新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

NoCoders Meetup#2を振り返ってみる

こんにちは。NoCode Ninjaです。

今回は趣向がガラリと変わりますが、本日3/28(土)に開催されたNoCoders JAPAN主催のイベント「NoCoders Meetup #2 」の出来たてレビューをお届けしたいと思います。

まだ終わったばかりでホッカホカなので、冷めないうちにということで。

イベントの公式ページはこちら

はじめに

元々は都内某所にて定期的に行われる、各NoCoderの方々が活動や知見をプレゼンしたり交流するイベントでした。

が、数か月前からのコロナの影響により、運営側の素早い判断にて完全オンラインイベントに切り替えたのです。

当日も「早い段階で切り替えて正解でしたね!」と皆で談笑していました。

そして、オンラインイベントとして始まります・・・

第一部(前半):Bubble Japan Community(LIBRIS代表 大道峻さま)

Bubble公式認定を受けたBubble Japan Communityの大道さま(LIBRIS代表)からのプレゼンです。

「非エンジニアでも作れる方法を模索の中、たどり着いた解決方法としてのNoCodeの可能性に着目」

というお題のもとに始まります。とてもわかりやすい資料と解説の元、参加者の方々の反応も良い感じに進んでゆきまして、僕自身も勉強になるな~と思いながら聞いておりました。が、事件が突然起こります・・・。

事件は突然に・・・。

「0q¥4:3rhfxvr?」

ここまで複雑でないにしても、全く関係のない英語が。「ん?回線が混じってる?」と一瞬思いましたが、思い返してみるとそんなわけもなく。そのあと間もなく、ハングルやらタガログやら複数の言語が飛び交い、画面が荒らされてゆきます。

「!?!?!?」

ここでなんとなく感じました。「やられた・・?」

Zoomにてしばしば起こっている、クラッカー集団のようです。詳しくはこちら。

しかし立場上運営側でもなく、状況は確定しているわけでもない中で自分が出来ることの少なさもあり・・運営側の判断で一時中断を余儀なくされました。

対応に追われる運営の方々など最初はなすすべもない状況でしたが、その中で登壇者の一人の高木さんによる参加者や周辺の方々へのフォロー、Sho Tさんの解決策の掲示、皆様のアイディア出しなどなど一人一人に出来ることを一人一人が見つけて実行していった感じが徐々に出始めます。

そんな中で自分が考えて考えて出来ることは、「復活したら、トークなどで司会して引っ張って盛り上げよう」でした。

起こったことは振り返っても仕方がありません。そこから何をするか?の一点集中です。

そして参加者さまの中にZoomに詳しい方がいらっしゃってDM&Skypeの上アドバイスをくださったり、チャットやコメントで「頑張ってください!」などの声をいただき有難かったです。

そして対応策を考え、(日本独自のパスワード何にする?など真剣に話し合っていました。笑)

無事再開です。しばらくするとまた、多くの方々に戻ってきていただけました。

そこからはトラブル無くBubble Japan Communityの大道さまのプレゼンも終わりました。しっかり用意されていた資料だっただけにこの展開となるのは複雑な気持ちだったかと思います。。お疲れさまでした!

第一部(後半): ハッシャダイ/ N高 高木俊輔さま

NoCode界隈でも有名なお方です。上記はもちろんのこと、登壇前もツイートで発信もしていただいていました。お題は、

「一度クローズさせた新規事業をNoCodeによって復活させた話」

いざ始まるとさすが、自分の言葉でしっかりと話されていたのが印象的です。説得力があり、参加者の方々からも「わかりやすい」など反響をいただいていました。

質問コーナーでも真摯に答えておられました。

第二部:NoCode Ninja

いよいよ、Ninjaの出番です。色々あって気持ちだけは温まっていましたので、スッと入ることができました。お題は、

NoCode Live「30分でログイン機能を備えた掲示板スタイルのサイトをその場で作る」

30分しかないので高速でやらないと間に合いません。でも、ただ間に合わせるだけではライブの意味がありません。きちんと解説を入れながら楽しんでもらうことを忘れずに高速で作っていこう、と自分にルールを課していました。

正直申し上げますと自分がイメージしていた形とは違った展開になってしまいましたが、これがライブの醍醐味とも言えますので想定内とさせてください(笑)

ログインしないと書き込みができない掲示板を作り、出来上がったものを皆に書き込んでいただくことでその場全員でライブ感を楽しんでいただくという企画でしたが、出来上がって書き込んでいただいた時、やっぱりうれしかったですね~。

実際に作ったサイトはこちら。書き込みよろしくお願いします(笑)

色々ありましたがどんどん増えてゆく書き込みを見て、盛り上がって楽しんでいただけたかなと思えた瞬間でした。ありがとうございました!!

第三部:NoCoders JAPAN Sho Tさま

そして、NoCoders JAPANのSho TさまのNoCoders JAPANのこれからの活動についてのプレゼンです!

かなり色んな構想をお持ちでおられるなぁと思える内容で、これからが楽しみです・・!Ninjaもこれからご協力させていただければ幸いです。

今回想定外のことも起こる中で、しっかりとこなされていたのがさすがでした!

第四部:会場の皆様との交流

こちらはZoomの機能を使って、部屋をいくつかわけて4~5人でのフリートークでした。色んな方々がいらっしゃって、詳しい方もそうでない方も参考にさせていただける内容のトークができたように思います。

おわりに

いやー色々ありましたが、無事終えることができました。

Sho Tさんはじめ運営のSさんお二人、大道さん、高木さん、そしてご参加いただいた方々!皆様おつかれさまでした♪

色んな意味で今後も語り継がれる一日になったのではないでしょうか(笑)

暖かい皆様に迎えられて、結果的にオンラインイベントも良いなぁと思えた内容でした。

Ninjaとしては次回決まっているわけではありませんが、またの機会にはお力添えをさせていただきたい所存です。

長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。

これからのNoCode界に、幸あれ!!!


---


以降は筆者、NoCode Ninjaのコンテンツについてです。

筆者もNoCoderとして、有益になるような様々な情報を発信しています。

日本初のNoCode専門オンラインサロン「NoCodeCamp」運営中!


オフィシャルサイト「NoCodeBank」もBubbleで製作しました。


そして、NoCodeを通じて得た知見や情報をTwitterにて毎日発信中です。


また、Youtubeにてレッスン動画も配信しています。


是非フォロー、チャンネル登録お願いします。

NoCode調査部もよろしくお願いします!


それでは、また!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

日本の人材不足を解消するためにも、NoCodeを本気で広めたいと思っています。 是非サポートお願いします!

ありがとうございます😆😆NoCode広めていきます😍
4
日本初のNoCode専門オンラインサロン「NoCodeCamp」運営中。 https://lounge.dmm.com/detail/2549/ プログラミング不要の「NoCode」を発信します。 作ってみたいサービスや企画などありましたらTwitterよりDMください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。