No Borders
★満席★【2022年8-10月】自分の中にARTを持て(JAM)5期
見出し画像

★満席★【2022年8-10月】自分の中にARTを持て(JAM)5期

No Borders

唯一無二の自分の人生を創造する力を育むワークショップ

本プログラムは、誰もが持って生まれてきた「創造する力」を育み、自分の人生を生きていきたい方を熱烈サポートするプログラムです!

このプログラムでは、アートに浸り手を動かし続ける3ヶ月を過ごしていきます。アートと言ってもパッと想像してしまうようないわゆる芸術家になることを志向しているわけではありません。

「子供は誰でも芸術家だ。問題は、大人になっても芸術家でいられるかだ」

これはパブロ・ピカソの有名な言葉です。

我々は、この芸術家という表現を画家に代表されるような職業という風には捉えていません。芸術家とは、本来生まれながらにして持っているモノの見方や考え方、創造する力にアクセスしてそれを最大限に発揮している人だと思っています。

そうです、我々は誰もが皆、芸術家なのです!

画像1

3ヶ月のオンラインプログラム

様々な要素が複雑に絡み合う複雑性の高い時代に求められる力はなんだと思いますか?

それは「創造する力」です。これまでの時代は、過去のデータを分析し、論理的思考で情報処理を行い、最適解を最短で導き出しエラーを排除するためPDCAを回していくことが求められていました。

しかし、この時代において、その最適解をもってしても上手くいかない現実を我々は目の当たりにすることになりました。例えば、リーマンショック、東日本大震災やコロナの大流行などは予測不可能であり、過去のデータを用い論理的情報処理を行ったとしても、解を導き出すことは非常に難しく、何をもって正解とするのかという判断基準もわかりません。

つまり、論理的思考だけではこの時代を生き抜いていくことは厳しくなってきてしまったのです。

そんな時代に我々の力になってくれるのは「アート」です。これまでの「当たり前」も包括しながら、さらに、これまでとは全く異なる視点から世界を観て「創造する力」を育んでいく3か月を過ごしていきましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。

自分の中にARTを持て!(通称JAM)では、クラスごとに名前がつけられています。
第1期「ダヴィンチ」
第2期「ミケランジェロ」
第3期「バッハ」
第4期「北斎」

そして、今回募集するのは第5期「ピカソ」です!!

世界中から愛されているピカソ
「20世紀最大の画家」パブロ・ピカソ。 彼は近代美術を語る上では欠くことのできない人物です。鮮烈な個性、類まれなる戦略性とあふれ出す情熱で人々に驚きと感動を与え続けてきました。

あなたも「ピカソ」クラスで自身の可能性を探究してみませんか?

私たちが案内人です!

20220112繝弱・繝帙y繝シ繧ソ繧吶・繧ケ繧・tennen-studio-19 (1)

🌱追伸🌱
今、募集中のワークショップのご案内です。ぜひ、ご覧ください!


この記事が参加している募集

多様性を考える

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
No Borders
コーチ養成機関CTIにてコーチングの学びを通じて知り合った松下琴乃、渡部優一、近藤淳子の3人からなるTeam。あらゆる枠を超えた活動を通じて、世の中に面白いかつ新しいシナジーを生み出す事に挑戦している。2022年ついに合同会社NoBorders設立!