Birthday Musics Today (2020/3/9)
見出し画像

Birthday Musics Today (2020/3/9)

★ジョン・ケイル(John Cale, 1942.3.9 - )誕生。アンディー・ウォーホルに捧げたルー・リードとの共作アルバム“ソングス・フォー・ドレラ”からのスタジオセッション。"John Cale and Lou Reed on Sunday Night" 1989

★ロビン・トロワー(Robin Trower, 1945.3.9 - )誕生。“Bridge Of Sighs”

★プリシラ・アーン(PRISCILLA AHN. 1984.3.9 - )誕生。"Dream"

★ロイド・プライス (Lloyd Price, 1933.3.9 - )誕生。"Personality"

★オーネット・コールマン(Ornette Coleman, 1930.3.19 - 2015.6.11)誕生。“Tomorrow Is The Question!”

★ヨセフ・ミスリヴェチェク(Josef Mysliveček, 1737.3.9 - 1781.2.4)誕生。チェコ出身の作曲家。“チェロ協奏曲ハ長調”

同時代人であるハイドンの同じ調性の曲によく似ています。

★サミュエル・バーバー(Samuel Barber, 1910.3.9 - 1981.1.23)誕生。“弦楽のためのアダージョ”で有名なアメリカの作曲家。"ヴァイオリン協奏曲 op.14"

ギル・シャハムがこのコンチェルトを録音した2000年初頭辺りから、この曲の演奏機会がどんどん増えてきているような気がします。

このCDでカップリングされている、コルンゴルドのコンチェルトと並んで、現代ヴァイオリニストには必須のレパートリーになりましたね。

時間がない人は、10分過ぎからの非常にロマンチックな第2楽章だけでも、ぜひお聴きください…♪

今日のカバーフォトは、小川町のとあるところにある“桃源郷”と呼ばれる場所です。元々、行き止まりの林道にあるので、あまり知られてなかったのですが、近年有名になって訪れる人が増えてきました。

これは数年前の3月最終週の写真ですが、暖冬の今年はもしかしたら来週辺りにはこんな風景に近づくのかも? と思うとソワソワして、いてもたってもいられない気分になっちゃいますね。

こんな折なので、ご一緒いただける方が少なく、苦悶の毎日ですが、今週末から、2回続けてヒルクライム、そして里山グルメ“花見編”と、少人数でのささやかなイベントを開催予定です。

健康に不安のない元気な自転車乗りのみなさん、ストレスを無理に抑え込まず、空気の良い郊外にお出かけください。そして、私たちのイベントにも参加という形でご支援をいただければこの上ない幸せです。

では、また明日〜!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
norix

よろしければサポートお願いいたします。いただいたサポートを、毎日続ける力に変えていきます!

励みになります!
「奥武蔵自転車旅行社」という1日自転車旅のガイドをしています。一方、雑食的な音楽好きで、自転車に乗っている時も常に頭の中では何らしら BGMが流れています。毎日その日に誕生日を迎えた音楽家について書いていたのですが、この際、ここ noteにまとめることにしようかと考えました。