見出し画像

小学生YouTuberへ、君はもう成功している。


なんか、初めてnoteで真面目なことを書くような気がしますが。

何だか10歳の小学生YouTuberが物議を醸しているようで。少し気になったので話してみようかなと。

失礼ながらそこまで調べていないので、情報として間違っている部分があるかもしれませんが、ご愛嬌でよろしくお願いします。


茨のYouTuber道。どう生きるか

「YouTuberになる」と言ったらまだまだ笑われてしまうようなそういった職業ですが。芸人然り、プロ選手然り。夢物語だと言われてしまう職業のひとつであるYouTuber。

別に悪いことではないと思います。というかYouTuberを否定していたらブロガーなんてやってられないですからね。

確率的に言えばブログよりもYouTubeの方が成功しますし。統計はないですが。

その中で今回の話に出てくるのは『10歳の沖縄小学生』。YouTuberを夢見る小学生。いいじゃないですか。


まぁ問題はそこではないでしょうが。

実際に「小学生がYouTuberを目指してるとか人生舐めてんのか?」っていうことが今回の問題ではないんでしょうけれど。

学校に通う子を「ロボット」と表現しただとか、不登校は不幸じゃないとか。少し調べたくらいではこれくらいかなと。

要は「皆と同じようにロボットみたいに言われたことをこなすだけの人生を過ごすのか?」という、所謂『情弱搾取系インフルエンサー』と同じことを言ってるわけですね。

それに感化されて動き出すのか、無視するのかは受け取り手が決めることです。別に気に食わなければほっとけば良いんですけれど、どうしても荒れてしまうのがネットですね。、

情弱搾取系インフルエンサーは信者が付きやすいタイプですが、アンチも付きやすいタイプだと思っていて。

「自由な世界を作る」は「今の世界は自由でない」と発言するのも同義で、今回の子がやろうとしていることは革命と同じなんですよね。

この子が革命を成功させるかどうかは、これからの活動、流れ、時代によって左右します。それこそ「令和」ですから。
「令和」は自由を求める戦争の時代かもしれませんね。



君はもう成功している。

話は少しズレますが。YouTuberとして成功するかどうかは分かりません。

pontaさんという方が「0.0001%くらいは成功する」とツイートされましたが、0.0001%くらいならまだ高い方だと思います。

だって、今日これだけ色んなインフルエンサーや、ニュースで取り上げられたわけですから。

現在の8~14歳の人口が643万人(2019年4月1日)なので、単純に643万人分の1で考えると0.0001%よりも低い確率を引き当てたことになります。

そう考えるともう既に『成功』してるんです。暴論ですけれど(笑)

有名になるには話題にならなければ話になりません。無名の人が動画で100万再生を叩き出しても、ブログで100万PVを叩き出しても今回のような騒動にはならない。

話題になっちゃえば、活動次第で大きく飛躍できる。あとは彼がどれだけ頑張れるか、というところだと思います。


別に彼なんてどうでもいい

ここまで書いといて何ですが。正直どうでもいいですね。

現代の日本に疑問を持っているのも、変えようとする動きがあるのも、反対派の意見があるのも。

それぞれがそれぞれの信じる道を、自由に進めば良いんだと思います。この恵まれた日本に生まれたというアドバンテージを受けて。

良くも悪くも平和ボケしてるってことですかね。嬉しいことなのか喜ばしくないことなのかはさておき。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
にわブロ「 https://niwadan.com 」。サブ垢みたいな感じで更新していけたらと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。