見出し画像

新卒平均年収300万円は本当に妥当なのか

就活に励む学生にとって、志望動機を考えたり自身の適正を見極めたりすることは、大切です。
ここ最近の傾向としては「仕事のやりがい」や「社会貢献」を軸にしている学生も多いですが、やはり最大の関心事といえば、給与、特に初任給ではないのでしょうか。というより気にしない人はほとんどいないでしょう。

横並びを常とする多くの日本の企業は、初任給も似たような額面となっていますが、世の中にはびっくりするほど高額の初任給を出してくれる会社があります。また生涯年収で見ても、目を丸くしてしまうほどの給与を出し続けてくれる会社もあり、入社する企業によって、実態は千差万別です。

初任給20〜25万円が平均値となっている現在、私個人的には学生の価値を適正に判断出来ていないのではないかと感じています。
企業側にはもっと学生の価値を正確に判断して欲しいし、選考するからにはその義務を果たして欲しい。そう思ってこの記事を書いていきます。

野村證券は平均年収1132万円

安定して給与が高水準な業界、金融業界。
中でも日経大手金融業の中で一際存在感を示すのが<8604>野村證券株式会社です。

早速、報酬の水準を見てみましょう。
初任給こそ新卒で 24万円程度と平均的ですが、30歳の年収は1000万円超を狙え、40歳では2000万円に届く可能性もあります。また、生涯給料も約5億円と非常に高水準となっています。

平均的なサラリーマンの生涯賃金は2億〜2億5000万円程度といわれていますし、外資系に比べ日系企業の給与は低いという一般的なイメージもあることから、この高給ぶりは驚異的です。
また、新卒一年目の社員にも初任給54万円という破格の待遇を出す総合職Cコース(2016年調べ)というものが存在しました。現状は無い様子。

野村證券は会社経営者や医師など所謂富裕層を顧客として抱え、資産運用を中心にリテール営業の手数料収入が収益の柱となっています。
非常に営業が厳しい会社としても有名ですが、だからこそこの高収益経営、かつ高額の年収を実現しているのだと思います。

新卒年収が破格の“600万円!?”

一方で、初任給が抜群に良い会社として知られているのが、大手企業向けにERPパッケージソフト「COMPANY」や人工知能型ERP「HUE」を開発・販売している <4329> ワークスアプリケーションズ です。

同社の新卒初年度給与はなんと約600万円超。月収換算だと、毎月50万円の給与を出しています。平均的な初任給の2倍を上回っていると言えば、その優遇ぶりを理解してもらえるのではないでしょうか。

同社はGPTW(Great Place to Work Institute)が実施している「働きがいのある会社」ランキングでも「ベストカンパニー賞」を何度も受賞しており、社内制度や職場環境の改善にも意欲的に取り組んでいます。
職種はコンサルタント営業や開発エンジニアが主体となっており、やはり専門性が高いし本人のやる気、頑張りが不可欠の仕事です。

生涯賃金をとるか、初任給をとるか

大学新卒社員の全業界の平均年収は、250万円〜300万円程度と言われています。月収換算だと25万円程度。

就職する立場からすれば、初任給が高いにこしたことはありませんが、それだけに目を奪われるのは考えものです。留意したいのは、生涯賃金です。

特に、結婚や出産、子どもの教育など、何かと生活にお金がかかる30代以降は要注意です。
20代の年収がいくらよくても、30代の年収が平均を下回ってしまったら、生活が苦しくなるのは目に見えており、加えて経済の不透明な現代では、老後の余裕は多すぎるに越したことはありません。
安心した人生を送りたいなら、初任給より生涯賃金に注目したほうが賢明とも言えるでしょう。

まとめ

新卒の平均年収は250〜300万円程度が一般的となっている現代社会。
私はそんな旧態依然を壊したいと考えてます。
もちろん、前節のように生涯賃金が良ければいいという考え方もありますが、転職活動では経験をもとに給与で自身の価値を見つめ直す機会があるのに、就職活動では全く差がつかないのは如何なものでしょうか。
学生時代に得られた経験は十人十色であり、それがビジネスに生きることは様々な局面で存在します。
新卒を採用する企業側も即戦力人材をしっかりと見極め、学生側は自身の力を自信を持って話す。
こんな実力社会の構図を私は近い将来、実現したいと考えています。


Twitter アカウント
@Three _Card2020
https://twitter.com/No1_Career

Instagram アカウント
一流のビジネスマンシリーズ
https://instagram.com/drebob2020/

フォローしてくれると嬉しいです!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
シェアしていただけると嬉しいです!
3
ハイキャリアを望む学生に向けたハイクラスな就活記事を公開していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。