抗重力伸展活動ができない関節で筋のアンバランスが見られる場合

短縮側をストレッチし、伸張側の筋収縮を入れていくパターンは必要

ただ、伸張側は重力に対して負けていて組織の構造力(絶対長)で姿勢を固定保持していることがあったら、【伸張されているのに硬い】可能性がある!つまり緩める
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます😁 またみてみてください!
1
PT1年目 ☺️ 思い付く限りの悩み・閃きを載せていく予定(つぶやきメイン) カラオケ/ダンス鑑賞/basketball/music[GARNiDELiA/家入レオ]/postcard/黒ウィズ[550Lv]
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録