見出し画像

インプットとアウトプットのバランス

こんばんは。
Lila☆*:.。. です。


最近は、タイトルに書いたことばかり
考えています。


というのも、
noteを始めたきっかけが
まさにこの

『インプットとアウトプットのバランス』

だったからなんですよね。


どちらかというと、

情報発信をするよりも
必要な情報をたくさん集め、
自分の中で仮説を立てて
検証していく、

というのが
自分のスタイルで、

けれど、それだと
いつも周りの方から「もったいない」
と言われることの方が多かった
のですよね。


誰のために、
何のために学び、
どのように伝えていきたいのか。。。


そのことに向き合いたいと思って、
出した結論が、
「もう少しアウトプットに注力しよう」
ということでした。


まだまだ量は足りないですが、
まずは、自分が長く続けられるペースで
やっていきたいと思っています。

興味があれば、
これからもどうぞお付き合い
くださいませ♡



さて、そんな
インプットとアウトプットに関連する

《読むこと》と《書くこと》

について、

秘教的観点から書かれているものが
ありました。

↓↓↓

==================

読むことはアイディアに形態を
まとわせることに関係しており、
創造過程における第一段階に相当する。

創造過程において、神は(神の目的と
計画を体現する) 一つのアイディアに
支配され、駆り立てられて、
そのアイディアを望ましい質料へと
転換し、必要とされる外観を
それにまとわせた。

書くことは創造過程を進展させる
方法を象徴しているが、
その意味合いはもちろん遙かに
個人的なものである。

読むことが本質的に、
まとい隠された何らかのアイディアを
認識することに関係しているのに対して、

書くことは、
実に不思議なことであるが、
個人が自らをアイディアと意識的に
関連づけることに関係している。

書くときに使う言葉は、
その人がこのような普遍的な
アイディアをどれだけ把握しているか
を表わす尺度である。

==================

出典:『新しい時代の教育』
アリス・ベイリー 著


とても興味深い内容だと思いました。

読むこと=インプット
書くこと=アウトプット

そう考えると、
何だか当たり前のようでもあるけれど、
秘教的に捉えると大変奥深く、
そして、難しい。。。


どちらかだけ長けていても
望ましい方向へは進まないし、

自分自身としっかり繋がれていないと
そのアイディアの本質の部分にも
辿り着けない気がして……。


この本を読んでいて、
たまたま今日この部分に
差し掛かったのですが、

『インプットとアウトプットのバランス』

が、いかに大切かを
改めて考えさせられた1日でした。



それにしても。。。

創造過程が今どの辺りなのか、
自分でわかったら嬉しいですよね♡

心をクリアにして、
自分自身の光を輝かせていけば、
いつかそんな日が来るのかも!?
しれないですね˚✧₊・⁎⁺˳✧༚





最後まで読んでいただき、
ありがとうございます☆:.。.


#インプット #アウトプット #読むこと #書くこと #アイディア #本質 #秘教 #アリスベイリー #精神世界 #スピリチュアル #note #情報発信 #学び #創造 #想像過程

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます♡ 励みになります☆*:.。.
16
神秘的な教えと言われる【秘教】の観点から、創造性を発揮させるための秘訣について綴っています☆*:.。. 『光(エネルギー)』による統御・統合・構築がコンセプトです♡
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。