操船する場所)では、「船長気分で船の舵取り体験!」をやらせてもらいました。自分の舵取りで、本当に船の方向が変わっていくのを体験してみるの、おすすめですよ。東京湾内、タンカーやいろいろな船の往来が、かなりありました。で、この舵取りの時、私のそばにいたお子さんが、猛スピードで走っていく海上保安庁の巡視船に注目。それに応えたベテランスタッフさんの言葉が面白くて、今も覚えています。「あれは、『コラコラーーーーー!!』って言って、追いかけてるんだヨ!」・・・こういうユーモアのある言葉、素敵ですね。

旗

青い空にお日様色のマストとヤード。そして、ロープと旗。シンプルで、潔くて、美しい!!

「音楽と帆船に出会う特別な一日」クルーズは、書きたいことが沢山!3年前の体験ですが、こうして写真を見ると、その時見た景色や感じた気持ちが、自分の中からどんどん出てきて嬉しくなります。書ききれないので、続きは後編で!

See you next page 9❣️ また見にきてくださいね。







わあ、嬉しいです❤️❤️
4
公務員、民間企業を経て、子育て中に武蔵野美術大学通信教育課程で6年間学ぶ。その後、地域情報紙のデザイン担当をつとめ、デザイン業で開業。『お客様の強み発見力』が大きな強みのロゴデザイナー。色彩検定協会認定 1級色彩コーディネーター。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。