全自動コーヒーマシン

自宅兼事務所では、飲み物の消費が激しい。夏場はパックのアイスコーヒーを買っていた。冬になり、ドリップのパックで入れていたが、カップにセットして湯を注ぎ、そして捨てるのが面倒になってきた。前から持ってたカプセル型のマシンでは、思い通りの量にならずコストも高い。

そこで、えいっと買ったのがデロンギのマシンだ。10万円以上するが、この類は経費処理できないのが個人事業主の哀しさ。

豆を挽くところから全自動で、すごく便利だ。欠点を挙げるとすれば、洗浄に思いのほか水を使うので、ミネラルウォーターを入れるとすごくもったいない気持ちになる。

もっとも、紙や包装を削減できるのはいいことだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!