見出し画像

あなたの前に一本のコカ・コーラが配られています。

あなたの前に一本のコカ・コーラが配られています。それによってあなたの中にひき起こされる自由な考えを、1200字以内で記しなさい。
('98年・多摩美術大学)

 さすが美大というべきか。小論文のテーマも一般の大学とは一味違う。コカ・コーラの瓶から、いったいどんな考えが引き起こされるというのだろう。

 パッと思いつくのは、映画『ブッシュマン』(古くてすみません)のオープニング。自家用飛行機を操縦していた白人が投げ捨てたコーラの瓶を主人公のブッシュマンが拾ったところから物語は始まる。そこでは、コーラの瓶は西洋文明の象徴として描かれていた。が、そんなオリジナリティのない解釈じゃ、とても高得点は望めないだろう。このテーマで1200字くらい書けるようでないと、多摩美の門はくぐれないというわけだ。

 多摩美は、毎年のようにこうしたシュールな問題を出題している。コーラの翌年の'99年は新聞紙を配り、「この新聞によって考えたことを、1200字以内で自由に記しなさい」ときた。'00年には「あなたの前に手袋が置かれています。それを見たり触ったりすることによって呼び起こされる考えを、1200字以内で記述しなさい」、そして21世紀最初の年である'01年には「各自にフロッピーディスクが配布されています。このフロッピーディスクには『二十世紀の歴史』が記録されています。このことをふまえた上で、自分の考えるところを、1200字以内で自由に述べなさい」という問題が登場しているのだ。

 コーラ、新聞、手袋、フロッピーディスク……。どれも日常に転がっているものだけど、そんなありふれたものからでも何かを感じ取ることが、芸術家への第一歩ということか。

(※2005年に某誌より依頼を受けて拙著『笑う入試問題』から抜粋・再構成した記事が先方の都合でボツになりました。そのときの原稿を順次掲載していきます)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
13
流しの編集&ライターです。「南信長」名義でマンガ解説も。著書『字が汚い!』『虎バカ本の世界』ほか。南信長名義では『現代マンガの冒険者たち』『マンガの食卓』など。企画編集を担当した『文藝別冊・望月三起也』、南信長名義の新刊『1979年の奇跡』が絶賛発売中!

こちらでもピックアップされています

笑う入試問題
笑う入試問題
  • 11本

本当にあった変な入試問題を集めました。

コメント (4)
美大なので、てっきりコーラの瓶を写生するのかと思ったんですが、違いましたね。
デッサンなら納得なんですけどねー。
《反省的考察》は照らし返しがそのうちにあるのでさほど無防備でないとしても、普通の意味で「反省している」ことその時は単に無防備であるようなものだ、とするのなら、前者は氷の入った良く冷えたコーラでしかも必要不可欠なレモン入りくっきりした爽涼観なのに対し、後者はどこまでもぬるいコーラで、気の抜けっぱなし感は突き抜けており、黄昏時をもとうに過ぎる頃に突入する消尽期にあるとコーラそのものいつしか飲み干し、コーラそれ物自体もしっかり消すことの表現なのだろうか、と司法的におうかがいするのならばこの場合、逆に甚だ無粋であるのだろう。ふむふむ。では芸術の道へとお進み下さい。
勉強になる〜。みんなの解答も見てみたい^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。