見出し画像

おすすめレトロ純喫茶3選・決定版

…を作成しようという試みです。

前置きが長いので、お店の情報だけ見たい方は目次からどうぞ。

バズらせるのは難しい、いわんや集客をや(前置き)


もう1月終わりますね。2021年、皆様いかがお過ごしでしょうか。

年明けすぐに2度目の緊急事態宣言が1都3県に発令され、1/14からはさらに対象地域が拡大。1度目の時とは桁違いの新規感染者数を連日ニュースで目にし…

「2021年は…2020年の続きか…」

と、どんよりした気持ちで過ごしていました私は。

でも、昨日ついにNintendo Switchを手に入れて、逆に「おうち時間」しか過ごしたくない感じになりました。元気です。やったー!はい。本題に参りましょう。


まずは2020年末、私の心を動かしたこちらのツイートをご覧ください。

珈琲 王城」は、「純喫茶発祥の地」である東京・上野の老舗店です。投稿文で触れている「あのバズり」とはこれのことです。

コロナ禍での外出自粛や、緊急事態宣言に伴う休業や営業時間の短縮、売上の大幅な減少などによって、人気の飲食店が廃業に追い込まれたというニュースはSNS上でもインパクトが大きく、惜しむ声とともに拡散されてきました。

しかし、こうした厳しい状況下においても「バズる」=「集客」の方程式は成り立つ場合があるのだと、初めて身近に感じ、自分ごと化できたのがこのツイートでした。

なぜなら私、純喫茶が大好きだから。「王城」さんも大好きで、パフェも良いですけどクリームソーダが、私史上最も理想的なフォルムのお店です。

画像1

「王城」さん、バズって良かったなぁ…と同時に強く思ったのが

私の思い出の、あのお店や、あのお店は…大丈夫なんだろうか…?

でした。

老舗の純喫茶は、SNSアカウントを持っていないことが多いです。「王城」さんも、Twitterアカウントの開設は2020年5月、1度目の緊急事態宣言の最中でした。

だからといって、「SNSアカウント作りませんか」という新規営業の電話をかけまくろう!と言いたいわけではなく…

自分の好きな店、いつまでも残っていてほしい店のことは、思い出にとどめておかず、どんどん発信したほうが良いな!と改めて思ったのです。

普通のことしか言えずすみません。


選定の基準


というわけで、厳選に厳選を重ねた3店について書いてみたいと思います。

ご参考までに選んだ基準、というか私が純喫茶にグッとくるポイントは大きく以下の3つです。

①創業当時の雰囲気が残っていることで味わえるタイムトリップ感

②過剰なまでに豪華な装飾による異世界感 

③店主さんの温かい人柄や、こだわり

純喫茶にハマってから今まで訪れたお店をすべてカウントしてみました。(この作業かなり楽しかった)「厳選」は訪れる前から始まっています。ネットで検索、Instagramのスポットに店名入れて検索、いろいろを経てから訪れるので基本的に超当たりしか引いてません。(これも発信してくれる人がいるから叶うこと)計63店、そのうちの3店です。無理です。

画像2

私は東京都在住で、東京のお店にはできる限り行くぞということで、地方のお店に限定しました。このためだけに移動する価値のあるお店ばかりです。お近くの方は今すぐにぜひ、という感じです。

(純喫茶のために今1番行きたいのが大阪なんですが、行けてないなあ…まだまだです。)


その1・熱海(静岡県)「田園」



熱海から1店選ぶというのがまず厳しいですよね。良い純喫茶の宝庫です。ポイント②の「過剰なまでに豪華な装飾による異世界感」でいうと抜群なのはパインツリーなのですが…あまりにも有名なので…。

あれは7月の暑い日、熱海のビーチで、缶ビール飲みながら歩くヤツをして最高だったんですが、暑すぎて気持ち悪くなり、フラフラ立ち寄った「田園」で、やさしいお母さんが出してくれたレモンスカッシュを飲んでなんとか生き延びることができました。ジ・オエイシス…

画像3

出典:食べログ やま(*´ω`*)さんの写真

昭和34年創業。1番の特徴は、お店の中にコイが泳いでいるでっかい水槽があること!涼しげ~。

画像4

出典:食べログ SUZY(メンカタ)さんの写真

そして店内中央には、謎の白くてでっかいオブジェがあります。

画像5

出典:食べログ  胃ちゃんさんの写真

私は「めしべ」だろうと思っているこのオブジェは、熱海の名所「貫一お宮の像」の作者である彫刻家、館野弘青の作品だそうです。オシャレして一緒に写真を撮って、バヤしてみるのはいかがでしょうか。


その2・金沢(石川県) 「ローレンス」



金沢21世紀美術館から歩いていけるところにあります。金沢観光の際にはぜひお立ち寄りいただきたいのですが… 営業時間が極端に短く、お休みも不定期。「幻の純喫茶」とも言われているようです。ぜひ事前に店舗への確認を。

コロナのコの字もなかった頃に訪れたときは、16時~19時営業で、理由は「スーパーのタイムセールが19時からだから」とのことでした(笑)

ローレンス1

出典:食べログ eateatripさんの写真

とにかく圧倒されるのが、店内中に敷き詰められたドライフラワー、観葉植物や、絵画による装飾。すべて、店主である美大出身のマダムが1からこだわって制作したもの。う~ん、こういうときのために写真はしっかり撮っておけばよかった。秘密基地感が半端じゃないんです。

マダムは超サービス精神旺盛。ドリンクを注文すると、表面張力ギリギリを攻めた量が出てきます(笑)おまけのお菓子つき。

お話が大好きなマダムの、知的でエネルギッシュなマシンガントークにパワーをもらえること間違いなしです!私は帰り際、一緒に記念撮影をお願いしてしまいました。


その3・小樽(北海道)「光」



光1

良いフォントですね。

「光」は、残念ながら店内撮影禁止なので外観のみ。

光2

小樽駅前の、いかにもな商店街に突如現れる異質な佇まい。ドア開いてるけど中が真っ暗…

おそるおそる入店すると…

長い年月と、重たい愛を感じる空間が広がっていて混乱します(おびただしい数の美術品コレクション)。コーヒーをオーダーすると「光カステラ」がついてきます。

詳しくは説明しませんが、もしここでお茶をする機会があったらぜひお手洗いを借りてみて下さい。きっと、驚くはずです…


紹介は以上になります。

観光地の喫茶店ばかりでした。遠方の方も、今すぐ行くのは無理でも頭の片すみに置いて、老舗純喫茶での特別な時間をぜひご旅行の日程に組み込んでみてください。ひとり旅にも◎。おすすめです。

(サムネイル画像は東京・新橋にある「喫茶 フジ」。富士山を拝める喫茶店です!)

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しい!ありがとうございます!
20