ダウンロード

自作PCの話をしたかった

半年以上前に初めてやってからというもの、すっかりハマっています。

自作PCをダラダラ語りたかった

自作PCをやるようになったのですが、パーツ選定のこととか組んでるときのことを話したいんだけど、ダラダラ長文を垂れる場所がない。
普段やってるツイッターじゃ短いし、いちいちブログを開設するのもめんどくさい……どうせすぐ飽きるし、思いついたときにさっと書ける場所がほしい。
というわけで、note始めます。

自作初号機

初めて自作をしたのは去年の7月。昔から使っていたPCが性能的にイマイチになってきて、一度やってみたかった自作に手を出すことに。鳴り物入りで市場に投入された新型Ryzenシリーズに惹かれていざ自作。
ちなみに以前使っていたのはHaswell世代のi5マシンに1050ti(750tiから換装)、メモリ16GB(もとは8GB)でした。

メインマシンなのでやりたいこと全盛りのスペックを目指した。
主にVRと最新ゲームを最高画質で144fpsする用。
後は絶対に光らせないという強い意志のもと組みました。
結果的にこのスペックではすごく無難な構成に。

構成

ダウンロード

CPU: AMD Ryzen 7 3700X BOX
これがメイン。これが出たから組んだところは大きい。色んな所で「9900Kに匹敵、トータルパフォーマンスでは上」なんて言われており買うときはめっちゃテンション上がってました。
MB: ASUS PRIME X470-PRO
PCパーツメーカーは割とASUSが好き。このマザボは結構優秀でした。買ったときは手堅い構成のX470マザーでしかも安いという状態。CPUとセットで店で買いました。実質1万少し程度だった。デフォルトでは虹色に光るが設定で消せる。
MEM: Corsair CMK32GX4M2B3200C16 16GB*2
コルセアのVengeance LPXシリーズ、3200のCL16を32GB。Ryzen3000は定格で3200MHzまでサポートするのでその上限いっぱいのものを。ver4はHynix C-dieだから避けたほうが無難という話を信じて店頭でver3を購入。マイクロンのチップでした。実際は灰Cでも問題ないらしい。
Cooler: 虎徹 MarkII SCKTT-2000
自作詳しくなくても聞いたことがある「迷ったら虎徹」を信じて購入。買ったときは3000円ちょいだった。
GPU: GeForce RTX 2070 SUPER VENTUS OC
RTX2070s!これでVRも144fpsもへっちゃらだぜ!ちょうどいいタイミングで新型RTXが発売。性能が実質2080という話を聞き飛びつく。2080tiは流石に手が出なかった。
SSD: Transcend TS1TMTE220S 1TB m.2
トランセンド製NVMe SSD。トランセンドはメモリチップを作っているわけではないけど実装はまともで保証も大手らしくしっかりしている。影が薄いのか性能の割にお買い得だった。
HDD: 東芝 DT01ACA200 2TB
これは宗教上の理由でWDとSeagateが嫌いなので選択。後から調べたら元HGSTの工場で作ってるらしい。ラッキー。
PSU: 玄人志向 KRPW-PT800W/92+ REV2.0
電源は認証ついててOEMがまともなら特にこだわらず安いやつを選ぶ派です。プラチナ認証の800WでOEMはEnhance。うーん合格。
Case: サイズ 静寂 SCY-DFR5-BK
地味で冷えて安いやつを基準に。付属のファンがサイズのKAZEなのもポイント。見た目はDefineあたりのパクリですかね。マスプロのVapeでよく見るパターンです。トップの静音パネルは外してファン5機構成で冷却重視。
Fan: サイズ KAZE FLEX 120*2
KAZE FLEXの3pinの安い方。このPCに付いてるファンはすべてサイズ製になります。サイズのKAZE FLEXは安くてそこそこなのがいい。軸もFDBだし。

初めての自作

ダウンロード (2)

組んだ中身。このときは組むのに夢中で途中の写真とってなかった……

PCのことはだいたいネットに転がってるのがありがたいですね。調べればだいたい解決する。
サクサク組んで起動テストも成功、いざケースに組み込んでみたら電源が入らない。色々調べたが原因はわからず。

詳しい友人に聞いてみると、

「そういうときは外してもう一回組んだら直る」

まじかよ。
実際にやってみたら本当に直って笑っちゃった。やっぱり機械はスピリチュアルだな……

画像1

裏配線もそこそこきれいじゃない?

使用感

まあ早い。初SSDだったんで余計に早く感じる。起動も早いしもたつかないし。電源入れて20秒でWindows。今までのは一体何だったんだゲームもとりあえずウルトラ選んでもヌルヌルだしVRもやってみたけど問題なし。そのうちカスメで大乱交とかやってみたい。予約してるサイバーパンクもこれで安心だぜ!

こういうときの煽りは欠かさない男。

この構成を20万を切る価格で組めたんだからあのときは時期が良かった。

今が時期おじさん「今は時期がいい」

実際Sandy / Ivyおじさんが続々とZen2おじさんに転生を遂げたらしい。

自作PCを組んでみて

ちょっとしたトラブルもあったけど思ったより簡単にできるもんだなあというのが初自作の感想。ケースが大きめだったのも組みやすかった要因かも。色々こだわってパーツ選ぶのは楽しいし、望んだスペックが出てるとうれしい。すごいぞーかっこいいぞー。
みんなも自作しよう。俺なんてもう次4台目組もうとしてるよ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
こんにちは、ななせやえです。壁に向かって趣味の話をします。

こちらでもピックアップされています

ブックマーク
ブックマーク
  • 3本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。