まだ、ここにない、出会い。

お疲れ様です!



noteを4月に始めてから、
マイペースに記事を更新しつつ約3カ月、

よくリアクションくれる方やサポートしてくれる方はもちろん感謝してるんだけど、
Twitterのフォロワーさんは何百人って増えたし、
建築ソーシャルメディアBAUESさんに拾ってもらう記事があったり、
「職人さんの話を聞かせて欲しい」って企業さんや労組関係者の方からのリアクションがあったり
いろいろありました
そのたびに驚きと学びがありました。
あと単純に嬉しいね


んで、今回は1番びっくりしたリアクションが。
先日、note運営からのメールが届いて

件名  「ユーザーからお問い合わせがきています」

ぼく    「ん?」(スマホ スクロール)

本文  「とても勉強になるnote拝見させて頂いております。リクルートという会社に務めている○○と申します。私も建設業界に対して何か出来ないかと考えている人間の一人でして、一度お話するお時間をいただけないかと思いご連絡させていただきました。」


ぼく   「…ほぅ。…リクルート?…。…。……。???…リクルート!!!?」(二度見)


ホットペッパー、SUUMO、タウンワーク、indeed、ゼクシィ、カーセンサー、じゃらん、リクナビ、その他たくさん展開してる。みんな絶対一回はなんかしらお世話になってるでしょリクルートさんに。

そんな誰もが知ってる大企業から連絡くるとか予想できます?
いや〜オラおでれぇたぞ(悟空)

返信してスケジュール調整して会うと決まって
さぁ当日!

どんな話しするのか?どんな展開になるのか?
とは期待しつつも、
そもそもちゃんとリクルートの人なのか?
変な壺買わされたり、アムウェイとか宗教の勧誘されたり、ワンルームマンション買わせるようなゴリラみたいな人が出てきたりしないか?
そんな不安と不安と少しの期待が混じってドキドキしながら待ち合わせ場所に行きました



ちゃんといましたリクルートの担当者さん(安堵)
すげぇ良いキャッチコピーだよね。

僕なんかの名刺いるんか?とは思いつつ名刺交換して
挨拶もそこそこに本題へ!


で、話しの内容としては、
まぁ普通に考えて質問内容とか、どの部署のどんな方とか、何のサービスの参考にするのかとかを書くのはお互いの信頼関係としてルール違反だと思うので、先方に聞くまでもなく大部分は割愛します(本当すまん)


でも雑談の中でキャリアアップシステムの話しは出たし、Twitterでみなさんから聞いた話しも僕というフィルターは通ったけどいくつかは話の中に

どんな現状で、どんな問題点があるかを話せば
「そんなことあるんですか(驚愕)」とか
「コンプラというか一発アウトですね(ドン引き)」
みたいな反応で、
「いやー何かしたいですねー」と返ってくる

何かサービスを展開するなら、この部分の問題点を改善するためにこんな風にして欲しいと話せば
「そうかーそういう事ですね!なるほどー、すごく参考になります」と返ってくる

そもそも、「この業界の問題点はいろいろあると思いますけど、まずは現場の職人さんがもっと評価されるべきだと思うんですよ。」
とか先方から言葉が出てくるんです。
僕も思わず頚椎損傷するレベルでブンブン首を縦にふって頷きましたよ(労災おりますか?)


質問がまずきちんとあり、聞いてくれて、更に僕の提案もきちんと聞いて、そこからまた派生した話しが展開され、きちんと考えてまた言葉のキャッチボール

大きな企業さんだから、組織としてのフットワークが軽いかどうかはわからないけど本当に職人の声、現場の生の声を聞きたい、吸い上げたいと思ってくれている感じがしました。それだけでもまずは嬉しい!

「本日はお時間をいただきありがとうございました!
現場の実態や心理などを理解することができ勉強になったと同時に、
自分で考えていた内容では不十分だったのでお話しできて本当に良かったです。
改めてこの業界に対して貢献したいと強く思いました。引き続きご連絡させて頂けますと幸いです。」

終了後のメールもこんな感じでした。なんか熱伝わりません?
ぶっちゃけ最初はもっとヌルい質問ばっかりとか、職人のことなんか考えてないとか、なんなら舐めた対応されるんだろうなくらいに思ってましたスミマセン笑
あの瞬間の失礼な僕にローキックしてやりたい()


まだまだオンライン上で影響力も少ない、辺境にあるようなこんなアカウントの声も拾ってくれる時点で素晴らしいと思う。それはリクルートさんに限らず今までのみなさんにも等しく思いますし、これからまた絡んで行く人たちにも思うはず

ただなんか、note始めてからいろいろなところに声が届くんだって事が可視化されて実感できて、これからも何かしたいしいろいろ考えたいなって。そう思いました。

「まだ、ここにない、出会い。」を期待して
「まだ、ここにない、出会い。」を求めて
「まだ、ここにない、出会い。」を探しに


時間の許す限り現時点の職人の声をガッチリとお話しして来たし、僕自身のモチベーションも上がりました。またいろいろnoteで記事にしていきますのでよろしくお願いします

以上、今日もご安全に!






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

普通の大工さんでツイッターやってます!いいねと思ってくれたらハートマークのとこぜひ押して下さい!フォローしてくれたら泣いて喜びます!ご協力よろしくお願いします!

ぼくもスキ
39
ツイッターでも活動中。ツイッタートレンド1位にもなったイベント企画をしたりして、建設業界の友達を増やしながら遊んでいます。たまーに記事が建築系のメディアに載ったりもします。いろんなジャンルを現場、職人の目線で書いています。押忍押忍押〜忍!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。