習い事 その2

おはようございます。今日はタイムマシンに乗って次の習い事へ。フィットネス芸人の松本典昭です。心と身体の弱いノリ少年が少し強くなったであろう習い事がソフトボールなんだよね。小学2年生の時に近所のお兄ちゃんに誘われるがままに習ったのがソフトボール。網干ファイヤーズというチームに所属した。入団当初は野球のルールなんて全く知らなかった。あと監督やコーチがとにかく礼儀とかには厳しかった。両手を頭に組んで守っていた時にすごく怒られたのが最初の記憶。4年生までは補欠で試合に出てない時に友達と試合結果予想ゲームしていた。もっと頑張れよ。俺!

 本格的に試合に出始めたのは5年生になってから。5年生以下はBチームと呼ばれていてBチームのエースに選ばれた。当時同じ学年の友達は体格も良くて野球センスも別格で1つ上の6年生と同じAチームに所属していた。本当に身体も大きくて野球も上手くて同級生だけど別人にしか見えなかったんだよね。練習もAチームのグラウンドでは監督の怒号が鳴り響いてたけどBチームはのびのびワイワイ練習していた。ノリにはその方針があっていて絶対にAチームには行きたくないってはっきりと思っていた。Bチーム最後の大会では打って投げての大活躍で敢闘賞を受賞した。任された時の方が力を発揮するタイプだったと思うんだよな。そしてその後は学年が上がり、恐怖のAチームへ…

 ここからの1年間が恐怖の1年間。練習にも礼儀にも厳しくて今考えたらよくも1年間耐えれたなぁと思う。ソフトボールチームなのに大人が上から全力で投げるバッティング練習(笑)から始まり、守備練習では至近距離からのとんでもない強さのノックが最後という練習内容。毎日、本当に恐ろしい日々でした。よく続いたなぁ。レギュラー選手はマスコットバットを両手で持ってグラウンドを何周も走らされていたし、毎日1000回素振りという宿題まで出されていて次元が違い過ぎていたなぁ。Bチームではエースで活躍していた僕もAチームになるとライトの補欠だったんだよね。ただ持ち前の何でも一生懸命やってみる力は発揮していたので、欠員が出たら大体僕がそこに行かされていたと思う。使い勝手の良いスーパーサブとして1年間働いたよ。基本は補欠だったけど、公式試合にはちょいちょい出してもらっていたかも。何気に最後の大会でホームランとか打ったの覚えてるし、今は高校野球では主流になっている1塁ベースへのヘッドスライディング。僕たちが中学生時代に当時一世を風靡した阪神タイガースのの亀山選手よりも先に1塁ベースにヘッドスライディングした事あるのは密かに僕の自慢です。(誰に自慢するねん。)

 このソフトボールチームでノビノビ野球もスパルタ野球も経験させてもらったのは自分の野球観、人生観を変えるすごく良い経験になってるんだよね。そして何でもすぐに辞めてしまう虚弱体質なノリ少年の心と身体をを少し強くしてくれた習い事なのです。監督、コーチ、仲間に感謝です。現在はなんとその時に一緒にボールを追いかけていた同級生が監督やコーチになってるみたい。本当、人生って面白いよね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!!ウレピーコ!
2
姫路のフィットネス芸人NORIです。 本名は松本典昭(まつもと のりあき)です。 インストラクター、パーソナルトレーナー、芸人という活動を通して フィットネスやお笑いをお届けする何でも屋さんです。