見出し画像

MRの仕事内容は医薬品の情報提供

どうも、にっしーです。@nishimohuri

本noteは、メインブログの記事を簡略化したものになります。詳しい情報が気になる方は、こちらの記事をご参照ください↓

MRの仕事を1言で言うならば、「医薬品の情報提供をする仕事」です。

そして、営業という側面があるにも関わらず、薬の情報のみを扱い、価格交渉をしないという点がポイントです。

MRの仕事内容

MR=Medical Representativesの略

医薬情報担当者という意味で、2つの側面があります。

・「医薬品の情報提供」という側面と

・「数字を追いかける営業マン」

という2つの側面を兼ね備えています。

1軒1軒個人宅を回って「この薬を置いてください!」という人ではありません。

ドラッグストアに置いてある風邪薬の営業でもありません。

「お医者さんから処方される薬(処方箋医薬品)」を扱います。

MRの具体的な営業内容

情報提供というのは、薬の使い方(1日2回飲む薬ですよ的な)、薬の副作用が出るのかを紹介する、などです。

また、製薬会社の営業マンという側面もあるため、

「先生!(お医者さん)うちの製品(自社製品)使ってくださいよ!」

とお願いをする場合もあります。

医者の方が薬に詳しいと他業種の方は思うかもしれません。

しかし、医者は患者の治療や検査、開業医であれば自分のクリニックの経営業務で多忙です。

そのため、薬の情報はMRに聞いた方が早い、という考えの方もいます。

情報だけ扱うとは?

MRは「医薬情報担当者」に位置されるので、価格交渉や納品の話はしません。

MR業界は、かなり特殊な業界です。

他の業界であれば一人の営業マンが商品の情報を提供すると同時に、値段交渉も行いますよね。

しかし、薬の情報を扱うMRは価格については触れてはいけない決まりがあります。

値段交渉や実際に薬を届ける「医薬品卸」(問屋さん)が別に存在しているからです。

MR認定資格

MR活動を行うためには、「MR認定資格」という資格が必要になります。

車を運転するために必要な免許証のようなものです。

「私は医療の最低限の知識を持っており、倫理観も兼ね備えています。」という証になります。

新卒で製薬会社に入社した場合は、このMR資格を取得するための研修を3~6ヶ月かけて行います。

研修終了後、配属地に配属され現場を回るのですが、MR試験は12月実施、1月合格発表なので、MR試験実施日までは資格なしで現場の営業に行きます。

一方で、中途入社の場合は、現場で営業をしながら勉強することになります。

薬学部出身である必要はない

MRをやっている方は、どちらかというと文系出身の方が多いです。

もちろん、薬学部出身の方は薬の勉強をされているので、多少のアドバンテージはありますが、意外に医師と会話する中で薬の話は少ないです。

(※5分の面会時間だと1分くらい)

しかも、医師も文系出身のMRが多いことは理解していますし、MR資格に合格するレベルの知識があれば、そのうち慣れるというのが僕の印象です。

【自分がMRになってみて】

僕は運良く新卒でMRになることができました。

僕も入社当時、経済学部で文系であったし、受験もまともに受けてこなかったのに大丈夫かな…と思っていました。

でも、そんな状況の僕でさえ、無事にMRになることができ、楽しく仕事ができています。

まとめ

本日はMRという仕事内容を具体的に書いてみました。

・MR=製薬会社の営業マン
・MRは医者に自社医薬品の情報提供をする仕事
・MRは価格交渉はしない
・MRの仕事をする上では「MR認定資格」が必須
・研修内容は会社の規定がある
・試験の難易度は高くない
・薬学部出身じゃなくても、MRになれる!


専門職であるということから、経験していない人からすると

ハードルが凄く高そうに感じますが、やってみるとそうでもないです。

どんな仕事でも、やってみないと分からないし、福利厚生や給料などの待遇はしっかりと整っているので、とてもステキな仕事だと感じています。

僕はMRになって心の底から本当に良かったと思えます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

僕はスキしてくれたあなたが大スキです!
1
▶メーカーMRからコントラクトMRに転身した26歳▶︎現状を変えたい全てのMR向けに「コントラクトMR×副業」という現代的な働き方を発信中▶︎転職活動4社合格▶︎人生は、自分の手で切り開くことを決めました▶︎MR向けの総合サイト運営中→ https://shimohuri.net
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。