マガジンのカバー画像

時短版「未来の普通」

112
(更新停止しました。定期購入しないでください)週3回月水金は未来でワクワクしよう。日々のニュースに垣間見える「未来の普通」をできるだけ短く解説。時短で未来が身につきます。キャラク… もっと読む
(更新停止しました。定期購入しないでください)週3回月水金更新。単体記事が100円より小さく設定で… もっと詳しく
¥50,000
運営しているクリエイター

記事一覧

よい子は『半分、青い』の律は真似してはいけない

朝ドラの『半分、青い』とうとう終わりました。面白かったです。賛否両論のヒロインというのは場外乱闘も盛り上がるので面白いですね。

ヒロインの幼馴染の律は、技術者で大企業やめて独立と、朝ドラの登場人物としてはもっとも自分に近い存在で、こういう人がどんどん増えてくれればいいと思います。

が、だからこそ、絶対彼を真似してはいけないことがあります。

やめてから作るとかありえない。

現実は働きながら勤

もっとみる

持続的社会でヒューマンエラーを減らすために

ヘリ墜落 「作業時間延びただけ」 燃料に余裕、独断で到着報告 群馬 - 産経ニュース 

悲惨なヘリ事故の裏で、ずさんな飛行計画の記録が常態化していることが明るみになったようです。

この社員は、自身の法令順守意識と危機管理意識の欠如が原因だったとし、同社も社員教育が不十分だったと認めている。

とありますが、1000回に1回あるいは10000回に1回しか起こらないような事故を防ぐための作業という

もっとみる

日本に増えてきた「本物のお金持ち」

ZOZO前沢代表の月に行く計画、すごいですね。

日本にもこういう本物のお金持ちがいるということが報道されるようになって、心強いです。

つまり、自分がいいと思ったものに、どかっとお金を使える人です。

高須クリニックの高須さんもそういう人ですよね。

いわゆるノブレスオブリージュですが、社会を推し進めていく上で、こういう存在は欠かせません。

国や自治体はえこひいきできません。税金で動くからです

もっとみる

地価上昇の本当の背景

久々に地価上昇のニュースですね。

しかもその要因に地方の上昇が貢献しているとのこと。

原因は外国人客の増加とのこと。

ついに歯車がかみ合いだしました。

この流れはとても心強いです。

日本の地方にあるもの。それは持続的な歴史だからです。

それは今から作ることのできないものです。それを見たいという人は、国内外問わず絶えることはありません。

地方によっては一時のブームをとらえようと、持続的

もっとみる

大手企業はストック型サイトに広告打てばいいのに

アダルトサイトのその裏で~ネット広告不正の実態~ | NHKニュース

まあ新しいタイプの広告不正が紹介されているのですが、あたかもイタチごっこの決して終わらない問題のように見せられますが、そんなことは全然ありません。

世の中には繰り返し繰り返し参照される価値がしっかり定まったページかいくらでもあります。しかも、その内容が適切なものかどうかは今の技術を使えば、いろんな方法で保証できます。

もっとみる

「ローソン銀行」に絶対口座を作ってはいけない理由

「おもち支店」「チョコ支店」など、ローソン銀行の支店名がかわいいと話題に(MONEYzine) - Yahoo!ニュース 

知り合いに教えてもらいました。

「ローソン銀行」に絶対口座を作ってはいけません。

口座名は必要に応じて他人に公開するものです。つまり、自分の誕生月を公開することになります。

なのでフリマサイトとかで見知らぬ誰かと取引すると、名前住所誕生月を教えることになります。

もっとみる

「ブラブラ期」のホントの手始め

ちょっと前の記事なんですか、

イヤイヤ期よりブラブラ期…学者提案に保育現場から反響:朝日新聞デジタル

「イヤイヤ期」と呼ばれる2,3歳の時期を否定的な言葉で捉えるのでなく、「ブラブラ期」と呼んでみてはという呼びかけで、当時なかなかいいアイデアだと思ったのですが、その後あんまり広がっていないようです。

その記事の中に、

手始めに、子どもが道路や歩道に落書きする自由を保障してはどうでしょう。

もっとみる

自然災害と公共

容赦なく私たちに襲いかかる自然災害。最近は立て続けに大雨、台風、地震。一時は関西空港と千歳空港という誰でも知ってる大きな空港が同時に閉鎖されている事態にまで。

水害については、温暖化を意識すると、これからもむしろ増えるかもしれないことを覚悟しなけけばならず、地震についても、高度成長期の頃は偶然少なかっただけで、これからも大きな地震は覚悟しなければなりません。

そんな中災害に会われた方や、不幸に

もっとみる

縄文魂と未利用魚

ミライ: このコラムがとても興味深かったのです。

No.1078 なぜ世界最古の土器が日本列島から出土するのか?

フツクロウ: ホウ。

ミライ: いろいろ書いてありますけど、縄文時代日本は「持続可能な開発」をしていたというのです。

フツクロウ: 今よく話題になるキーワードじゃな。「持続可能な開発」

ミライ: はい。狩猟・採集文化にも関わらず定住していたというのです。

で、旬の話も出てき

もっとみる

鴻上尚史が答えた戦略と「死神うどんカフェ1号店」

ミライ: この記事に出てくる「戦い方」なんですけど、

帰国子女の娘がクラスで浮いた存在に… 鴻上尚史が答えた戦略とは? (1/7) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

フツクロウ: ホウ。

ミライ: 「死神うどんカフェ1号店」っていうラノベに出てくる女の子の一人とそっくりなんですよ。ってそれだけなんですけど、具体的に戦うとなるとやっぱりそうなるよねっていう。

フツクロウ:

もっとみる

インスタ映えと右脳と瞑想

ミライ: こないだ朝テレビ見てたら、カエルの博物館が紹介されてて、真っ青なカエルとか紹介されてたんですよ。「インスタ映えするから人気」とか言って。

フツクロウ: 食べたらあかんやつやな。

ミライ: た、べるんですか?

フツクロウ: 毒があるから食べたらあかんのじゃ。

ミライ: いやだから毒なかったら食べるんですか。

フツクロウ: 当然じゃ。

ミライ: (そういえばフクロウだった)はは。

もっとみる

1マイクロメートルは理解できないか

ミライ: 面白い記事があったんですけど、

セミの羽の構造に抗菌作用|NHK 関西のニュース

フツクロウ: ホウ。0.2マイクロメートルくらいのとげで剣山を作ると大腸菌にぶっささって死んでしまうんじゃな。

ミライ: はい。面白いですよね。

が、それはそれとしてその0.2マイクロメートルのとこ、記事では「直径5000分の1ミリ」とあるの、わかりにくいですよ。

フツクロウ: 一般の人に1マイク

もっとみる

根性論から脱却チャンスの日本

ミライ: この猛暑、日本社会に「根性論」の限界をいやというほど見せつけてますね。

フツクロウ: 根性論では熱中病は防げんからの。

ミライ: 中の人の学校のイベントでも「最新の注意を払います」と言いつつ具体的なケアが足りず、結局熱中症の子出しちゃってました。

フツクロウ: 「見てるだけ」では防げんのじゃな。

ミライ: はい。人間は一種の機械なのですから、物理的に対応しなければ故障するのです。

もっとみる