タロウで一番好きなお話は?
見出し画像

タロウで一番好きなお話は?

 ここ数ヶ月で『ウルトラマンタロウ』の虜となった針又のぶかです。

 タロウは良いですね。
 二ヶ月くらい前に無事完走したんですが、今でも時々見たくなってレンタル屋さんに借りに行くことがあります。仕事が終わって疲れた後とかに見るのが丁度良い。
 怪獣もエピソードも個性的で面白いものが多かった。火山怪鳥バードンは今見ても震えあがるほど怖かったし、再生エレキングは「怪獣の角で入れ歯を作る」というぶっ飛んだ展開が滅茶苦茶面白い。メフィラス星人二代目は悪い意味でネタにされがちだが、入院した野球仲間を野球サインで見舞いに来る場面などがグッとくる回だったね。

 今回は、そんな『ウルトラマンタロウ』の中で好きなエピソードのお話になります。

画像1

 キノコ怪獣マシュラ登場!
 色々な回がありますが、個人的にもっと知られても良いと思う名作回は、この第31話『あぶない!嘘つき毒きのこ』ですね。

 マシュラ?何だそれ?そんな怪獣いたか?………と言われてもおかしくないくらいドマイナーだと思う。そもそも何故出現したのかもよく分からない怪獣で、目的も謎が多い。結局あいつはキノコ人間を増やして一体何がやりたかったんだろう??

 まぁそんなマシュラだが、この回は脚本がなかなか良い。
 ゲスト大助少年はカギっ子。両親共働きで夕ご飯も一人で食べることが多く、テストで良い点を取っても褒めてくれる人もいない。そんな寂しい生活の中、東光太郎が「植物と会話が出来る通信機(試作品)」を大助少年に貸し出す。植物の会話を楽しむ大助少年だが、アスファルトの中から苦しそうにもがく怪しすぎるキノコを発見する………。


 この回で注目したいのは、大助少年の家は決して生活が苦しいわけではないということ。母親は常時パートに出かけているのも、その理由は高級なステレオや食事を楽しむため。どうやらマンション内での人間関係も大変らしく、近所の田口さんや石堂さんは頻繁に高級レストランに行っているよう。母親の一方的な見栄のために子どもを放り出してパートに出かけているのだ……

 ―――と言うのも少し違うのがミソ。大助母のセリフから分かるのだが、この贅沢は母親なりの子どもへの愛情表現なのだな。大助母は近所と同じ優雅な生活をさせることで、惨めな思いをさせない。コレが大助少年にとって大切な事、良い事だと思っているわけだ。

画像3

 事件はやがて大きくなり、キノコ怪獣マシュラが大助少年を拉致し、団地の住民をキノコ人間化。巨大化したマシュラはZAT隊員をもキノコ化させ、タロウを圧倒するのだ。

 言うまでもないことだが、マシュラは最終的に倒される。
 大助少年も無事救出され、両親との再会を果たすことになる。

 この時、大助母は悔やむあまり「パートなんか辞めて、これからはずっと家にいるから」と大助少年を抱きしめるのだが、それに対して大助少年は………

「いいよ、遠慮しないで働きに行けよ。母さんは家でじっとしてるだけじゃないし、それに僕はもう一人でも寂しくないんだ」

 このセリフはちょっと驚いた。
 放送は昭和48年。男女平等とは言え、今より性役割が強く残っている時代だ。実際タロウの他の回でも、そういうセリフや描写をちょいちょい見かけるし、今の視点で見ると度の過ぎたものもある。だから時代背景と物語展開から(あまり使いたくない言葉だが)母親の犠牲を肯定する結末になるとばかり思っていた。
 ところが大助少年は、働く母親を肯定したのだ。そのおかげで大助少年はもちろん、母親にも救いのある結末となって非常に後味が良かった。

 私がマシュラの回がかなり好きなのは、大人が子どもに与えるもの、子どもが大人に求めているものの齟齬、そしてその和解をしっかりと描いている点。良くも悪くもジェンダーが話題となっている現在では珍しくないが、昭和40年代に「母さんは家でじっとしてるだけじゃない」と言わせたのは正直凄いと思う。

 この回の脚本を担当しているのは大原清秀さん。『特捜最前線』では「ああ三河島・幻の鯉のぼり!」、『江戸川乱歩シリーズ明智小五郎』では「白昼夢殺人金魚」といった大傑作を生みだしている。
 『ウルトラマンタロウ』にも何度か参加していて、特にトラウマ回として有名な植物怪獣バサラが登場する第11話も手掛けている。個人的には「最近の女は母親としての自覚がない」と軽率な発言をした南原隊員に、女性隊員が反感を持つ描写が印象に残っている。


 タロウにもマニアの間で語り継がれる数々の名作回……と言うのがあるし、実際それはどの回も面白い。ただマシュラはテンペラー星人やバードンのようなインパクトに乏しく、あまり注目されてないのが残念。個人的にマシュラはウルトラシリーズ史に残る「隠れた名作」と言っても過言ではないと思う。
 もちろんアクションや特撮も派手で見所もあるので、知らない人は是非とも見てほしいな。

 


 では失敬…………

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
普段は仕事をしながら、マンガやイラストを描いています。特撮やアニメ、そして日本映画が大好き。将来は~~なんて夢を見ながらのんびりと一生懸命生きています。よろしくお願いします。 pixiv:https://www.pixiv.net/users/9737684