入社エントリ


はじめに

はじめまして.株式会社Acomapany エンジニアの「ここに名前が入る」です.7月末でAcompanyを退職することになりましたので,心機一転入社エントリを執筆しようと思います.

入社エントリとは

入社エントリは,入社に関する何らかの事柄をまとめて投稿したもの全般を指します.内容は人それぞれで,自己紹介や入社理由,入社後の感想や今後やっていきたいことなど様々です.体感では「社内の人に自分を知ってもらう」ことを目的とした内容が多いよう感じますが,「社外の人に入社した会社がなぜ良いと感じたかを共有する」ことを目的とする記事やそれらのハイブリット記事などもあります.
ハイブリッドは目的がチグハグになるので避けるとして,本記事では「社内の人に自分を知ってもらう」ことを目的として,時代を追いながら以下の項目について記していこうと思います.

  • 入社前に自分が何をしていたのか

  • なぜAcomapyへの入社を決めたのか

  • 自分の就職感

入社前

学生時代

自分は社会人としての1社目がAcompanyだったため,入社前は学生をしていました.エンジニアを目指す学生は学生時代からバリバリ開発をしているというイメージがありますが,私はそんなことはなくほとんどゲームをして過ごしていました.よくやっていたゲームはモンスターハンターファイアーエムブレム競技プログラミングです.多分この期間が人生で一番怠惰な時間を過ごしていたと思うので,退職後はもっと怠惰になっていきたいです.

就活期(学生)

怠惰な生活を送っている中で,周りがちらほらと就活を始めていたので流れで就活を始めました.とりあえず適当に受けたところ,「技術力は十分だが,弊社に来たいと思ってなくない?(意訳)」というフィードバックを頂きました.バレたか,と思いました.
当時の私は「自分がやりたいことができる会社に入る」ことを目標に就活を進めていました.しかし,そもそも仕事で自分がやりたいことなどなかったため,入りたい会社が存在しない状態でした.それでも周りの流れに合わせて就活はしてみたものの,入りたいとは思ってないことはバレることが分かったため,次のようなことを考えました.「会社側は入りたいと思っている人を入れたい,自分側は入りたいと思っている会社がない.なら誰も得しないしもうどこにも入らなくていいや,就活やーめよ」こうして就活をやめました.
内定がないのに卒業するのは意味がないと思ったので,1月頃に指導教員に「修論書きません!」と宣言をしました.しかし,その後お世話になっている先輩から私のために追いコンを開いてくださると連絡を頂き,卒業しないのに追いコンを開かせてしまうのは失礼だなと思い,とりあえず修論を適当に書きました.ギリギリだったので,指導教員はもちろん誰にも見せることなく提出したのですが,なぜか卒業できてしまいました.これで卒業できてしまうこの大学の仕組みにはいささか疑問を感じます.

無職期

就活をやめて内定がないまま卒業したのでそのまま無職になりました.無職期間は実家で過ごしていたのですが,当時はコロナウイルスが流行っており,親は内定がない理由を勝手にこれのせいだと勘違いしていて特に責められませんでした.
この期間は相変わらずゲームをしていました.たまに社内の方が私のことを他人に紹介するときに,前職はハンターをしていたと言うことがあります.これは無職期間にモンスターハンターをしていたことに起因しています.ただ,実際はファイアーエムブレムをしていた時間の方が長いです.自分から前職ハンターとは言ったことがないと思うのですが,気付いたらこういうキャラになっていて今更訂正もできないで,ここでひっそり訂正しておきます.前職は世界を救っていました.

就活期(無職)

人の世界では多くの場合で何もしない人間が生き続けていられるようにはできていません.ちょうど無職期間で区切りの良い出来事があったため,そこで就活を再開することにしました.
しかし,相変わらずやりたいことはなかったため,「自分がやりたいことができる会社に入る」を目標にしたままでは会社は見つかりません.そこで視点を変えて,「自分が役に立てる会社に入る」という目標に変更しました.この目標に変更したことで,自分の興味関心に関係なく能力依存で会社を探すことができ,就職しても良いと思えるようになりました.

就職

就活サイトで様々な企業を眺めていく中で一つの企業に目が留まりました.それがAcompanyです.サイトには当時Acompanyが開発していたプロダクトに使用されている技術が載っていたのですが,なんとその略称が学生時代に私が所属していたサークルの略称と全く同じでした.これは入るしかないと思い,面接を申し込んで入社させて頂くことになりました.
当時の私はAcompanyの技術領域について全く知らなかったため,「自分がやりたいこと」で探していてもAcompanyに全く興味を持てなかったと思います.「自分が役に立てる」ことを主軸に探したことで,役に立てるかどうかを判定するためにブログ記事などを拝見して知識を吸収,興味を持つ,のように1ステップ挟んで興味を持てた為,本当に良かったと思います.

入社後

入社してからはかなり好き勝手にやっていました.退職直前に入社エントリを書いても大丈夫,というかそもそも勝手に書いて投稿していますが,それでも許されるような環境なのですごいと思います.
「自分が役に立てる」ことを目標にしたので実際に役立ったかは気になるところですが,これは主観的には判断できないのでここでは述べません.

おわりに

本記事では入社エントリと題し,大学時代から入社にいたるまでの私の人生の一部を紹介しました.自分はあまり先のことを考えないタイプなのですが,それでも何やかんやで生きて来れてAcompanyにも出会うことができました.でも先のことを考えてないので意味もなく退職して遊びます.

採用情報

社外の方向けの情報で恐縮ですが,Acompanyに興味がある方がいらっしゃればぜひ以下採用情報をご閲覧ください.2024年9月30日までに応募頂ければ最大100万円プレゼントのキャンペーンも実施中です.
「過去にもご応募いただき、カジュアル面談や選考を受けたことのある方」はキャンペーンの対象外のようで,残念ながら私は対象でないです.本記事を閲覧頂いてるみなさんはぜひ私の分まで恩恵を享受してください.

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?