「苦しめるもの」

あなたはその肩書で
自分のつけた肩書で

息苦しくなっていないか

肩書はそれ一発で
相手にイメージさせる

便利である半面
自己を縛るものに
なるかもしれない

己の創った枠に縛られず
自由に創作しないと
しんどい面もあると思う

時々見直してみては如何?
画像1

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご訪問、お読み頂きありがとうございます。 すき(ハートマーク)を押して頂いたり、コメントやSNS等にシェア、サポート頂けると励みになります。サポート、応援頂いた分は必ず、活動する中でみなさんにお返しして行くことが出来ると思います。今後もお付き合いを宜しくお願い致します。

四位も凄いけど、表彰台逃したのは辛い
4
ランニングクリエイター/KRC代表 ☆ヘビーリーダー ☆生涯スポーツ/地域クラブ ☆安全安心で健康的な持続可能性の高い取り組み ☆リスクマネジメント ☆キャリア/囲碁/note ☆楽しさ面白さを提案 ☆元日本代表・箱根駅伝ランナー ☆指導実績:大学監督等/全世代のランナー
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録