見出し画像

私は幼かった長男によくこう言いました

”自分を大切にしなさい。自分を大事にしない人に他人を大事にすることはできないから”

これは幼いころの長男に私がよく言った言葉です。ほかの2人の子どもにはなぜか言った覚えはありません。ただ彼だけによく言いました。

以前noteにも書きましたが、彼はおそらく典型的なHSC (The Highly Sensitive Child)でした。

感受性がとても強く、人に起こったことを自分に起こったことのように受け止める側面もありました。
そんな彼に何がきっかけで「他人を大事にしたいならまず自分を大事に」「自分を好きになりなさい」と言ったのかはもう忘れてしまいましたが、いつも、こんな言葉はともすれば自己中心的に導きがちなことだと重々承知していましたので、諸刃の剣だと自戒しながら、注意深く彼を諭しました。
そうしなければ、もしかしたら本当に自分を粗末にして早くに命を無くしてしまいそうだったからです。

長じるにつれ、幸いにして、様々な体験を通じて自信を持っていきましたが、彼の自己肯定感の裏には、「まず自分を大切に」という言葉があったと思うのです。

でも実は、そんなことを言っていた事すら忘れていました。そんなものです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです!
街を歩いていて、また、急にニュースが目に飛び込んできて、「あれはあの時の私だ」と思う瞬間がある。その時の私にはわからなかったこと、見えなかったことの数々が今ならわかる。あの時の自分やそれを思い出させてくれた会話や風景に向けて書いていきたい。「私だ」と思う次の人のために。