30日間Twitterのタイムラインを見ないで生活してみた
見出し画像

30日間Twitterのタイムラインを見ないで生活してみた

nomi3

約1ヶ月前、私はちょっと隙があると、パッとTwitterのタイムラインを眺めてしまう癖がありました。

タイムラインには秒単位で情報が更新されていき、いつ見ても、どれだけ見ても飽きません。

でも一方で、タイムラインを見る度に、情報の沼から抜け出せなくなってしまい、必要以上に自分の時間と精神が消費されているなという気になっていました。

この消費を無くしたいなと思ったので、この度30日間Twitterのタイムラインを見ないで生活してみました。

ルール

・自分がつぶやくのはOK
・自分へのリプライなどに返事をするのはOK
・DM機能を使うのはOK
・仕事やnote記事執筆のためにTwitter検索をするのはOK

完全にアカウントを削除したり、アプリを消したりしなかったのは、仕事の連絡手段として使っていたり、Twitterのつぶやきを使ったnote記事を書きたかったり、前澤さんのお年玉にワンチャン当選したかったりといった理由があります。


まずは、日を追っていくごとにどのような変化があったかをまとめていきます。

【1日目〜7日目】無意識でTwitterを開きそうになる

朝、起きてスマホを開いたら、Twitterからの通知がきていたので、そのままの流れでパッとTwitterの画面を開きそうになりました。

完全に無意識の行動でした。指が勝手に動いてました。

この生活の序盤は、ギリギリまで勝手に指が動いて、踏みとどまるということをめちゃくちゃ繰り返してました。

この画面と何度出会ったことか。

癖の力、恐るべしです。

【8日目〜10日目くらい】Twitterを意識的に見たくなる

この気づきが個人的に一番面白かったです。

Twitterの制限を始めて1週間くらい経つと、「Twitterをつい見ようとする」という無意識的な行動は少なくなってくるのですが、代わりに「ああー、Twitterめちゃくちゃ見たいー!!」という強い意識が出てきました。

多分、自分の中に「情報摂取欲」みたいなものがあって、それを満たす「情報摂取タンク」みたいなものもあるのだと思います。

Twitterを見ていないと、このタンクが枯渇していくため、満たしたい欲がめちゃくちゃ上がったのだと思います。

渇きを覚えてもなお、我慢していると、その欲を別で満たそうとするのか、今まであまり見てこなかったLINEニュースを見るようになりました。

↑このトーク画面の上に出てくる記事を思わず見てしまいます。そして、その飛んだ先からどんどんサーフィンしてしまいます。

LINEニュースもTwitterと同じように、情報の沼に入りやすいので、これじゃあ意味ないなと思い、LINEニュースも見ないようにしました。

それにしても、LINEって本来知り合いとの連絡手段として使っているものなのに、LINEニュースとか、公式アカウントからのお知らせとか、結構ノイズが多いんだなと改めて気づきました。

【11日目〜】変化がなくなる

この時期になってくると、あまりTwitterが意識に上がってくることがなくなりました。結局30日続けましたが、11日目くらいからは、ほとんど変化はなく、日常を過ごしている感じでした。

経過観察での変化は以上です。


次は、全体的な気づきをまとめます。

【気づき】弱っている時に見たくなる

仕事で失敗をした時や、ちょっと疲れが溜まっている時など、ちょっと自分が弱ってしまっている時に、Twitterを見てしまいそうになります。

この理由の1つは、Twitterを我慢している意志の力が弱くなるからだと思います。

2つ目の理由は定かではないのですが、Twitterから今の自分を励ましてくれる言葉を探そうとしてるんじゃないかなと思いました。

【気づき】仕事が捗る

これは明らかな効果として感じられました。

Twitterを見ないと、集中を切らさずに作業を継続することができ、結果的に仕事が捗りました。(私の主観ではありますが。)

多分、集中曲線がこうなってるんだろうなという分析が以下です。

■Twitter見てる時の集中曲線

作業の合間に少し休憩をとる時、Twitterを見てしまうと、作業への集中がガクッと下がってしまい、元に戻すのにエネルギーを要する。しかも、Twitterを眺めているとついつい休憩時間が長くなってしまう。

■Twitter見ない時の集中曲線

Twitterを見ないと、作業への集中がそれほど下がらずに保つことができて、再びの集中にエネルギーを要さない。しかも、休憩時間もズルズルと長引かない。

気づきについてのまとめは以上です。


最後に、この期間Twitterの代わりにやっていたことをについてまとめます。

【Twitterの代わりに】noteのタイムラインを見る

Twitterのタイムラインを見る代わりにnoteのタイムラインを見るようにしていました。

noteのタイムラインはTwitterと比べて更新頻度が低いですし、noteのタイムラインはTwitterほど沼にハマるような作りになっていないので、依存するような感じはなく過ごせました。

【Twitterの代わりに】ネットラジオを聴き始める

これは、代わりになっているのかちょっと微妙ですが、ちょうどこの期間にハマりました。目の意識が持っていかれないメディアって良いですよね。

ラジオは基本的に作業用BGMで聴いていました。なので内容というよりも、ちょうどいいテンションで話してくれているものがよかったです。

聴いていたチャンネルはこの3つです。

他におすすめがあれば教えて欲しいです!

【Twitterの代わりに】本を読む

普段も本を読んではいるのですが、普段は1冊ずつ購入するのに対して、この期間は1度に7冊をどさっと買いました。

まだ、3冊しか読めていないのですが、読めたものを紹介します。

まとめ

以上、30日間Twitterのタイムラインを見ない生活の報告でした。

今後、タイムラインの閲覧は解禁していく予定ですが、ほどほどに付き合っていけると良いなと思っています。(Twitterの引力、めちゃくちゃすごいので、すぐに元どおりになってしまう気もしています。)

ちなみに、この30日間をダラダラと記録したnoteも出しています。(本当にほとんど編集してなくて、途中から全然関係ないことばかり書いてますけど。)

良ければ、お付き合いくださいませ。

以上!

この記事が参加している募集

習慣にしていること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
nomi3

いつもありがとうございます!

ありがとうございます!ありがとうございます!
nomi3
スタートアップのWEBエンジニアやってます。忙しいんですが、なるべく暇そうなnoteを書きます。キナリ杯で「敗者復活優勝」を受賞。