忍者、事務職はじめました Vol.4
見出し画像

忍者、事務職はじめました Vol.4

インザスカイ・ワカサ@独暇流忍者

運命の瞬間がやってきました。

私としては、図書館の本で見た面接の成功例の1つですら達成していないとしても、何か期待を抱いていました。

社員の皆さんの声も、その気持ちを後押ししてくれたような気がします。

「えーと、どうやって伝えたらいいのかわかりませんが、結果的には不採用です」

「はい、ありがと・・・!?えっ!!!」

「申し訳ありません、今の我が社の利益では、とてもお給料を払える状態ではないのです」

「は、はぁ、そうですか」

「私がもう少し頑張っていれば、お給料の50万円をお支払いすることができたとは思うのですが、20万円しか余裕がないのです」

「え?20万円も余裕があるのですか?」

「え?あ、はい、たったの20万円しか余裕がなくて」

「あ、えーと、もし20万円でも私が大丈夫ですと言えば、入社は可能ですか?」

「え?だって、20万円ですよ?生活できますか?」

「あ、はい、10万円あれば、生活できます。というか、今すでにそういう生活です」

「あ、そうなんですか。20万円でも大丈夫なのであれば、明日からでも来てほしいです」

「え、あ、ありがとうございます!こちらこそ、明日からよろしくお願いします!」

何とこの社長さん、現場職員の皆さんに50万円もの給料を払うことが当たり前だという考えの持ち主でした。

社員としては、確かにそれだけもらえれば嬉しいでしょう。

でも私は、別に20万円もあれば余裕で生活ができるのです。

そこは、忍者として今まで生きてきましたので、いくらでも生きる術を知っているのです。

「皆さん、明日からこちらで働くことになりました。よろしくお願いします」

「おお!やった!一緒に仕事できるんだ!」

「明日からめっちゃ楽しくなりそう」

物凄い歓迎です。

非常に感激です。

準備は万全です。

「皆さん、明日から、事務職員として来ていただくことになりました、名前は・・・」

「・・・」

「あれ?そういえば、お名前は何と言いましたか?」

「いえ、ナンではありません」

「いえ、そうではなくて、私、あなたのお名前を伺っていましたか?」

「あ、そういえば、私、名乗っていないと思います」

ここでも、圧倒的なインパクトを残したことは、言うまでもありません。

というか、この社長さんに会わなければ、私は一般社会で社会人として生活できたのかどうか、怪しいところです。

「ちょっと、社長!名前も知らない人を採用したんですか?」

「あの人も凄いけど、うちの社長もやっぱりすげーな」

「ウケるわ、うちのカンパニー」

この私ですら、こんな会社でもやっていけるのが凄いと思いました。

それほど、この社長さんはどこか抜けているというか、変というか。

「あ、名前は、苗字がハヤクジで、名前がカゲオです」

「ハヤクジさんと仰るのですね、ではハヤクジさん、明日からよろしくお願いします」

「はい、よろしくお願いします!精一杯頑張ります」

亡き父であるハヤクジカゲノブが、影(カゲ)で活躍する雄(オス)であれとの願いを込めてつけたと、母から聞きました。

ちなみに母の名前はシノブコです。

ハヤクジ家では代々、子には必ず「カゲ」の文字を与えよと言い伝えられています。

余談ですが、私が父となった暁には、息子なら「イチカゲ」とし、娘なら「コカゲ」とすでに決めています。

その前にまずは、生活の基盤を安定させ、私にとってのくノ一を探すところからです。

スーツとは、社会人にとっての主たる戦闘服のようなもの。

そんな気持ちを抱きつつ私は、明日からしっかり働くために、ベランダの柵の上に片足で立ちながら、アイロンがけをしたのでした。

独暇の里では、修行の一環として行っていたことですが、エクストリームアイロニングというスポーツだと、後から知りました。

この続きをみるには

この続き: 0文字

忍者、事務職はじめました Vol.4

インザスカイ・ワカサ@独暇流忍者

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
インザスカイ・ワカサ@独暇流忍者
独暇流(どっかりゅう)忍術の創始者。忍びの者とは、刃の下においてでも揺るがぬ心を持ち、覚悟を持って耐え忍ぶ者のこと。仕事に活かせる忍術、馬券回収率を向上させる忍術、タロット占いや手相鑑定と融合させた忍術を発信しています。知ってるでしょう?(・∀・)ノシ--==(((卍