見出し画像

栄養士専門転職アドバイス始めます

MOGUらいふとして活動を始めた坂口です。

私の分野は、

・ジュニアスポーツ栄養相談

・栄養士専門の転職アドバイス

ジュニアスポーツ栄養相談は、随時発信してきました

今回は、「栄養士専門転職アドバイス」について

転職はとっても勇気のいること

けど、転職する際に見てしまうのは、「給与」「待遇」「年間休日」「勤務場所」「ザーと書かれた業務内容」という感じ

合わない条件であっても、何かを妥協して面接を受けてみる。志望動機には、「今までの経験を活かします」といったフレーズを並べてしまう

それでもいい職場に就職できることはあります。ただ、就職して仕事に慣れてくるとまた「毎日同じことの繰り返しだな」「この仕事したかったんだっけ?」という気持ちになってくる

何がしたくて栄養士をしているか見えていますか?

栄養士って、一般の人から見ると「給食を作っている人」「病院にいる人」というイメージくらい

それでもいいんです。ただ、栄養士って大げさかもしれないけど、医療費削減できたり、会社の生産性を上げるためのベースの体を作るなどのサポートができる可能性がたくさんある仕事だと思ってます

そんな栄養士さんがもっと身近に、そして「食」「栄養」ということを軸に知識を活用しながら働いていけば、大きな力になる気がします

やっぱり、もっと知識をつけなきゃ!

こういう話しをしていくと・・・「もっと勉強しなきゃ」「まだまだ知らないことがあるから」「私は発言できるほど、知らないから」という声が聞こえてきます

しかし、今まで約4回の転職をしてきた私が思うことは、

知識<経験

なんじゃないか?

知識がたくさんあっても

・生かすタイミング

・生かす場所

・目的

が間違っていたり、明確じゃないと結局自信をなくし、ブレてしまう

そうすると、また「転職」というループに入るか、「栄養士自体の仕事が合ってない」という結論に至ります

まずは自分を知ること

こんなことを繰り返さない、働きたい場所で自分の知識を生かしたいと思ったら、まずは

自分を知ること

何がしたいの?どうして栄養士なの?私は、昔祖母に「のぞみちゃんが、栄養士になってくれたら嬉しいね」と言われたことまで遡りました。それくらい自分を見つめてみると見えてくるものがあります

栄養士という職業、とっても楽しいですよ!私の周りにいる栄養士さんは、使命を持っていたり、とにかく好きでやっている人がたくさん

そんな自分でありたいと思いませんか?

「転職」というワードが浮かんだあなたへ

私の転職歴

糖尿病専門クリニック、産婦人科、特定保健指導、地元スポーツクラブ運営会社、スポーツ栄養運営会社起業、食品加工会社(現在ここ)をしながらMOGUらいふとして活動しています

しかし、これすべて求人票には載っていない求人です。掘り下げていって、気づいていなかったけどすごいのかも(笑)と思いました

しかしここには、コツがありました。そのコツを伝授いたします

サポート内容

・自分の棚卸(今までの自分の振り返り)

・そこから見えてくるもの(何がしたいのか?何に熱が注げるのか?)

・自分に合った会社の検索の仕方

・職務経歴書の書き方(手書きで書きたい方、美文字も教えられるかも笑)

・自分のアピールのポイントを見つける

といった内容で行います

モニター募集します

今回のこのシリーズ5回のモニターを募集します

今回は、モニター5名です

モニター価格:1回のシリーズ当たり1,500円(税込み)

テレビ電話でも可能です。夜が遅い方は、テレビ電話ですと対応できます

お申込みは以下のフォームからお願いします

※お問い合わせ内容の部分に「モニターと記入をお願いします」

※一人で不安な場合は、2名でもOK

自分のこと一度深く見てみませんか?




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

関心をもってもらい嬉しいです!
6
3人の子育てを機に、働き方を模索 パートで働きながらフリーランスで自分のしたいことを仕事に 今までの仕事は、求人票からの応募はせず「働きたい所」で働いてきました アラフォーは働き方に迷う時期 栄養士のライフスタイル発信します! 管理栄養士/公認スポーツ栄養士 鹿児島在住
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。