世の中結局、パワーや! 『闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説』感想
見出し画像

世の中結局、パワーや! 『闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説』感想


力だ!力が欲しい!!

誰もがそう思うことだろう。

どんなに頭が良かろうが、勉強ができようが、スポーツができようが、社会的地位が高かろうが、圧倒的な暴力の前には無力である。

純粋なパワーの前に小細工は無駄だ。全てが飲み込まれていく。

そして、それを多くの人が理解しているからこそ、格闘技やプロレスなどの対人競技が賑わいを見せているのだろう……

そんな圧倒的なパワーの象徴である闇金ウシジマくんのキャラ、肉蝮を主人公とした外伝、『やわらかスピリッツ』で連載中の原作:真鍋昌平先生、作画:速戸ゆう先生による『闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説』紹介していくぅ!


あらすじ


刑期満了で出所することになった極悪人・肉蝮は、出所するなり虫本組のヤクザ連中を返り討ちにしてしまう。その後、拾った車に偶然いた青年・有麻洋に自分を新宿へ連れて行くよう命令する。彼の目的は、自身に傷を負わせ刑務所に入るきっかけを作ったヤクザ・毘婆への復讐だった。(By Wiki)


キャラクター


肉蝮(にくまむし)
本作の主人公。残忍で暴力的な凶悪犯罪者。金髪。年中、フライトジャケットを着ている。自己中心的で誰に対しても臆することなく振る舞う。体がでかい上に頑丈で、タイマンでは誰も彼を止められない。そのため相手は武器を使ったり、自動車で轢き殺そうとする。グラ〇フの世界かよ………しかし、肉蝮自身はそれに意を介さず、標識を武器として戦ったり、轢かれても車両にしがみついたりして応戦している。1人だけ漫画の世界観が違いすぎる!!嘘や建前が嫌いで、匂いでそれを判別する。基本的に、ヤクザやチンピラからのカツアゲで生計を立てている。「災害」のような男。


有麻洋(ありま ひろし)
本作における肉蝮被害者の会第1号。片思いしていた女性に告白するも振られ、その腹いせに風俗に行き本番行為を行おうとしたところヤクザに捕まりパシリになる。自業自得。その後、肉蝮に捕まり、今度は肉蝮のパシリに。ここまでくると可哀そう。


毘婆(びば)
肉蝮を倒した唯一の男。インテリヤクザでありながら喧嘩も強い。支配欲が強く拷問が好き。肉蝮を倒して以降、執拗に付け狙われるようになる。


感想


闇金ウシジマくんは魅力的なキャラクターが多い!!ウシジマはもちろん、柄崎、高田、滑皮秀信、戌亥、などなど………

その中でめちゃくちゃ気になるキャラが肉蝮だろう!!

夏なのにファーのコートを着こなし、強靭な肉体をその中に隠しつつ、脱げば鬼の入れ墨があるという風貌。ヤクザからも恐れられる暴力性。徹底的に拷問を加え、一切容赦しない姿勢。

ウシジマに「タイマンでは最強」と言わしめるほどである!

そんな肉蝮が主人公だったら、怖い者見たさで読みたくなるでしょう!!

このマンガは肉蝮の圧倒的なパワーを堪能することができる!

むかつく奴は容赦なく殴り、アクロバティックに敵をなぎ倒していく姿は爽快でもある。物理法則を無視したアクションシーンはこれ何の漫画なの!?と思わざるを得ない。

刃牙とか、ドラゴンボールの世界の住人が現実世界にやってきましたというような展開が目まぐるしく繰り広げられる!

もはや肉蝮は単なるアウトローではないのだ。人に突如として降りかかる災害として存在してしまっている。

圧倒的なパワーによる理不尽な暴力。不条理。

この作品は肉蝮のその性格を存分に味わうことができるぞ!!

そして、最初は肉蝮に対して、やべぇ奴だ……関わりたくない……でも見たい……という感情しか湧かないのだが、物語が進むにつれて、何だかダークヒーローに見えてくる!

肉蝮伝説のキャラクターは勿論、ほとんどが悪い奴ばかりである。ヤクザだったり、チンピラ、サイコキラー、人殺しもいとわないカルト宗教家などなど……

そういう奴らに被害を受けた人たちが、肉蝮にすがり、カネを貰うことを条件に引き受けるという構造に物語の中盤からなってくる。

ヤバい奴らを成敗するヤバい奴という構図で展開される物語はハラハラドキドキ!肉蝮にボコボコにされねぇかな……と思っていたら、しっかり殴られ爽快感MAX!さながらワンパンマン!!!

徐々に肉蝮の方を応援したくなるという新鮮さを味わえるのは外伝ならでは!肉蝮ファン必見の作品となっている!!


おわりに


結局、世の中パワーでごり押しすりゃいい、ぶん殴りゃあ万事解決!!

というのも全身で体現したかのような凄まじいキャラクター肉蝮。

本編で肉蝮気になるなぁ……と思っていたそこの君、読んで損はない作品になっているぞ!!

しかし、自分は暴力とか好きじゃないはずなのにどこか惹かれる部分があるんだよなぁ。闇金ウシジマくん本編のヤクザの抗争とかも割と楽しく読めてしまったくちである。

自分の中にヤンキーへの恐れと憧れの部分が混在して、反発しあっているような気がする。この辺は今度ゆっくり書いていきたいと思う……

ともかくオススメのマンガですので是非読んでみてください!!



この記事が参加している募集

マンガ感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thank you !
おはよう!こんにちは!こんばんは! 現役大学生のKAIです! 漫画、アニメ、本の感想を中心に上げていきたいと思います。 よろしくお願いします。