見出し画像

デートってそもそも何のためにするんだっけ?

という書きだしで、実在の恋人たちが
東京近郊の街でデートするシーンをちりばめた
「ポパイ」(1月号)。   

「気持ちを確かめるだけならオンラインでも」と書くが
そんなコストパフォーマンス優先の男女関係に
なりつつあるのだろうか。

確かに「デートが面倒くさい」という
20-30代の言葉を耳にするが、
段取りの仕方に始まり、向き合って
初めて分かる言葉の選び方や、
自分のために選んでくれた服、
一瞬の表情にイメージが変わる瞬間など、
互いの体温を感じるリアルな時間を、
そんな効率主義に置き換えているのだろうか。

「なんでもないことでも、二人なら楽しい」。
結局、冒頭の言葉は、このフレーズで終わる。

そうか、いま「デート」が遠くなるほど、
ディスタンスが離れてしまっているのか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
71
広告の文章を書く仕事をしています。仕事も趣味も書くことですが、Jリーグは3チーム(清水エスパルス・ガンバ大阪・湘南ベルマーレ)を応援しゴール裏にも立ちます。 仕事における考え方と実績は当社WEBサイトで→ http://www.present-inc.com/