見出し画像

おならのはなし

女の子は人前でおならなんてしないよ

昔の恋人にそう怒られたことを今でも覚えている。たかがおならと思えたらよかったけれど、あの頃の私は自分を否定されたような気がして、それだけのことにひどく傷ついた。

私は私である前に「女の子」で「日本人」で「人間」であり、そこからはみ出してはいけないのだと、型に押し込まれたような窮屈さを感じた。出るものは出すべきであって、我慢するべきじゃない。そう言われて育てられた、自分の生き方まで否定されたような気がした。

もちろん、家の外ではおならを我慢しているし、身なりや社会人としてのマナーだって、それなりに気をつけているつもりだ。むしろ、実際の自分以上に自分がよく見えるように、精一杯頑張りながら生きている。だからこそ、家の中だけは、素の自分でいられる場所でなければいけないのだ。あの日から、心に誓ったことがある。

おならを我慢しない家庭を築こう。

この世でたったひとり、私のおならを聞く人へ。他人に見せたら醜態だろうが、私は、愛する人とありのままの姿で生きてゆきたい。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、私利私欲のために使います。生きてるだけでお金がかかり、自己研鑽などしなくとも苦労と学びが溢れるこのご時世、自分を喜ばせるための贅沢は悪ではありません。なんなら、今使おうとしているお金、私のサポートではなく、自分のサポートに使って頂いて構いません。あなたに幸あれ。

ありがとうございます
4
星の数ほどある言葉のなかで、見つけて、読んで頂けたこと、素敵なご縁に感謝します。どこかの誰かの人生が、今より少し幸いなものになりますように。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。