見出し画像

今までの自分が恥ずかしい

どうも、のんのです。


私は、今年国家試験に挑む大学生です。

今月は、地獄でした笑

今月毎週水曜日は模試の日だったんです…(スーパーの特売日みたい)

計4回の模試をやり切りました

そして、今月の模試は、とても重要な模試でした。

なぜかといいますと、この模試の結果によって、国家試験を受けられるか受けられないかふるいにかけられる模試だったからです。

私立大学はこういうシステム多いんじゃないかなって思います。大学での国家試験合格率をあげるためですね。

このシステム聞いたとき、いや、皆受けさせてよ!と思ったの覚えてます


私が受ける国家試験は、全体の6割取ったら合格ラインとされています。






そんな、私ですが約1ヶ月前までもうボロボロでした。6割なんて今までとったことなかったですし、4割しかとれない人間だったのです。

1月の模試の前は、11月に模試がありました。それが年内最後の模試でした。その時も、4割しか取れなくて、

いやーもう悲惨!


自分的には、勉強頑張ってるのになんで?え、1月でもこの点数だったらやばくない?私、受験すらさせてもらえないかもしれないの?

そんな思いが溢れて、思わず泣きました。



年内最後の模試が、終わってから、約1ヶ月、私は必死になって勉強しました

「いや、最初から勉強頑張れよ笑笑」

って思った人がいるかもしれません。
正論です。もうその通りとしか言えないですね笑

自分的には勉強してるつもりだったんです。あー怖い怖い。

私はどう勉強したらいいのかっていうのもちゃんとわかっていませんでした。

そのため、私は、ひたすら友達にどんな勉強法を取り組んでいるのか聞きまくりました。

幸いその中で自分に合った勉強法を見つけることができたのです。

自分に合った勉強法ってとても大切なんだなって改めて気づきました(遅い)



12月中はひたすら勉強しました。大学が冬休みになるまで、大学の図書館で勉強していました。年末は実家に帰省しましたが、勉強漬けです。ガキ使も紅白も見ることなく年を越し、年始は早めに一人暮らしの家に向かいました。


来たる、2020年1回目の模試。



これはもうドキドキでしたね。

というか、その前までストレスで病んでました。12月はストレスしかなかった。


1回目の模試開始、終了。自己採点。

ここで、驚いたことに6割以上取れていたんです。もはや、学内順位でいえば1桁にランクインしていました。

いや、でも今回の模試が簡単なだけだったのでは?と思って、逆に2週目点数低かったらどうしようって気持ちになりました。


そして、2週目、3週目、4週目…


見事に計4回の模試全て、6割以上キープしながら1月が終わりました。


やり遂げたのです。


今、改めて思うことは、

11月までの私って全然勉強してなかったんだなと思いました。すっっっごい恥ずかしい。


12月に死にものぐるいで勉強して、1月の模試で、こんなにも伸びて嬉しいはずなのにとても恥ずかしい気持ちで溢れました。

なんで私は、ここまで追い込まれないと、こういう状況にならないとやれないんだろう


今までの人生、自分はここまで本気になって勉強していなかったなって思いました。


結果的には、国家試験を受験することができます。でも、このたった数ヶ月を経て、もっと頑張ってみようと思いました。


私は自分に甘い人間です。これでいいやってなりがちです。でも、それを徐々に変えていけたらと思います。


たった数ヶ月だけですけど、自分に厳しくしたら良い結果が得られたんですから。


国家試験の受験資格をもらえたことがゴールではないです。国家試験を合格できないと意味がありません。


国家試験まで残り間もないですが、慢心せずモチベーションを上げて頑張っていけたらと思います!





夢は逃げない、逃げるのはいつも自分。

by某アイドルのお言葉


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
毎日の生活の中で感じたことを書いていきたい。ゆるく更新。大学生活最後の大学生。誰かに私の言葉が響けばいいな
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。