新型コロナ騒動で大変なご時世ですが、事業拡大のためにオフィスを移転しました。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

新型コロナ騒動で大変なご時世ですが、事業拡大のためにオフィスを移転しました。

お久しぶりです。ナンバーナイン・取締役CXOのころくでございます。新年明けましておめでとうございます。

タイトルの通り、ナンバーナインは2021年1月5日を持ちまして五反田の新オフィスに移転しました。

▼新オフィス住所
〒141-0022 東京都品川区東五反田5-21-13 中丸ビル5F

今回の移転は、シンプルに事業拡大と人員拡大が理由です。おかげさまで、移転前はキャパ13名だったオフィスが、移転後はキャパ20名+打ち合わせルーム+テレカンルーム(2部屋)と広くなりました。

画像2

画像2

▲けたたましく鳴り響いた渋谷再開発の工事音が懐かしい前のオフィス。
▼天井ぶち抜きコンクリ打ちっぱなしの足元が超寒くて5階まで階段の新しいオフィス。おしゃれは我慢から。

画像3

画像4

移転前と比べて家賃も上がりますが、面積は2倍でも家賃の値上がり幅は8万円程度。コストUPは最小限に抑えられたのではないでしょうか。

5階までエレベーターなしの階段出勤というデメリットとも捉えられかねないポイントはありますが、毎日いい運動ができて最高の環境だと思うようにしています。何事も発想の転換が大事ですね。

一昨年には宮崎オフィスの立ち上げを行いましたが、東京オフィスの移転はこれが二度目。2016年11月29日の創業よりお世話になっていた渋谷区に別れを告げ、五反田の地で心機一転ハチャメチャに働きたいと思います。

オフィスはスタートアップにとっての生命線

新型コロナウイルスの影響で、多くの会社がリモートワーク推奨になったり、原則リモートワークになったりする中でオフィスをなくそうという声も耳にするようになりました。拠点をシェアオフィスに移すといった会社もちらほら見られます。

ナンバーナインも、今では月曜日以外はリモートワークを推奨しており、出勤するにしても満員電車は必ず避けるようにしてもらっています。そして、1月7日に緊急事態宣言が発令されたため、来週からは全営業日原則リモート化を行う予定です。

そんな中で、なぜナンバーナインは移転費用を捻出し、よりしっかりしたオフィスを構える決断に踏み切ったのか。理由は、物理オフィスの存在がスタートアップにとっての生命線になると考えているからです。

難易度の高いミッションの実現に向けて日々邁進するスタートアップ、特に特定のプロダクトを持つスタートアップにとって、オフィスは高い熱量を純度100%で感じられる、カルピスの原液のようなもの。

日々チャレンジングなプロジェクトに取り組む中で、「なんでこんなことをやっているんだろうか」と思う人も出てくるかもしれないし、途中で挫けそうになることだってあるかもしれない。さらに一人で仕事をしようもんなら、ネガティブな思考に拍車が掛かって辛さやストレスも倍増していくことは想像に難くありません。

でも、そんな状況を隣で同僚が見てくれていたり、軽い愚痴でもこぼせるような仲間が同じ空間にいたりするだけで、たったそれだけで気分が楽になったりします。不思議ですね。不思議だけど、わりとそういう場所っていうのは代替可能性の低い特別な価値があるんじゃないかと思います。

スタートアップにとって、そうした情熱やモチベーションを維持することも大切ですが、加えて大切なのがスピード感です。弊社では今の所リモートワークが原因で大きなトラブルが発生したという報告はありませんが、いかに必要な情報を必要な熱量で全員に時差なく共有できるかはとても重要なことだと捉えています。

リモートワークだと、好きな時に好きな情報を好きな分だけ切り取って享受することができます。ただし、他者やチームとの同期性を保つことが中々難しいなと感じています。(この課題を解決するために、弊社では毎朝と毎夕に全員で集まって情報共有会と雑談する時間を設けています)

この点においては、企業によって考え方が様々でしょうが、ナンバーナインは開発者よりも営業や制作、編集の人間が多いというのもあって、オフラインコミュニケーションは大切にしています。

こうした問題も、物理オフィスがあればわりと一気に解決します。他にも色々とオフィスのメリットはあります(雑談から新しい仕事が生まれるとか、中途入社組の信頼関係構築スピードが早いとか、情報共有スピードが早いとか、おもしろい漫画を借りられるとか)が、モチベーションの拠り所として、そしてプロジェクト推進装置としての物理オフィスの存在は、小規模スタートアップにとって不可欠で、生命線と言っても過言ではないのかなと思います。

気軽にオフィスに集まれる日が訪れるまで……。

オフィスをなくしてフルリモート化し、あらゆる業務をデジタル化することでコスト削減や業務効率化を図ることは、短期的な目線では確かにできると思います。が、可視化しきれない大切ななにかがなくなってしまうのがこわいなぁというのも正直な意見です。

と言いつつも、来週からは原則リモートワークです。でもいつか、また自粛しなくてもいい日が訪れた時に、みんなが集まれる場所、心の拠り所としてのオフィスを守っていきたいです。

こんなご時世なので中々直接会うことは難しいかもしれませんが、「ご近所だよ!」っていう方がいらっしゃったら是非お声がけください。世の中が落ち着いたら、お茶でもしましょう。

そして、お祝いに何か贈るよ!というステキな方がいらっしゃいましたら、以下のウィッシュリストよりポチッとしていただけると弊社の成長が加速します。

▼新オフィス住所
〒141-0022 東京都品川区東五反田5-21-13 中丸ビル5F

▼ウィッシュリスト
https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/8JLE5J7XW0SS?ref_=wl_share

執筆: タクヤコロク(ナンバーナインCXO)
※Twitterフォローお願いします



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
デジタルコミックエージェンシーの株式会社ナンバーナインの公式noteです。弊社のニュースやキャンペーン情報など、様々なコンテンツを提供していきたいと思います。