見出し画像

入社して半年が経った新卒メンバーへ/Day-201

日記投稿・・・201日目

株式会社グッド・クルーで、企業の価値を創造する役割を担って仕事をしています

毎日、ボヤキみたいにnoteを書いてます。


20新卒向けの集合研修でした。

次回の研修は2021年3月ということで、かなり力を込めてメッセージを伝えました。

事前アンケートやメンターからの話を参考に、「これは伝えた方が良いだろうな」と思うことは事前にまとめ、あとは当日のコンテンツやメンバーからの発信を参考に、その場で作ろうと決めていました。

事前情報として、20新卒の世代から、内定者時代を含めて「1on1」を軸にした育成を導入しています。

とにかく「個」に伴走するということを掲げ、メンターがメンティの育成に責任を持つという体制を構築しました。

やっていく中で課題は出てきているものの、メンターの育成に対する覚悟が醸成されてきていることや、メンティの細かい変化なども捉えることができ(メンターからのヒアリング結果)、次年度へも活かせる内容になってきていると感じます。


このnoteでは、この研修の中でメンバーに伝えた内容を書いていきます。

この研修には、メンティだけでなくメンターも参加していたので、両者に対して大切なことを伝えました。


まず、絶対に伝えようと思ったのが、僕自身の1on1に対する想いです。

並々ならぬ想いがあると自負しているので、それを伝えました。

「ただの面談じゃない!」「ただ話すだけの時間では意味がない!」「成長に伴走しなければ意味がない!」と、思いを込めて伝えました。

画像2

グッド・クルーの1on1の文化、、、そもそもの始まりが僕の一声でした。

最初は自分の事業部だけでの導入で、所属メンバーと徹底的に1on1をやってきました。

「どんな意味があるんですか?」という声をもらいながら、とにかくメンバー個人と向き合ってきました。

「個」の成長に向き合うなら、1on1しかないと確信していました。

とにかく、想い入れがあるということを伝えました。

そして、自問自答してくださいと・・・

「信頼」と「尊敬」を前提にした関わりを持ちながら、両者で共に進んでいるかどうか。

画像3

2019年11月22日の研修(20新卒のメンバーが内定者だった頃)でも伝えていたんですが、1on1についておさらいをしました。

いつもお世話になっているRELATIONSさんのダウンロード資料を教科書として。

「認識してほしいこと」をまとめて伝えました。

画像4

これらって、とても大切なことなんですよね。

1on1を運用していく中で、メンターもメンティも忘れてはならないルールと言っても過言ではないわけです。

ただ、これらのルールが形骸化されており、1on1の時間が最大化されていないということに気づきました。

20新卒をメンティとすると、20新卒のメンターたち数名に対して1on1を実施している僕にとっては、「俺がこれを徹底的に伝えられなかったからだ」と自覚したんですよね、研修で伝えることを考えていた時に。

だからこそ、自戒の念を込めて、みんなにもこのようなことを伝えました。

画像5

完璧なメンターなんていません。

みんな、成長過程です。

そんな中で、メンターとメンティの両者が持つべき姿勢は、「誠実・謙虚・感謝」とリンクすることを伝えました。

個別相談窓口も設置。

人と人との関わりなので、当然「合う・合わない」もありますから。

画像6

ここからは、研修中に感じたことを伝えていきます。

1日が始まる時に、アイスブレイクとしてみんなから言ってもらった意気込み(今日1日に対する)をメモしてました。

画像7

こちらもそう。

画像8

ピックアップすると、マイナスなこともあればプラスなこともありました。

研修を活かすも活かさないもの自分次第。

研修の背景は腹落ちしてますか?

自分事として理解してますか?

画像9

そして、本日のゴールは腹落ちしてますか?

自分事として理解してますか?

画像10

みんな自身が、自分で自分の人生をコントロール出来るようになってほしいから、強烈に伝えたいことを伝えました。

画像11

とても大切な言葉たちです。

画像12


伝えて終わりではなく、本人達の成長や事業への貢献、社会貢献に繋がっていくように関わりを続けていきます。

以下、研修中に書いたメモです。

20新卒の集合研修
1on1が軸になってるオンボーディングだから、メンターとメンティが参加していた。
みんなの様子を見てて、自分の「人材開発」に対する気持ちが変わってるなって感じた。
なんか、熱くなってる。
これまでは「やってる感」だったかもしれない。
だけど、今は違う。
みんなの人生が豊かになるように、本気で伴走しなければならないと感じる。
なんだろうな、熱くなってる自分がいるんだよな。
だから、みんなにも熱くなってほしいな。
メンターも覚悟を持たないといけない。
会社も覚悟を持っていかないといけない。
痛感した。
言ってることとやってることを合わせにいくことをしないといけない。
成長を信じて向き合っていく。
だからこそ、相手を理解しないといけない。
そこに気づいてくれたメンターがいたというのは、最高なこと。

 

また明日!


⬇︎こんな人が書いてます⬇︎

画像1

詳細プロフィールはこちら

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

野村 尚史
Naoshi Nomura

・株式会社グッド・クルー/企業価値創造部
(n-nomura@good-crew.co.jp)
・国家資格 キャリアコンサルタント
・米国CCE,Inc.認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントファシリテーター™️

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ハーモスラボ主催/運営チーム(株式会社ビズリーチ/HRMOS採用との人事コミュニティ)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Facebook
→仕事面やプライベート面など、広く投稿をしています。面識のある方は、是非とも友達申請をお待ちしております!
Twitter
→インプットしたものや自身の考えを自由気ままに投稿しています。お気軽にフォローやメッセージを頂けると嬉しいです!
Eight
→名刺管理で使っています。オンライン名刺交換も大歓迎です!初めましての方はメッセージをいただけると幸いです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
野村尚史|キャリコン|アンガーマネジメント|一児のパパ
ものづくりの仕事(建築構造設計)からひとづくりの仕事(HR領域)へキャリアチェンジ。環境が同じでも『イキイキ働いている人』と『どんより働いている人』がいるのはなぜ?という問いを立てて深掘りしていたら、企業内教育にとどまらず学校教育や家庭教育にも興味を持つ。心の変化は人生を変える。