見出し画像

【合格への近道】42Tokyo入学試験、Piscine前にやっておくべき準備TOP3

 こんにちは、42Tokyo在学生のはっしーです。前回の記事では、42Tokyo、Piscineについて話しました。

 ここでは、具体的にPiscine(ピシン)前にやっておくべき準備TOP3を紹介します。筆者がプログラミング未経験、大学・仕事との両立をしながらでもPiscineを合格できたのは、これらの準備のおかげと言っても過言ではないです。

Piscine前にやって良かったこと

3位 C言語の勉強

発表されている通り、42ではC言語を主に扱います。C言語を勉勉強しておけば、良いスタートダッシュができるでしょう。
少しC言語を学んだ程度で突破できるほど、Piscineは易しくないです。それでも、事前にC言語の概要を知っていたのは非常に良かったです。(詳しいことは言えませんが、、)

筆者はAmazonで評価が高かった2冊を読みました。Amazonのレビューを見て自分で決めていただきたいですが、非常におすすめです。



【Kindle Unlimitedに登録しておく】

Kindle Unlimitedでプログラミング関係の本も多くあるので、コスパ良く幅広く学びたい人にはおすすめです。42では入学後にサーバーやネットのことなど広い範囲のことを学ぶので登録しておけば後々便利だと思います。




2位 Piscine中の日程をできるだけ空ける。

Piscineは非常にハードな試験なため、どれだけ時間を割けるかが非常に大事になってきます。できるだけPiscineだけに集中できるよう、予定を空けておきましょう。(筆者はバイトを週1にしてもらいました。)

髪切りに行ったり、病院行ったりする時間も惜しくなってきます。そういったことも済ませておきましょう。

画像1

1位 プログラミング環境を整えておく

画像2

1位は環境を整えておくことです。Piscineでは毎日何時間もプログラミングをする必要があります。その時間をより快適かつ効率的になる周辺機器を揃えておくことは本当に大事です。(上の写真は筆者の作業環境)
42入学後も使い続けるものなので、本気で入学したいと思っている方はこだわりたいポイントです。

ここでは、筆者がPiscine中に本当に買って良かったと思った、三つのものを紹介します。

①サブディスプレイ

ディスプレイがあると表示できる範囲が広がるため、格段に作業効率が上がります。Piscineではウィンドウを同時に3枚以上開きたい場面が多く、非常に助かりました。正直、サブディスプレイは必須だと思います。

筆者は大学生なので、HPのめちゃくちゃ安いものを買いました。資金に余裕があったらウルトラワイドディスプレイが良いよ、と他の方にはおすすめされました。(大学生には買えない、、)

②ヘッドセット(マイク付き)

Piscine中は毎日3時間以上はチャット通話することになります。イヤホンだと耳が痛くなるので、長時間使っていられるヘッドセットがおすすめです。
筆者が買ったのはマイク付きで評価が高かった、Razerのヘッドホンです。個人的には充電を考えなくて良い有線が良いかなと思いました。

③ホットアイマスク

これは疑問に思った方もいらっしゃると思いますが、絶対に買った方が良いです。Picine中は1日8時間以上はPCを見ることになります。目の疲労は半端じゃないです。筆者は二重が一重になり、目が段々開かなくなってきました。笑

目の疲労回復&リラックスのために、買っておいて損はないと思います。

その他

その他、Piscine前に買ったもののリンクも貼っておきます。上記三つほどではないですが、役立ちました。

まとめ Piscine中はとにかく時間がない。事前の勉強&効率化が大事!

ここまで、Piscine前にやっておいて良かったことを紹介しました。Piscine中は本当に余裕がないです。Piscine中、どれだけ効率的かつ長時間集中できるかが合否を分けるといっても過言ではありません。

Piscineを受けるみなさん、42Tokyo本科で会えることを楽しみにしています。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

【前記事】


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
松屋じゃなくてすき家してくれてありがとう!シェアしてくれたらすき家!
11
ノースキル文系を克服することを目指す、ゴリゴリの私立文系学生。 プログラミングスキルを手に入れるために、42Tokyoに在籍。 「文系だけど、何かスキルが欲しい!」、「就職怖すぎ、、」と感じている人達へ、参考になる情報をまとめていきたいと思っています。