ピアニストの傷みと故障

正しいポジションと運指

ピアノは練習するだけ上手くなるという訳ではないようです。正しい指の使い方をしている人は案外稀で、間違った指の使い方をしていた為に上達が止まってしまい、ピアノを辞めてしまう方も多いと聞きます。特に本番は練習とは違い、緊張や間違ってはいけないという強迫観念から指はびっくりするくらい動かなくなります。演奏時の指のカタチが自然に崩れてくるのを実感し、思わず指を強張らせてしまった経験は誰でもあるんじゃないでしょうか。上級者やプロになっても基本練習は欠かさないようです。

指には筋肉がありません

いたずらに指を鍛えることは故障の原因になりますのでやめましょう。過度の緊張を指や腕に強いると故障の原因になります。指を鍛えるのではなく、正しいボジションと運指でテクニックの向上を目指しましょう。特に正しい姿勢、腕の位置、手首と腕のアーチ、手首の角度などを気を付けます。

筋感覚とは?

ピアニストは何故間違わずに弾くことが出来るのでしょう?一曲の中には両手合わせて少なくとも何百もの音符が出てきます。その上、足でペダルを扱ったりもします。目は楽譜を追っていることが多く、右手左手を注意深く一音一音見ながら弾くことは不可能です。ピアノはほぼ左右1メートルもあり、88個も鍵盤があり、左右の手を入れ替えることさえあります。ほとんど神業です。不思議ですよね。ここに人間の能力の素晴らしさがあります。その一つが「筋感覚」です。

例えば、赤信号で車をとめているとき、足首がかゆくなったとします。目は赤信号を見ていますが、手を降ろしてかゆいところを掻くことことが出来ますよね。また、自分の後ろ頭の一部がかゆくなった時、自分は全くその場所が見えていない(後ろ頭ですから)にも関わらず、キチンとピンポイントで触ることが出来ます。

これは人間の五感以外に別の感覚メカニズムが存在することの証しです。

でなければ盲目のピアニスト辻井伸行さんがあれだけ素晴らしい演奏をするのを説明することは出来ません。ピアニストが日々練習によって獲得しているものはこの「筋感覚」だとも言えます。

そして「筋感覚」が働く上で指や腕や体のポジションが大事なことは云うまでもありません。脳が認識しているポジションからずれてしまうと感覚は無意味になってしまいます。ピアノを含めた体、腕、手首、指のポジションを正しい位置に置く事はとても重要なことです。そしてそれはピアニストによく起こる故障の予防にもなります。

脱力こそ全て!

ピアノ上達の秘訣の一つは、間違いなく「脱力」です。これは多くの講師の方が言っていることですが、あまり浸透しているとは言えません。「脱力」といっても、全く力を入れないということではありません。弾く時には指をある程度固くしないと的確に弾くことが出来ません。弾いてない指、手首、肩などの力が抜けていること、これが脱力の本質です。また、脱力には「気持ち」のリラックス作用もあります。TV番組の「TEPPEN」をご存知でしょうか、ピアノ演奏の優劣を競う番組ですが、過度の緊張が演奏者に掛かる演出になっています。普段は楽に弾けるような演奏がいつものように弾けなくなる奏者もいました。リラックスしないと集中出来ないことがよくわかります。

間違った力の入れ方で練習を重ねるのは、かえってマイナスになると思います。大きな音や、速い連打は手首、肘、肩が連動して全身で奏でるもので、指の力だけで行うのではありません。長い間続けると腱鞘炎やジストニアになり、二度とピアノが弾けなくなる可能性があります。いきなりオクターブの連打の練習なんかしてはダメです。アスリートのように準備運動をして、痛いと感じたら休まなければいけません。生徒の中にジストニアの方がいましたが、本当に辛そうでした。普段の練習では症状が出ないのに、ライブや演奏会になると突然症状が現れて、まともな演奏にならないそうです。真面目な性格の人に症状が多いうような気がします。メンタルも関係するのだと思います。

指の神経(腱)は実はとても複雑に出来ていて、間違った力の入れ方や腕のポジションはとても危険です。信頼できる指導者に、姿勢やポジション、指のアーチ、鍵盤とのコンタクトの位置、などをチェックして貰って下さい。例えば「ハノン」を弾く場合、薬指と小指のコンタクトの位置はかなり違います、というか違わなければおかしいんです。長さが違うんですから。

また、上手な方の演奏動画なども参考になります。強い音を出す時にもほんの一瞬しか力は入りません。大きな強い音を出すのは鍵盤を強く押すのではありません、素早く下ろすのです。試してみて下さい。素早く指を動かすには弾いていない指がリラックスしてないと、疲れてしまうことが分かると思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
3
YouTubeで演奏動画のトータル再生が200万回超え、チャンネル登録者1万人のジャズ&ポピュラーピアニスト。普段はCM音楽や劇伴の作曲を手掛けるアレンジャー。ROLAND認定 ピアノ、DTM 講師。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。